へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/02/06・写真:他に明記なき場合筆者
キダチアロエ(ススキノキ科アロエ属)
ススキノキ科 Xanthorrhoeaceae。(wiki.)(APG III)
・BG Plants では「アロエ科」 (Aloaceae) としている。
・『植物分類表』P51: ツルボラン科 (Asphodeloideae) としている。(APG II)
学名=属名+種形容語 Aloe arborescens Mill. (1768)
属名の意味 (f) 地方語由来:アラビア語の alloeh 「苦みのある」は葉に苦味があるので。
種形用語の意味  形態由来: 「亜高木の」 。
命名者  ・Philip Miller (1691-1771) :英国の植物学者。
和名の由来  漢名の蘆薈(ろえ)を音読みにして(ロカイ)>>江戸時代、木立に見える>>
木立蘆薈
(きだちろかい)。後、アラビア語のアロエと呼ばれるようになった。
★サイト「イー薬草・COM」を参考。 
分布・生育地  国内:植栽されている。原産国:南アフリカ、ジンバブエの山地、ソマリア北部
日本での生育地: 暖地の海岸地域ならば冬でも戸外で越冬ししている。
樹形  多肉植物。低木~亜高木。高さ3m。
葉  多肉質の灰緑色の葉はロゼット状で密につく。葉の縁に棘がある。
花・受粉  両性花。朱色の円錐形の総状花序を密につける。花被片:6枚。東京では12月下旬頃から3月頃まで下から上へ向かって徐々に咲くが、下部の花から下方に頭を下げる(★下写真参照)。
受粉: 虫媒・鳥媒:「キダチアロエは鳥のタイヨウチョウに適応したした花」『したたかな植物たち』P170、多田多恵子。タイヨウチョウは「嘴は細長く下に湾曲している花蜜食」(wiki.) 。キダチアロエの花序は花軸についた基部の花が開花する頃には、斜め下方に頭を下げている。タイヨウチョウが蜜を吸い易いように適応したのなら、花頭を下るのもタイヨウチョウのためということなのか(★下写真参照)。
 メジロが蜜を吸う写真を見ると、咲き終わった枯れた花に足を止め、頭を下げた花を見あげるように、花の奥に嘴を入れて蜜を吸っているように見える(★下写真参照)。
果実・散布  蒴果?(風散布?):日本では春に熟す。
昆虫との関係  「多量の蜜は花から滴り落ちるほどで、メジロやスズメが訪れた後でも、ミツバチがその残りをすうことができる」田中 肇。(★下写真参照
用途  薬用に植栽されている: 「医者いらず」と呼ばれるアロエだが、虚弱体質の人、幼児、妊婦や生理中の婦人は服用を避けるようにとある。
参考図書  ・『植物の世界105』P9-281、スーザン・カーター、1999、朝日新聞社
・『昆虫の集まる花』P43、田中肇、2009㈱文一総合出版


多肉質の葉

区内で撮影:2015/02/02

花序(1):花は基部から上に向かって徐々に咲く。
区内で撮影:2015/02/02

花序(2):主軸についた基部の花が開花する頃には、斜め下方に頭を下げている。区内で撮影:2015/02/02

(1)
区内で撮影:2014/12/30

(2)
写真は45°に回転。ラッパ状のユリに似た花。
撮影:左と同所・同日

熟している雄しべ・雌しべ 
区内で撮影:2015/02/02


撮影:2015/02/02
蜜を吸うメジロ
画像:©田中 肇氏

蜜を吸うニホンミツバチ
画像:©田中 肇氏
へ >
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.