最新更新日:2015/03/06
生活編
本ページに間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
・最新更新:2015/03/06・写真:他に明記なき場合筆者
2.  ジャムづくり
1. 草花を飾る 

                            2: ジャムづくり
材料: 季節のくだものを中心にジャム作りをしていました。あの頃はこんなこともできたのかと、
自分を励ます意味もあって、記録しています。
以前はそれぞれの植物に掲載していましたが、そちらを削除してこの頁に集約しました。
梅(ウメ): 2014/07/05

熟した果実:南高梅が半額になったので3kg購入。洗ってヘソを除去
撮影:2014/07/04

左を水で煮て、潰し、タネを除去し砂糖を入れて煮詰める
撮影:2014/07/05

ジャムにしたら瓶3コできた。
「お~す~ぱ~ぃ」!不評でした。
撮影:2014/07/05
夏蜜柑ナツミカン) 2014/07/09
材料:減農薬ナツミカン5Kg(農家支援目的で購入)、キビ砂糖 1Kg
作り方:)外果皮(黄色の部分)をピラーでむく(使うのは中果皮で外果皮は捨てる)、2)鍋に1)と水を入れ煮る、3)柔らかくなったらさます。4)この水を捨てて、もう一度皮を水につけて置く(数時間)、5)皮の水気を絞り、薄く切る、6)果肉の内果皮(袋)を除去してステンレス/ほうろう鍋に入れ、その上に 5)を入れ、キビ砂糖を数回に分けて入れ、弱火で煮る。水分は果肉の水分だけ。煮詰まったら、7)消毒した瓶にいれ、8)冷蔵庫で保存。 
その他:本当はタネをガーゼの袋に入れてタネのペクチン(トロミ)を利用するのだが、代用として寒天粉を少し入れてもよい。筆者はタネを35度の焼酎の中へいれて、化粧水として利用している。これはシミを除去する効果があるとされるが、今のところ加齢の速度が速いせいか、効果は全く見られない。

1)「作り方」の3):、1回煮て、その水をすて、新しい水にひたす

2)「作り方」の5)の皮を刻む前。左の水からだし、水を絞る。

 3)左写真を横断するように刻む。

4)「作り方」の6)
手で袋を除去するので、かなり手間がかかる。撮影::2009/03/06

出来上がりはみかん5kgで、ビンに4コ。冷蔵庫で保存。いつまで続けられるだろう?
別バージョン:皮でオレンジピールを作って展開したケーキ。この時の土台はオートミール、黄粉、ゴマなど 
ヤマモモ :2014/06/25

拾い集めた果実をよく洗って鍋に入れ、水を入れて煮る。

軟らかく煮たら、水を捨てタネを除去、つぶして砂糖を加え煮詰める。
 
ジャム:鍋底に少しできた。ラズベリージャムのような強酸味だった。

冬瓜トウガン :2008/09/06
遠出したときに立ち寄る「道の駅」で購入した冬瓜。あまりの大きさに敬遠して買う人がいないようだ。
敬遠されるのは、大きいだけではなく、処理が難しいことにあった。大き過ぎて、切断、皮剥きが大変なのだ。
  冬瓜のジャムは、これが最初で最後になった。

バッグにも入らない大きさ

幅が45cmぐらいありそう
 
切るのも一仕事

皮をむいて、細かく切る 

煮たら半分ぐらいの量に
 
ジャムは2瓶(8分目)、他は冬瓜煮

                             1: 草花を飾る
花材:刈られてしまう草花、剪定枝、区民農園で育てたものや、手土産、「道の駅」などで購入した草花。
2005年はまだ気持ちに余裕があって、室内写真を撮る余裕もあっらしい(結果的に)。なので、その頃の写真が多い。最近感じるのは、もう少し物を処分して、2005年程度に戻したいと思っている。(2014/12/23記) 
  

サザンカ
撮影:2005/11/15

 露地キク(1):色々な種類の菊
撮影:2014/11/21
 
露地キク(2):区民農園で育てた菊をいただいた。撮影:2014/11/21

シナヒイラギ
都道予定地で入手:

露地キク:都立農芸高校祭で購入。撮影:2013/11/10

カラスウリ+コバンソウ?
ご近所さんからいただいた

ヨウシュヤマゴボウ
撮影:2005/09/17 

  カラスウリ+ヨウシュヤマゴボウの葉。撮影:2005/11/20
 
シランの葉+カラスウリ撮影:2005/11/25

春~夏  

ハッカ:区民農園で育てた。
撮影・2012/07/14

セイバンモロコシ
:撮影・2014/07/23

ヨウシュヤマゴボウ+ヒエ
:撮影・2012/07/14

テツセンとフイリホウチャクソウクソウ。撮影:2005/06/08

薩摩芋から出た茎と葉
撮影: 2005/07/02
 
ミヤコワスレとフイリホウチャクソウクソウ。撮影:2005/06/15

ドクダミ
撮影:2014/06/01

墨入れの中のスミレ:スミレはアリが種を運ぶ街道沿いのアスファルトの隙間にあった。撮影:2005/06/04
 
背負子に時計とヒルガオ
撮影:2005/06/06

シャクヤク:駅前の花屋で購入。レース編みは母の遺品。
撮影: 2005/05/12

露地の花々:「道の駅」で購入。露地の切花は持ちが良い。
撮影:2005/05/23

ヤマモモ:児童館前でお母さんたちがヤマモモを収穫中、枝をいただいた。撮影:2013/06/23 

冬~春  

ツバキ
実家から
撮影: 2006/04/08 

斑入りナルコユリ+ホウチャク
実家から
撮影:2012/04/21
 
斑入りナルコユリ+ホウチャク
:実家から
撮影:2006/04/29
秋~冬    

苔玉:マツ、キク
撮影:2005/12/21

 センリョウ、マツ
実家から。撮影:200801/06
 
ツバキ、レンギョ:あきる野市の市場で購入.撮影: 2005/04/02

ヤブコウジ、センリョウ、マンリョウ
2007年お正月

「お水取り」の椿:作成:菅野温子氏 撮影:2006

クリスマス用:オンシジュウム+センリョウ、実家から。撮影:2014/12/19



Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.