へ 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2020/04/05・写真:他に明記なき場合筆者
  *1杉並区で確認された 【イグサ科: Juncaceae】
1.  はじめに 2. イグサ属(Carex)  3. スズメノヤリ属(Luzula) 
はじめに *1杉並区自然環境調査報告書(7次)、資料1P5に記載されたイグサ科は合計で6種、イグサ属が4種、スズメノヤリ属が2種です。
借用画像  福原達人氏の画像を「福原のページ」から借用させていただきました。著作権は©福原達人氏にあります。スペースの関係でサイズなどを編集させていただきました。
参考図書  *1杉並区自然環境調査報告書(7次)』、2020/3月発行、杉並区環境課:資料P5
*2神奈川県植物誌2018』イグサ科:関口克己、神奈川県立生命の星・地球博物館。
*3『日本の水草』角野康郎、㈱文一総合出版、2014
*4『植物の世界』11-37~39、宮本 太、朝日新聞社
*5 サイト 「YList」: 科名・属名は 「米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info」を使用。
杉並区の確認地  背景色白: 筆者が杉並区で確認しました。 一部は自生種ですが、一部は杉並区内のビオトープに植栽されている種で、その旨記載しました。
背景色水色: *1に記載されている種の内、上記「背景色白」に含まれない種です。筆者はまだ確認できていません。

2. 【イグサ属】Juncus 属名の意味、「結ぶ」に由来
区内に生育するイグサ属の特徴*2-403:
生育型: 多年草。 草丈:小型/中型、: 無毛、:円筒状で直立、葉鞘:一方が開き、膜状の葉耳がある、花序:小型、披針形で花被片: 6枚、雄しべは3/6、雌しべは1、柱頭: 3岐、蒴果:種子は多数。 
表の説明
【1】連番号で、最終が4種、【2】*2の記載頁、【3】種名で「YList」、【4】下部に掲載した「あいうえお順」の番号、【5】参考にした図書の頁、【6】識別点。
【1】
No.
【2】*2
【3種名 【4】あ順 【5】*3・
*4
【6】識別点
1 403
406
クサイ 2 *3:-
*4:-
果期:5-9月、草丈:小型、最下の苞: 葉状,花穂よりも長い、葉耳:半透明の薄膜状に発達して長さ3~6mm、花穂: 花穂は茎に頂生,集散花序につける、花序枝に長短が目立つ、花被片: 披針形で,鋭頭、生育地: 道端、草地など(攪乱の多い場所では草丈は低い)。
 2 404
411
コゴメイ (植栽) 3 *3:165 外来種:重点対策-77
イに似るが本種の茎髄は梯子状で隙間がある。
 3 404
411
1 *3:164
*4:11-37
果期:6-9月、草丈:中型。:円筒状で直立、表面に多数の縦溝がある、花序:*4「集散状で茎の頂端に付くが、下位苞花が直立・偽茎葉になるので、花序は茎に側生して見える」。コゴメイに似るが本種の茎髄は詰まり、灯芯に用いたので別名「灯芯草」、生育地:抽水~湿地生植物。
4 404
412
ホソイ(植栽)
 4 *4:11-38 イに似る:*4「イに近縁のホソイは雄しべが3本であることが異なる」。

【イグサ属】Luzula: 
2. クサイ(草藺)】 J. tenuis 種形容語の意味、「弱々しい」

1)クサイ 杉並区で撮影: 2019/06/20

2)クサイ: 6個の花被片は先が尖った披針形。借用画像:©福岡達人氏

3)クサイ: 花柱3、雄しべ6。借用画像:©福岡達人氏(左写真を拡大編集)
 【コゴメイ(小米藺】 J. polyanthemus: 種形容語の意味、「多くの」 +「」? 

2) コゴメイ(植栽): 中央の薄茶色の茎が「苞」で、その基部右側が集散花序。杉並区井草のビオトープで撮影:2019/06/13 
2) コゴメイ(植栽): 茎髄は梯子状で隙間があるのが特徴。撮影: 左と同日同所。 コゴメイ重点対策外来種-77
環境省の「生態系被害防止外来種」の「重点対策外来種」の77番で、「湿地に生育する在来種のイグサが消失するなど、水辺に生育する在来種と競合し、駆逐するおそれがあること等から、こうした環境に侵入するおそれのある場所には、持ち込まない」。「近年、各地の水湿地で在来イグサが消失し本種に置き換わっている。原因は不明だが、競合(繁殖干渉か。)などの問題が懸念される」。
 【イ(藺)】 J. decipiens : 種形容語の意味、「紛らわしい」  

1) :  杉並区で撮影:撮影: 2019/06/19

2) : 花序は茎に側生して見える。撮影: 杉並区で撮影: 2019/06/20

3): 開花は朝の内とのことで、なかなか開花中の写真を撮るのが難しい。借用画像:©福岡達人氏
ホソイ(細藺)】 J. setchuensis  種形容語の意味、「中国四川省の」
 1)ホソイ(植栽):杉並区西荻のビオトープ(植栽)で撮影:2016/06/11。2019年閉鎖。
 2)
ホソイ(植栽):  杉並区西荻のビオトープ(植栽)で撮影:2016/06/11
 ホソイ

イは雄しべが6本ですが、ホソイは:
*4「イに近縁のホソイは雄しべが3本であることが異なる」。

  3.  【スズメノヤリ属】 Luzula
区内に生育するスズメノヤリ属(Luzula)の特徴*2-403・413:
生育型: 多年草。 草丈:小型、縁に毛花穂(花が稲穂のように、長い花軸に群がってつく花序)は茎に頂生し,いくつかの花からなる頭花をつけ、花被片: 6 枚.雄しべ6、雌しべ1、柱頭3岐、蒴果:種子は3個。種枕=エライオソームという多肉質の付属物を持つ。 
No. *2
種名 あ順 *4頁 *4『植物の世界』11-37~39、宮本 太、朝日新聞社
1  413 スズメノヤリ 1 *4:11-39 花期:4-5月、葉縁:長い白毛が目立つ。花序: 枝分かれせず、茎の頂に小さい花が多数集まって頭状花をつくる。生育地:明るい草地。
2 ヤマスズメノヒエ(移植) 2 *4:11-39 花期:4-5月、「花序枝を持ち、その先端に数個の花を持つ頭状花序となる」。生育地:*4「明るい草地」。

 【スズメノヤリ(雀の槍)】 L. capitata : 種形容語の意味、「頭状形の」

1)スズメノヤリ: 杉並区で撮影:2019/04/08

2)スズメノヤリ: 左の一部拡大。黄色い雄しべが見えるので雄性期。

3) スズメノヤリ: 左1)の一部拡大。葉の縁に長い白毛が目立つ。。

4)スズメノヤリ: 借用画像:©福岡達人氏(画像の一部拡大編集) 4)

5)スズメノヤリ(果実):借用画像:©福岡達人氏

 6)スズメノヤリ(果実):借用画像:©福岡達人氏
  【ヤマスズメノヒエ(山雀の稗)】 L. multiflora: 種形容語の意味、「多数の花の」
 
1)ヤマスズメノヒエ:借用画像:©福岡達人氏 
 
2)ヤマスズメノヒエ:借用画像:©福岡達人氏 
 
3)ヤマスズメノヒエ
:借用画像:©福岡達人氏 (左画像の一部拡大編集)


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.