へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/05/27・写真:他に明記なき場合筆者
エビガライチゴ(バラ科キイチゴ属)
バラ科 Rosaceae
学名=属名+種形容語 Rubus phoenicolasius Maxim.
属名の意味 (m) 形態由来: L語のruber 「赤」に由来
種形容語の意味  形態由来: ラテン語、phoeniceus 「紫紅色の」から
命名者  ・マクシモヴィッチ: Carl J. Maximowic: ★本サイトの「植物学名命名者」に詳細あり。
和名の由来  顎がエビに似ていることから
分布 北、本、四、九。 国外: 朝鮮半島、中国北部
樹形 つる性落葉低木。茎に赤褐色の長い毛を一面に生やし、その間に棘あり
3出複葉、裏面は白い綿毛が密生し、白く見える
花・受粉 開花時期は6月ごろ。枝先に 全体が円錐形になる円錐花序を出して、白色からごく淡い紅紫色の花を咲かせる。花弁は5枚。萼は花弁より長く、萼の方が目立つ。萼の先は尖っていて、外側には真っ赤な腺毛が密生している。内側は白色。受粉(虫媒)
果実・散布 集合果(動物散布?):果汁を豊富に含んだ核果集まる。赤く熟して、初夏の作業時に皆でつまんで食べた。ほんのり甘かった。
キイチゴ状果

イチゴ状果 
集合果: 花托(花床)が肥大、その上に核果が多数乗っている。一粒づつが果実で、果実の中は果汁に富み、タネはその中で核になっている。★キイチゴ属(下写真参照)。
偽果:花托(花床)が肥大して果肉のようになり、表面に小さな痩果(そうか)を付ける。
オランダイチゴ属、ヘビイチゴ属★(下写真参照)。
用途 食用。棘があるので、垣根。
参考図書  ・『樹に咲く花①』 P167、石井英美、2000、㈱山と渓谷社
・『身近な木の実・植物の種』多田多恵子、2012、㈱実業之日本社、P17



顎はエビに似ているだろうか?
撮影:2010/05/26

 
花弁はあまり開かず、せいぜいこの程度。
撮影:2013/05/14・山田 宏

果実(キイチゴ状果)
果汁を豊富に含んだ果実が多数集まった集合果で、一粒づつにタネが入っている。撮影:2011/07/06


3出複葉で、不規則な鋸歯がある。
撮影: 2012/08/15

葉裏 
裏面は白い毛が密生し、白く見える。撮影: 2012/08/15

 
茎には褐色の細い棘が密生。
撮影: 2012/08/15

   イチゴ(苺)状果花托(花床)が肥大して果肉のようになり、表面に小さな痩果(そうか)を付ける
オランダイチゴ: Fragaria x ananassa Duchesne ex Rozier
ヘビイチゴ: Potentilla hebiichigo、Potentilla hebiichigo Yonek. et H.Ohashi
ヤブヘビイチゴ: Potentilla indica Potentilla indica (Andrews) Th.Wolf

オランダイチゴに代表される。花托(花床)が肥大して果肉のようになり、表面に小さな痩果(そうか)を付ける(上写真では左側)。
撮影:2012/12/28

ヤブヘビイチゴ
顎が大きく「エリマキトカゲ」と説明されている。右のヘビイチゴの顎と比較すると大きさの違いが分かる。
撮影:2013/05/14・山田 宏氏
 
ヘビイチゴ
左のヤブヘビイチゴとの顎の違いが分かるだろうか?ヤブヘビイチゴ・ヘビイチゴともイチゴ状果だ。
撮影:2013/05/14・山田 宏氏
キイチゴ(木苺)状果果汁を豊富に含んだ果実が多数集まった集合果で、一粒づつにタネが入っている
カジイチゴ (Rubus trifidus Thunb.
)、ナワシロイチゴ(Rubus parvifolius L.)、クサイチゴ(Rubus hirsutus Thunb.)

カジイチゴ:東京生れだが、子供の頃よく食べた覚えがある。
区内で撮影:2013/05/27

ナワシロイチゴの果実集合果で、一粒づつにタネが入っている。
区内で撮影:2012/07/11

クサイチゴ果実(キイチゴ状果)
集合果で、一粒づつにタネが入っている。区内で撮影:2011/06/10

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.