へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/05/05・写真:他に明記なき場合筆者
コゴメウツギ(バラ科コゴメウツギ属)
クスノキ科 Rosaceae
学名=属名+種形容語 Neillia incisa (Thunb.) S.H.Oh: 2006
属名の意味 (f)

C語由来: ケルト語の緑色」に由来するラテン語、常緑であることに由来する

種形容語の意味  形態由来: 「鋭く裂けた」
命名者  ・ツンベルク:★本サイト「植物学名命名者」に詳細あり。
・Sang-Hun Oh: 米国の植物学者
和名の由来  白米が砕けたような小さい花ということに由来。
分布、生育地

国内:北~九。 

樹形 落葉低木。高さ2.5mほど。枝はよく分枝する。

互生。三角状広卵形、先端:尾状に尖る、表面:無毛、裏面:脈上に軟毛が密生、
鋸歯がある。

花・受粉 両性花。花期は5-6月。今年枝の先端または葉腋から花序軸を伸ばし、円錐状または散房状の花序をつくり、黄白色の5弁花を多数咲かせる。萼裂片:5コ、雄しべ:10コ、花弁より短く、雌しべ:1コで直立する。受粉:虫媒
果実・散布 袋果(鳥散布):  楕円形、10月に暗紫色に熟す。種子:球形。
用途 緑化樹: 公園樹として(よく分枝する低木なので人止めに有効)
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P44、太田和夫、2000、㈱山と渓谷社


花(1)黄白色の5弁花を多数咲かせる。高尾山稜で撮影:2013/05/23

(2)雄しべ:10コ、雌しべ:1コ
撮影:左の拡大(ボケご容赦)

:三角状広卵形
区内で撮影:2013/11/30

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.