へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/11/03・写真:他に明記なき場合筆者
クスノキ(クスノキ科クスノキ属)ニッケイ属P24
クスノキ科 Lauraceae、ケルト語の laur 「緑」
学名 Cinnamomum camphora (L.) J. Presl (1825)
属名の意味 (n) 古名由来:シナモン(桂皮) は、ギリシャ語の kino 「巻く」 + amomus「芳香のある」に由来
種形容語の意味  特性由来:アラビア語の「樟脳 (カンフル)の」由来。属名は中性名詞だが、語尾は「a」。
命名者  リンネ:Carl von Linné: ★本サイト「植物学名命名者をご参照下さい。
Jan Svatopluk (Swatopluk) Presl (1791-1849)
和名の由来  芳香があることから、「臭し(くすし)」が「クス」説。 「薬(樟脳)の木」説 
分布、生育地  国内: 本・四・九。 国外: 中国南沿岸、台湾。 生育地: 暖地
樹形・冬芽  常緑高木、高さ20m。神社などに古くから植栽され、巨樹が残る。
葉  互生、縁は全縁・波打、葉・茎に精油細胞があり、ダニ室を持つ。三行脈(主脈・基部左右脈)が目立つ。
花・受粉  両性花、雌性先熟、5月に新葉脇から円錐花序をだす。単花被花(萼と花弁の別なし)6コ。 受粉:虫媒。
果実・散布 液果(鳥散布):秋に黒紫色に熟す。 高木の下からクスノキが発芽してくるのは、鳥が高木で休みながらフンと一緒に種を散布しているから。
昆虫との関係  アオスジアゲハの食樹 葉にダニが室が見られる★下写真参照
用途
下写真参照
材の特徴: 防虫性・耐水性に優れ巨材が得られることなどから古くから船材や厳島神社の鳥居など大構造建築材。緻密、硬く光沢があるので、彫刻材などに使われる。樟脳(防虫材)、セルロイドの材料など。
クスノキがバルチック艦隊を破った  クスノキは日本、中国、台湾だけに産する。
清戦争(1903)で勝利した日本は台湾を植民地とし、大量の樟脳を生産した。日本産樟脳と合わせて専売制を施行し、輸出で得た膨大な資金を最新鋭軍艦に投入
安部桂司著、『明治秘話・「しょうのう」で買った日本海軍』雑誌「知識」Vol. 94 1989.10 
都道府県の木   兵庫県、熊本県、佐賀県、鹿児島県 (4県)
参考図書・HP  ・『樹に咲く花・離弁花①』P394、太田和夫、2000、㈱山と渓谷社


明治神宮のクスノキ:都内の大きな神社や庭園ではクスノキの大樹が必ずと言ってよいほど残されている。撮影: 2012/10/22

浜離宮恩賜公園のクスノキ:これだけ樹形が整っているクスノキは珍しい。撮影: 2012/11/16

神代植物公園の双子のクスノキ:樹齢不明。駐車場横にある。撮影: 2012/09/22

単花被花(萼と花弁の別がない)
外側から内側へ:6枚の花被片、雄しべ3コ、仮雄しべ3コ、黄色の3本の雄しべ(葯をもつ)、その基部に濃黄色をした腺体が3コある。さらに、花粉を納めた葯(やく)は上方に2~6の小さな弁があり、これが開いて花粉を放出する。★画像サイト「福原のページ」©福原達人氏

単花被花(萼と花弁の別がない)
外側から内側へ:茶色6枚の花被片、水色雄しべ3コ、水色仮雄しべ3コ、黄色の3本の雄しべ(葯をもつ)、その基部に濃黄色をした腺体が3コある。さらに、花粉を納めた葯(やく)は上方に2~6の小さな弁が開いて花粉を放出する。★画像サイト「福原のページ」©福原達人氏
 
花の香り(1)
4月後半に古い葉を落しているのを見かけた。古い葉を落し終わると蕾をつけ、5月の連休が終わる頃、どこからか香りがするので近づくと、花がちらほら咲き始めていた。今まで、クスノキの花に芳香があることに気づかなかった。区内で撮影:2014/05/09

花の香り(2):クスノキの香りといえば、葉をもむと分かる樟脳の香り。ところが、初夏の風が運ぶ花の香りもありました。区内で撮影:2014/05/09

花:花は小さく5mmほどだが、左写真でもお分かりの通り、びっしりつける。区内で撮影:2014/05/09

果実:秋に上写真の様に熟す。黒い果実だが鳥は好きらしく、実生苗が見られるのは鳥が散布しているからだと思う。新宿御苑で撮影:2012/11/15 

クスノキの葉: 三行脈(主脈・基部左右脈)が目立ち、表面に光沢がある、縁は全縁で波打つのが特徴。鳥がタネを運ぶので、右の種同様、実生苗が見られる。 2012/07/13 

ヤブブニッケ:学名Cinnamomum tenuifolium。種形容語の意味は、「薄い・繊細な+葉」だがクスノキより葉が革質で葉、果実に香りがある。2012/08/29 

クスノキの葉: 右上の三行脈の根元にある小さな丸いのがダニ室。★ ダニ室に関する情報「京大植物園観察会」、「ダニ室」、「西田 佐知子」で検索してください。
クスノキを食樹とするアオスジアゲハ  

