へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/05/15・写真:他に明記なき場合筆者
イブキシモツケ(バラ科シモツケ属)
バラ科 Rosaceae
学名=属名+種形容語 Spiraea dasyantha Bunge 1833
属名の意味 (f) G語由来: ギリシゃ語の 「螺旋」 に由来
種形容語の意味  形態由来: dasy 「毛のある」 + antho 「花の」
命名者  ・Alexander Andrejewitsch von Bunge (1803-1890) ロシア・ドイツの植物学者
和名の由来  滋賀県の伊吹山で最初に発見されたことによる。 
分布、生育地 内:本(近畿以西)、四、九。国外:朝鮮半島、中国。
生育地: 山地の日照がよい岩礫地、含石灰岩や超塩基性岩地など。
樹形 落葉低木
互生、縁は単鋸歯または重鋸歯あり、上部はしばしば3裂。裏面は軟毛がはえ、葉脈が網目状に隆起。表葉の表面にしわが多い
花・受粉 両性花、散房花序、花弁・顎片・雄しべ=5コ。5月に白色の小花を多数半円形状につける。受粉: 虫媒
昆虫との関係  ホシミスジが区内でも確認されたとの情報(2014/夏)。本頁下部「ホシミスジ」参照。 
果実・散布 袋果(散布方法?)熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出
シモツケ属5種
区内で見つけたシモツケ属(赤字は種形容語)
和名  学名   種形容語の意味
 コデマリ Spiraea cantoniensis Lour.  広東地方の 
イブキシモツケ Spiraea dasyantha Bunge 粗い毛のある花の
シモツケ  Spiraea japonica L.f. 
L.f. : リンネの息子)
日本の
トサシモツケ  Spiraea nipponica Maxim. var. tosaensis (Yatabe) Makino  日本の
土佐地方の
シジミバナ* Spiraea prunifolia Siebold et Zucc. サクラ属に似た葉の 
ユキヤナギ  Spiraea thunbergii Siebold ex Blume  ツンベルグの 
*同定の再確認中。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花①』P688、石井英美、2000、㈱山と渓谷社 

コデマリと思っていると。。。 

イブキシモツケ
特徴は「裏葉に軟毛が密生」。この横列中の3種の中で、一番早く咲く。区内で撮影:2013/04/22

  トサシモツケ
花が左右2種より疎、葉が線形、花期が一番遅い。
区内で撮影:2009/05/15

コデマリ(中国原産):葉裏に毛がないことでイブキシモツケと区別できるとのこと。小花の集まりが球形に近い。区内で撮影:2013/05/03

イブキシモツケ葉裏:


区内で撮影:2013/04/22

ユキヤナギ:学名に長崎出島に医師として滞在したツンベルグの名がある早春花の一つ。
区内で撮影: 2013/03/16

シモツケ: バラ科シモツケ属
区内の共同住宅の植栽で見かけた。学名命名者の「 L.f. 」はリンネの息子の意。区内で撮影:2012/07/08

ホシミスジ: 初認 NEWS 
「露岩地が本来の生息地だが、ユキヤナギやコデマリなどの植栽によって、大阪周辺では都市部の公園や
  人家周辺でもみられるようになっている」。「自然の生息地では減少傾向にあるが、人為的な植栽によって
  増加している地域もある」。 以上情報:『日本のチョウ』P213須田真一他、㈱成文堂出版社、2012。
大きさ: ホシミスジ>=コミスジ裏・後前翅中室の翅脈に沿って伸びる白帯:コミスジ=2つに分離、ホシミスジ
  =4~5つに分離
裏・後翅基部周辺の黒点群があるのが特徴下2)写真参照)情報は同上。
食草はバラ科シモツケ属のようだ。「杉並区自然環境調査報告書第6次」の調査で、杉並区北西部で確認
  されているとのこと。但し、関西系統の「国内外来種」の可能性があることも留意して欲しいと聞いている。

1)ヤブガラシで吸蜜中
玉川上水三鷹区域
で撮影:2014/06/30・高久晴子氏

2)ヤブガラシで吸蜜中
玉川上水三鷹区域
で撮影:2014/06/30・高久晴子氏

3)ユキヤナギで
武蔵野市で撮影:
2014/07/03・高久晴子氏
へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.