へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/06/03・写真:他に明記なき場合筆者
イ(別名:イグサ)(イグサ科イグサ属)草本
イグサ科 Juncaceae
学名 Juncus decipiens (Buchenau) Nakai (1932)
属名の意味 (m) 古名由来:ラテン語古名の jungere 「結ぶ」、この草で物を結んだことに由来。
種形容語の意味  形態由来:「虚偽の、詐欺の、わなにかけた」
命名者  Franz Georg Philipp Buchenau (1831-1906)ドイツの植物学者。
中井猛之進: ★本サイト「植物学名命名者をご参照下さい。
和名の由来  ・漢名の藺が「イ」へ転訛した説
分布・生育環境 国内:本州~沖。 国外:樺太、朝鮮半島、中国。 生育環境: 低湿地。
草本 多年草、高さ30-100cm。水辺の植物、泥に根を下ろす。
:茎の基部に鱗片状につく。茎の中心には髄が充実。

花序:集散状で茎の頂端につくが、苞のうち、一番下位にあるものが茎のようになり(偽茎葉)、しかも直立するので、花序は茎に側生しているように見える。

果実  蒴果で種子の表面に膜状の付属物を持ち、浮き袋的役目を果している。 
井草の町名の
由来

善福寺池、妙正寺池周辺の湿地で、藺草(イグサ)が生えていたことに由来、『杉並風土記、上巻』森泰樹、1977、杉並郷土史会、P155
井草式土器  縄文時代草期から出土した土器で、出土場所の名前から井草式」と呼ばれている関東地方の草期の形式名になっている標式土器下参照
用途 畳表など: 畳表にするため、1)ほとんど花が咲かない、2)茎が長くなるように、イを改良した。他に、帽子、枕、和蝋燭の芯の材として使われている。
参考文献  ・『植物の世界122』P11-37、宮本太、1996、朝日新聞社

 
安定帯(高水敷より上)/半安定帯(高水敷)/半安定帯(中水敷)/低水路水辺のエコトーン(移行帯)とは:水域と陸域へ移行する環境
水辺のエコトーンイ):イは、左図では根が水中にある中水敷などで見られる。画像:©国土交通省関東地方整備局。参考資料: 「水辺のエコトーン」:桜井善雄「水辺の自然環境」1994。

イ(井草)冬の姿: 上写真の上部に見える水鳥は、冬に見られるオナガガモ。手前、水辺のほとりにあるのがイ(井草)。このような環境に生育している。撮影: 2011/12/04
イ(井草): 「井草」の町名に名を残したイ(井草)だが、区内で見られる場所はごくわずか。その一つが善福寺風致公園。イ(井草)は改良されて畳の材料になった。撮影:2013/06/03
花序: 左写真の白く見える部分には上写真のような花が付いている。よく見ないと気付かない。★借用画像: サイト「福原のページ」©福原達人

西武線、上井草駅の駅名看板:町名、駅名、井草遺跡、井草式土器にその名を残すイ(井草)地域の宝区第5次植生調査地では「公園」を入れて2ヶ所だけしかない撮影: 2012/09/01
 
井草式土器:杉並区井草から出土したので「井草式」と命名された。縄文時代の関東地方早期の標式土器「撚糸文土器」。 借用画像:『縄文人と貝塚』P17、戸沢充則、©㈱六興出版

「井草遺跡」の看板:上井草4-13の説明看板。設置:杉並区教育委員会。撮影: 2012/08/27
へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.