ヤブニッケイの葉についたアオスジアゲハの幼虫: 多数ついていたが、翌日行くと二匹にまで減っていた。区内で撮影: 2012/10/11
 
クスノキの葉についたアオスジアゲハの幼虫。目の様に見えるが目玉模様。区内で撮影: 2011/07/27

アオスジアゲハの成虫:クスノキの街路樹が増えているせいか、比較的見かけるチョウ。但し、撮影は難しい。2010/09/01高久晴子氏
クスノキ:その他の利用  

川瀬巴水の版画:「宮島の鳥居」(1942)。耐水性に優れ、巨材が得られることからクスノキが使われたとか。2011カレンダー1月から部分転写。画像:©㈱渡邊木版美術画舗

セルロイド
硝酸セルロースと樟脳などから合成される合成樹脂。画像部分:『木製玩具・セルロイド玩具』多田敏捷(編集)©㈱京都書院

天然樟脳:昔と同じ製法の技術が伝承され、。現在でも★サイト「日向しょうのう」から購入可能。購入・協力:FIT21原田博雄氏

            ニッケイ(肉桂):学名: Cinnamomum sieboldii Meisn. (1864) NEW:14/11/03
ニッケイとシナモン: 
・ ニッケイといわれている植物名は数種ある。下写真掲載の植物がどのニッケイか不明なので、ここでは  単に「ニッケイ」とした。
・ 日本に(香辛料の)シナモンとして輸入されているのは学名Cinnamomum cassia (L.) D.Don   が多いとされる。  (参考図書:『生薬単』P70、原島広至、㈱NTS2012)
・ セイロンニッケイ:学名:Cinnamomum verum J.Presl、を香辛料シナモンの最高品種とするNETもある。
・ 下掲載写真のシナモンパウダーの裏袋には 「肉桂カシアなどとも呼ばれる、クスノキ科の常緑樹の樹皮を剥いで乾燥し、粉にひいたものです」(和高スパイス㈱)。 
 ニッケイ(生薬名肉桂)。。。根を適当な長さに切り、水洗い後、槌でたたいて根の皮をはぎとり、日干しにして生薬肉桂とする」(『薬草カラー図鑑』伊沢一男、P119㈱主婦の友社)。一方、「香辛料としてのシナモンは・・・シナモンの樹皮をはがし、乾燥させたもの」(wiki)。
 生薬としてのニッケイ(肉桂)はニッケイの根の皮、香辛料のシナモンは樹皮なのか?あるいは、植物の種類がちがうのだろうか?あるいは、別の分け方があるのか?
ニッケイを使った郷土菓子: 『樹に咲く花①』P399ではニッケイは「日本では江戸時代から栽培されていた」とあるので、各地でニッケイを使った郷土菓子が残っているようだ。あなたの郷里にも今に伝わるニッキ菓子があるかもしれません。
2014/11/01田中 肇氏からのメール:「ニッケイ、懐かしいです。太平洋戦争が敗戦間近になった頃、  駄菓子屋には何も無かったのですがニッキと称してニッケイの細い根や細長く捻ったセロハン紙にニッケイの味がする液体をしませた物を売っていました。それらを齧(かん)で味と香りを楽しんだことを思い出しました」→→NETで調べたら「ニッキ棒」、「セロハンニッキ」と呼ばれた駄菓子だったようで、今では絶滅種ででした。
・ 紙ニッキorニッキ紙:「セロハンニッキ」を調べていて存在を知りました。NET情報で、朝日放送、 『探偵ナイトスクープ』2011/08/12放映の「幻のニッキ紙」がありました。視聴者の申し出で局がその物を探し出す過程を楽しむ番組です。当時、90才の製作者が分かり、再現していました。★『探偵ナイトスクープ』 「ニッキ紙」で検索すると、YouTubeがでてきます。2014/11/03閲覧

 ニッケイの樹:区内で撮影:2014/10/31

ニッケイの葉 :区内で撮影:2014/10/31

ニッケイの葉と果実:画像:★サイト「福原のページ」©福原達人
 ニッキ 食品 

固形浅田飴:ニッキ:シュガーレス:購入して撮影:2014/10/09:画像:©㈱浅田飴

ニッキ飴:子供の頃よくなめたダイヤ形の飴は最近見なくなった。これは円形。購入して撮影:2014/11/01。画像:©㈱天狗本舗

生八つ橋:撮影:2014/08/04

聖護院の八ッ橋:昔、京都のお土産といえばこのお菓子だった。「Since 1689」とある。撮影:2014/11/30 new
シナモンパウダー:リンゴジャム、ミルクティーなどに使っている。購入して撮影:2014/10/30。画像:©和高スパイス㈱
シナモントースト:トーストの上に、煮た紅玉りんご、左のシナモンパウダーをかける。撮影:2014/10/24
 鹿児島県の 郷土菓子「けせん団子」 (14/11/03)
かごしまの食WEBサイト<ニッケの葉で包んだ団子> けせん団子ここ
けせん」とは鹿児島の言葉でニッキのこと。こし餡で作ったお団子を殺菌効果のあるニッキの葉で上下にはさんだお菓子。作り方は各家庭、各お店によって違ようだ。
鹿児島県のアンテナショップ、「遊楽館」(東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル、TEL(03)3580-8821で購入した。撮影:2014/11/01
商品:まるじゅう本舗、国産肉桂葉使用。蒸したニッキの葉から香りがする。一口サイズ。5コ入り/500円
 けせん団子(1)
 けせん団子(2)
  けせん団子(3)

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.