へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/04/20・写真:他に明記なき場合筆者
カマツカ(バラ科カマツカ属)カナメモチ属P141: Aronia
バラ科

Rosaceae: バラのラテン名、rosa に由来

学名=属名+種毛用語 Pourthiaea villosa (Thunb.) Decne. var. villosa (1874)。
属名の意味 (f) 人名由来: フランス人カトリックの宣教師、朝鮮で1862、殉教した
Jean Antoine Pourthie (1830-1866)へ献名
種形容語の意味  形態由来: 「軟毛のある」
命名者 ・ ツンベルグ:Carl Peter Thunberg: ★本サイト「植物学名命名者に詳細あり。
・Joseph Decaisne (1807-1882) フランスの植物学者
和名の由来 材を鎌の柄(つか)に用いたことに由来。別名:牛殺し:牛の鼻環に加工したことによる
分布、生育地  国内:北~九。  国外:朝鮮半島、中国中南部、台湾。
生育地:山地の日当たりのよい林縁。 
樹形・冬芽  落葉小高木、高さ5-7m。樹皮:暗灰色、たてのシワ、斑紋がある(老木か?)。
葉  長枝=互生。短枝=輪生状。縁=細かい鋸歯がある。裏面の主脈に白い軟毛。
花・受粉 

両性花。5月頃、短枝先に白色の花を多数つける。円形の花弁・顎片=5枚。雄しべ=多数、花柱=3コ、基部は合着して白い軟毛が密生する。受粉:虫媒

果実・散布 ナシ状果(鳥散布): 頂部に直立した顎片が残る。
地元に残る
牛殺しの木」 の話:

『遅野井』(桃井第四小学校50周年記念事業協賛会、1982、P54
善福寺川にかかる「原寺分橋」近くに「牛殺しの木」があった。
昭憲皇太后陛下(明治天皇皇后)が小金井堤の桜見物へ行啓(外出)のとき、御車の馬が何かに驚き、陛下を乗せたまま駆けだした。ところが、橋の袂にあった「牛殺しの木」の所で止まった。馭者は「あの木のお陰で助かりました」。「あの木に心からお礼を言います」と駆けつけたお共の方々へ話したとのこと。
地元では、白い花・赤い実が特徴で家畜が嫌がり、特に牛は近寄らない「牛殺しの木」と言った。
用途 緑化樹:庭木、株立ち緑化。:(硬く、丈夫で粘りがある) 洋傘の柄など
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花①』P648-651、石井英美、2000、㈱山と渓谷社
・『杉並風土記』森 泰樹、1977、杉並郷土史会、P274:「牛殺しの木」


(1)
花弁が5、雄しべ多数、雌しべが1コ
区内で撮影:2013/04/22

(2))
雄しべの葯が黒くなっている。
区内で撮影:2013/04/22

(3))
円形の花弁、白い小さな可憐な花
区内で撮影:2013/04/22


「細かい鋸歯がある」
区内で撮影:2013/04/22

果実
「頂部に直立した顎片が残る」
区内で撮影:2010/11/27
 
紅葉(長枝は互生)
千川上水で撮影:2012/11/29

冬芽
短枝についた冬芽。
黒自然教育園で
撮影:2013/02/07・綱島康子氏

短枝・長枝
葉が落ちると分かりやすい。
黒自然教育園で
撮影:2013/02/07・綱島康子氏
 
樹皮:「縦のシワ、斑紋状」とあるが、これにはない。が、横線のようなものが見られる。。目黒自然教育園で撮影:2013/02/07・綱島康子氏

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.