へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/01/29・写真:他に明記なき場合筆者
イチイ(イチイ科イチイ属)
イチイ科 Taxaceae。 taxos: ギリシャ語 「イチイ」、「弓」の意味
学名=属名+種形容語 Taxus cuspidata Siebold et Zucc.(1846)
属名の意味 (f) ギリシャ語由来:上述「イチイ科」に同じ。注意:属名語尾は「us」だが女性名詞扱い
種形容語の意味  形態由来; 「先が急に尖る」。
命名者 ・シーボルト : ★本サイト「植物学名命名者に詳細あり。
和名の由来  (別名:アララギ、オンコ)。
この材で笏をつくったことから、位階の「正一位」、「従一位」に由来。
分布、生育地  国内:北~九、国外:アジア北東部
樹形・冬芽  常緑高木。高さ20mで成長は遅い。針葉樹
葉  普通、螺旋状につくが、側枝ではやや2列に並ぶ。先端は尖るが痛くない
花・受粉  雌雄異株、まれに同株。花期は3-5月。受粉:風媒。
種子・散布  ・赤い仮種皮を鳥が食べる姿がNETにある。
注意種子は有毒:★(下写真・コメント参照
用途 緑化樹:庭園木、垣根(耐強剪定、耐乾燥に優れる)。材: 「年輪の幅が狭く緻密で狂いが生じにくく加工しやすい、光沢があって美しいとい」(wiki)。岐阜県飛騨地方の一位一刀彫が有名。古代高官が用いる笏(シャク)。
都道府県の木  イチイは岐阜県。ダイセンキヤラボク鳥取県の県木。
針葉樹(8科 ヒノキ科、スギ科、コウヤマキ科、マツ科、ナンヨウスギ科、マキ科、イヌガヤ科、イチイ科の8科から成る。11-165,167 
区内のイチイ  第5次の『杉並区自然環境調査報告書』 では調査地で2本あることになっている。第6次ではどうなるだろうか?近隣2箇所(私有地、公園)では伐採されてしまった。
参考図書  『樹に咲く花③』 P656、中川重年、2001、㈱山と渓谷社

雌木:「雌花は淡緑色、胚珠は1個。数対の鱗片におおわれる」。
小金井市で撮影: 2014/03/28

雄木:「雄花は淡黄色、9-10個の雄しべが球状に集まる」。
小金井市で撮影: 2014/03/28

葉裏
「気孔帯はめだたない」。
小金井市で撮影: 2014/10/10

イチイの垣根ほとんどが雄木の中、数本の雌木があった。
小金井市で撮影:
2014/10/10

イチイの種子(1):カップ状の赤い仮種皮の中に種子が見える。
撮影:左写真同日・同場所
 
イチイの種子(2):この赤い仮種皮は食べられるが、中のタネは毒なので食べぬこと!撮影:左に同じ
  アガサ・クリステーの推理小説.:『ポケットにライ麦を』とイチイの実 NEW

ポケットにライ麦を』HM文庫
画像:©㈱早川書房
ポケットにライ麦を』: お正月に借りたDVD、アガサ・クリステーのミス・マープルシリーズの一作。
-------------
毒物はタキシン大金持ちの社長が突然倒れた。検視の結果、死因はイチイの実から検出されるタキシンによる毒物と判明。一家の中で、朝食のパンにジャムをぬるのは社長だけ。そのジャムにタキシンが入れられたのだ。
タキシン
(主にイチイ属の植物に含まれるテルペンアルカロイドの混合物:  「心臓毒の一種であり、・・・ 症状が急速に進むため、死ぬ寸前まで気付かないことも稀では無く、検死などで毒物検査を行って初めて異常な量の摂取が発覚することもある」(wiki.)。 (記:2015/01/04)

  キャラボク
学名: Taxus cuspidata Siebold et Zucc. var. nana Hort. ex Rehder (1902)。イチイの var. 「変種」で、
       nana :「小さい」、「低い」。
学名命名者: ・Hort. :不明。 ・Alfred Rehder (1863-1949) 米国アーノルド樹木園の園芸家・分類学者。
和名の由来: 材がキャラ(沈香の中でも良質のもの)に似た香りがよいので。
分布、生育地: 日本海側の亜高山~高山の風衝地。  

庭園木としてのキャラボク
利点は、常緑低木、幹が地面をはう、葉が密につく、強剪定・寒さに強く、丈夫。
新宿御苑で撮影・2012/07/19

葉(1)イチイのように側枝が2列対生しない。先端は尖るが痛くない、葉裏には気孔帯が2本あるが淡い緑色で目立たない
区内で撮影:2013/09/23

葉(2)
「不規則に螺旋状につき密生する」


区内で撮影:2011/06/15

葉裏:気孔帯が2本あるが淡い緑色で目立たない。区内で撮影:2013/09/23

キャラボクの赤く熟した仮種皮(1):
区内で撮影。協力:菅野温子氏
2013/09/23
 
キャラボクの赤く熟した仮種皮(2):
区内で撮影。協力:菅野温子氏
2013/09/23

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.