へ > 
 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/07/02・写真:他に明記なき場合筆者
アカメガシワ(トウダイグサ科アカメガシワ属)
トウダイグサ科 Euphorbiaceae。ローマ時代のモーリタニアの王の侍医「Euphorbusno」の名に由来
学名=属名+種形容語 Mallotus japonicus Muell.Arg.
属名の意味 (m) 形態由来: 「長軟毛のある」果実に毛が密生するから 
種形容語の意味  国名由来: 「日本の」 
命名者  Johannes Müller Argoviensis (1828-1896): スイスの植物学者
和名の由来  新芽が赤く、カシワの葉同様、葉に食物をのせて使ったことから。 
分布、生育地  本・四・九、沖縄。国外:朝鮮半島、中国。伐採跡地や崩壊地、林縁。パイオニア樹種 
樹形・冬芽  落葉高木・冬芽:裸芽 
葉  互生。広卵形、縁=全縁/波打つ/浅3裂、両面=星状毛、特に新葉は紅色の星状毛、葉身基部に花外蜜腺が1対
花・受粉 雌雄異株。6月、花弁のない円錐花序を出す。雄花: 多数の雄しべが目立つ。
雌花:顎は2-3裂する。子房には棘状の突起があり、紅色の星状毛におおわれる。花柱は3コ、黄色の乳頭状突起が密生する。受粉: 虫媒(下写真参照)
果実・散布  蒴果(鳥散布):秋に黒く熟す。外皮に油分があり鳥に大人気
昆虫との関係  「カミキリムシの仲間が樹皮に傷をつけ、樹液に昆虫が集まる」と聞くが、確認できず
用途 緑化樹:公園樹。器具材。
その他: 薪炭材、原木をヒラタケ栽培に、樹皮を生薬の材料に。
巧みな戦略  花弁のない虫媒花: 雄花は多数の花糸を密集させ、香りを放っている。雌花は
柱頭下 部が当初紅色で、昆虫を呼ぶとされる。
葉の展開:下葉ほど葉柄が長い。葉の位置をずらして多くの葉が受光できる工夫だ。
新葉の花外蜜腺: アリを蜜で誘い巡回してもらう食害防止の工夫
新葉表面は赤い星状毛密生:食害防止の工夫ではないだろうか?花外蜜腺は
緑の新葉にあるようなので、どうだろうか?
鳥散布の工夫:果実は脂肪分が多く、鳥が好んで食べるとか。
埋土種子の寿命は20年以上とか。好環境まで発芽を待ち、発芽後は早成長。 
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P204、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社
★サイト『ゑれきてる』生原喜久雄:http://elekitel.jp/elekitel/index.htm
・『薬草カラー図鑑』P81、伊沢一男、㈱主婦の友


樹木
林縁や、伐採後の空地にいち早く発芽・生長するパイオニア樹種。どこでも見られるが、様々な戦略を持つ。
新宿御苑で撮影:2012/11/15

葉の展開
下葉ほど葉柄が長い、葉の位置をずらして、全体の葉に光が当たるように工夫されている。
新宿御苑で撮影: 2012/07/19 


広卵形で大きい葉。縁はほぼ全縁で波打っている。葉柄は赤い。

新宿御苑で撮影: 2012/07/19 

赤い新葉の表面は星状毛密生
新葉の表面は赤い星状毛が密生していて、花外蜜腺がない。赤い星状毛が食害防止になっているのか?

撮影: 2011/06/15

新葉の花外蜜腺に集まるアリ
幼木の緑葉の基部には花外蜜腺があり、アリが多数集まる様子が観察できる。

撮影: 2011/06/15

雄花
花弁はないが、多数の花糸が束になり、一つの花を形成+芳香を放っている。雄花に蝶が訪花する秘密はここにあると思われる。
撮影: 2011/06/29

雌花(1):花弁はなく、花柱は3コ。黄色の乳頭状突起が密生する。「柱頭下部が当初紅色で、昆虫を呼ぶ」とのこと。撮影:須永三紀夫氏


雌花(2)

若い果実には学名にある「長軟毛のある」が分かるだろうか。
撮影: 2012/07/18

黒い果実
晩夏に熟すと、黒くなる。油分が多く鳥が好んで食べるとのこと。
撮影: 2012/08/31

冬芽(裸芽)
大型の裸芽。
縄文式土器のように力強い感じの
冬芽。撮影: 安藤 伸良

「太田胃散整腸薬」
アカメガシワの樹皮が他生薬とともに、使われているとのこと。

別名: 五菜葉、飯盛菜
「カシワ」の名を持つ和名は、昔、食べ物を包んだり、盛ったりした名残で、各地に方言となって残った。
撮影: 2012/07/07

 アカメガシワの雄花に集まる昆虫たち

雄花にナガサキアゲハ
雄木に近づくと花の香りがし、チョウやハチ類が訪花していたが、隣の雌花には近ずかなかった。
撮影: 2012/07/01

雄花にヒメトラハナムグリ
たくさんの花粉をだす雄花は魅力的なのだろう。
玉川上水縁で:2013/06/中旬・
高久晴子氏

雄花にコマルハナバチ
「脚に大きな花粉玉をつけている。この時期、この体形からすると、まだ女王蜂だろうか」(高久晴子氏)
写真:左と同日・同場所

雄花にキムネクマバチ
川上水縁で:2013/06/中旬・
高久晴子氏

雄花にキマダラセセリ
杉並区内では希少。
写真:左と同日・同場所
 
雄花にセイヨウミツバチ

写真:左と同日・同場所

 オオバアカメガシワ(別名:オオバベニガシワ)中国原産の落葉低木
トウダイグサ科アミガサギリ属:Alchornea davidii Franch.(1884)

:若葉が上写真のように赤く、目立つので、公園樹として植栽されている。夏以降は緑になるとのこと。写真:右と同日・同場所

雌花
雌雄異株とのことだが、雌花も雄株にまじっていた。
小金井公園で撮影: 2013/04/17

雄花
株立ちで見られるのは、ほとんど雄花。ところが、まばらに雌花がまじっていた。写真:左と同日・同場所

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.