ここはです。杉並区の自然・地元に残るお宝について学んでいます。
  【秋の季節】 撮影:@鳥川 豊氏。「風致地区」にある善福寺公園「都市の風致」とは、都市において水や緑などの自然的な要素に富んだ土地における良好な自然的景観がある場所です・・・」国土交通省、風致地区制度、閲覧:2019/05/28
Since:平成22(2010)年03月01日 サイト最新更新日:令和2 (2020)年 09/20
400【秋の季節】
1 【善福寺公園の秋】掲載: 2020/09/20
本頁下に15枚の写真を掲載しました。
2 シダの勉強: 掲載: 2020/01/31 
 ウラボシ科のノキシノブに写真を3枚追加しました。
勉強中です。おかしな点などがありましたら、ご連絡をいただきたく宜しくお願いいたします。 
3 田中 肇氏から本の紹介がありました: 掲載: 2020/04/25
2001年に出版され2003年には韓国語版も刊行され、その後絶版となっていた
花と昆虫、不思議なだましあい発見記
が、筑摩書房から「ちくま文庫」に変身して出版されました。 もともと、文庫本として企画された本でしたので、 ページの大きさと挿絵がマッチして、原著よりきれいな配置になりました」。(田中 肇)。 
 
4 本頁は数日で更新することがあります。予めご了解下さいますようお願いいたします。 

  ナラ枯第二弾報告: 撮影: @善福寺公園・2020/09/18 & 19 
 前回報告は常緑樹のスダジイでしたが、今回は、落葉樹のクヌギとコナラです。上池、バス停近くの「クヌギ山」斜面の数本です。上の池の対岸から見ると下3)の枯れ葉が目立ちます。樹の根本には下1)・2)のように木くずとフン(フラス)が見られます。
ナラ枯れとは: 「カシノナガキクイムシ(以下カシナガ)がナラ菌 を伝播することで ナラ類、シイ・カシ類の樹木を枯らす、樹木の 伝染病」。
ナラ枯れ現象:  夏にかけて「カシナガは樹木へ穿孔する。その際、 雄が集合 フェロモンを出し、 集合フェロモンに誘引され多数の成虫が 集中的に穿孔を行う(マスアタック)。そのため、穿孔した穴から排出される 木くずとフン(フラス)が大量に排出されるのが特徴。穿孔した際、ナラ菌 の作用により辺材部の通水機能を失い、急速に葉の色が赤褐色に変わり枯死に至る」
被害木の処分: ナラ枯れの被害を拡大させないため、カシナガの活動が収まる気温低下を待って伐採予定。(情報: 公益財団法人東京都公園協会 公園事業部 技術管理課研究開発係、阿部 好淳 ・ 小松 結、2020?、など)

1)ナラ枯れ1:撮影:2020/09/18

2)ナラ枯れ2:撮影:2020/09/18
 
3)ナラ枯れ3:撮影:2020/09/19 
   少し涼しくなりました: 撮影: @善福寺公園・2020/09/18 & 19

4) キカラスウリの花: 左青字をクリック後、中ほどにあります。

5)  カラスウリの果実

6) カラタチの青い果実

7) クリの果実

8) ヒガンバナの蕾: 彼岸の日が近づくと、急速に花茎を上げます。

9) イチモンジセセリ

10) クヌギ: チョッキリに切られた枝・どんぐり・葉裏にクヌギハケタマフシ

11)  クヌギハケタマフシ:(岐阜教育大学)を参照下さい。

12) キアゲハの幼虫: アシタバの花を食べつくし、茎に移動。

13: オオスカシバの幼虫。食草はクチナシ。 

14: 遅野井川かっぱの会によるイベントが開かれていました。
 
15: 左14)写真の右側のブルーの入物の中を撮影。モツゴなどが見られた。

2017/09/25から新カウンター:
アクセスカウンター
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.