へ > 
 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2017/09/18・写真:他に明記なき場合筆者
アカメガシワ(トウダイグサ科アカメガシワ属)
トウダイグサ科 Euphorbiaceae。ローマ時代のモーリタニアの王の侍医「Euphorbusno」の名に由来
学名 Mallotus japonicus Muell.Arg.
属名の意味 (m) 形態由来: 「長軟毛のある」果実に腺毛が密生するから。北隆館2008『新牧野日本植物図鑑』の巻末:P1301 
種形容語の意味  国名由来: 「日本の」 
命名者  Johannes Müller Argoviensis (1828-1896): スイスの植物学者
和名の由来  新芽が赤く、カシワの葉同様、葉に食物をのせて使ったことから。 
分布、生育地  本・四・九、沖縄。国外:朝鮮半島、中国。 伐採跡地や崩壊地、林縁。パイオニア樹種 
樹形・冬芽  落葉高木・冬芽:裸芽 
葉  互生。広卵形、縁:全縁/波打つ/浅3裂、両面:星状毛、特に新葉は紅色の星状毛、葉身基部に花外蜜腺が1対。
花・受粉 雌雄異株。6月、円錐花序を出す。 雄花: 多数の雄しべが目立つ。 雌花:子房には棘状の突起があり、紅色の星状毛と白い腺点におおわれる。花柱は3-4コで、乳頭状突起が密生する。乳頭状突起ははじめ紅色、成熟すると黄色になる。 雌花は咲いてから、時間経過で変化しているようです。次の季節にできれば手に取って見てみたいと思います。 受粉:雄花は虫媒(★下写真参照)。雌花は不明。
果実・散布  蒴果(鳥散布):秋に黒く熟す。外皮に油分がある。
昆虫との関係  「カミキリムシの仲間が樹皮に傷をつけ、樹液に昆虫が集まる」と聞くが、確認できず
用途 緑化樹:公園樹。器具材。 その他: 薪炭材、原木をヒラタケ栽培に、樹皮を生薬の材料に。
戦略:参考資料:
「自然探訪2011年10月 アカメガシワ」、森林総合研究所
パイオニア(先駆性)樹種:林縁や伐採後の空地に一早く発芽・生長する樹種.。
鳥散布の工夫:果実は脂肪分が多く、鳥が好んで食べる。
埋土種子の寿命が長い。好環境まで発芽を待ち、発芽後は早成長。 
葉の花外蜜戦:★下写真参照: アリが集まり、葉を虫などの食害から守っている。
根萌芽によるクローン繁殖: タンニンなどの防御物質の蓄積が少ないため、幹の寿命は短いが、新しい幹を次々に伸ばすことで長期間生存するための戦略ではないかと考えられている。
赤い新葉の理由
下写真参照 
日本植物生理学会「みんなの広場」No.1653、2008/06/12、からの回答:吉玉 国二郎(熊本大学大学院自然科学研究科) ©日本植物生理学会。
「・・・以下のことは証明されてきています。
(1) 葉が赤いと葉の温度(葉温)は高くなる。
(2) 赤い色素(アントシアン)には抗菌作用や虫の幼虫を寄せつけない作用もある。
(3) 赤い色素は、葉緑体(緑色色素を作り、光合成を行う器官)発達を促進する働き、および発達中の葉緑体を紫外線から守る働きをもつことも知られている」。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P204、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社
・『薬草カラー図鑑』P81、伊沢一男、㈱主婦の友


雌木: 花の最盛期より一週間ほど遅かったようだ。「善公園」で撮影:2017/07/02 (右写真を含)。「善公園」では、雌木・雄木が近くにあるので、雌雄の観察ができます。但し、高木。

雄木:林縁や伐採後などの空地で、いち早く発芽・生長するパイオニア樹種。市街地の明るい隙間などでも、勝手に発芽する嫌われ者だが、様々な戦略を持つ賢者だと思う。

葉の展開
: 下葉ほど葉柄が長い、葉の位置をずらして、全体の葉に光が当たるように工夫されている。新宿御苑で撮影: 2012/07/19  

:広卵形で大きい葉。縁はほぼ全縁で波打っている。葉柄は赤い。新宿御苑で撮影: 2012/07/19 

葉の花外蜜腺に集まるアリ:葉の基部には花外蜜腺があり、アリが多数集まる様子が観察できる。区内で撮影: 2011/06/15

葉とアリ: 葉裏の脈に沿ってアリが集まっている。何かがあるようだ。区内で撮影: 20101/10/07

新葉(1):区内で撮影2013/04/11: 新葉が赤いのはなぜ?:上述の「みんなの広場」No.1653、2008/06/12をご参照下さい。

雄花:花弁はないが、多数の花糸が束になり、一つの花を形成し、芳香を放っている。昆虫が訪花する秘密はここにあるようだ。撮影: 2011/06/29

雌花(1):撮影: 須永三紀夫氏
。雄花にはハチ・チョウの仲間が訪花しているが、なぜか、雌花には来ていない。たまたま?

アカメガシワの雌花」:「福原のページ」、©福原達人氏。編集:画像サイズ変更。

雌花(2):区内で撮影・2010/06/17。

雌花(3):武蔵野公園で撮影・浅野井律子氏・2012/07/07。編集:トリミング。

若い果実(1):「善公園」」で撮影2010/07/14

若い果実(2)
「子房には棘状の突起があり」とは上写真の櫛状の緑色部分のこと? 撮影: 2012/07/18

黒い果実:晩夏に熟すと、黒くなる。油分が多く鳥が食べるとのこと。
撮影: 2012/08/31

冬芽(裸芽):大型の裸芽。縄文式土器のように力強い感じの冬芽。撮影: 安藤 伸良

「太田胃散整腸薬」:アカメガシワの樹皮が他生薬とともに、使われているとのこと。

別名: 五菜葉、飯盛菜: 「カシワ」の名を持つ和名は、昔、食べ物を包んだり、盛ったりした名残で、各地に方言となって残った。撮影: 2012/07/07

 アカメガシワの雄花に集まる昆虫たち

雄花にナガサキアゲハ:雄木に近づくと花の香りがし、チョウやハチ類が訪花していたが、隣の雌花には近ずかなかった。撮影: 2012/07/01

雄花にヒメトラハナムグリ:たくさんの花粉をだす雄花は魅力的なのだろう。玉川上水縁で:2013/06/中旬・高久晴子氏

雄花にコマルハナバチ:「脚に大きな花粉玉をつけている。この時期、この体形からすると、まだ女王蜂だろうか」(高久晴子氏)写真:左と同日・同場所

雄花にキムネクマバチ:川上水縁で:2013/06/中旬・高久晴子氏

雄花にキマダラセセリ:杉並区内では希少。写真:左と同日・同場所
 
雄花にセイヨウミツバチ:写真:左と同日・同場所

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.