へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/07/27・写真:他に明記なき場合筆者
カラムシ (イラクサ科カラムシ属)
イラクサ科 Urticaceae
学名=属名+種形容語 Boehmeria nivea (L.) Gaudich. var. concolor Makino f. nipononivea (Koidz.) Kitam. ex H.Ohba。Boehmeria nivea は ナンバンカラムシで、それの変種?。
属名の意味 (f) 人名由来: George Rudolph Boehmer (1723-1803), ドイツの植物学者に献名された
種形容語の意味  形態由来: nivea:「雪のように白い」、var. : 変種、concolor: 同色の、f.: 品種。
nipononivea:日本のカラムシ?、ex :「~より」、何らかの理由で発表していなかったり、記載を伴わない名前の場合に使われる。大場秀章が代わりに発表した。
命名者  ・ Carl von Linné (リンネ):下牧野・小泉・北村含★本サイト植物学名命名者」へ
・Charles Gaudichaud-Beaupré (1789-1854)フランスの植物学者
牧野富太郎・小泉源一・北村四郎、大場秀章:日本の植物学者たち。
和名の由来  茎(カラ)を蒸(ムシ)て丈夫な繊維を利用したことによるとされる 
分布、生育地 国内: 北、本、四、九、沖。国外:?
草丈 多年草。日本産カラムシはクサマオ、ナンバンカラムシと分けることがあるが、*1「両者は区別できない」とされる。
互生。広卵形、裏面に白色綿毛が密生、先=尾状に尖る、縁=鋸歯あり、表面ざらつく
花・受粉 雌雄同株。8下/9上月頃、花序が細かく枝分かれし、緑色の花をつける。雄花:茎の下部につく。雌花:茎の上部につく。花被片4コ、先端を残して合着し、つぼ型。受粉:風媒?
果実・散布 そう果。散布方法:不明
用途: 麻織物の材料: 丈夫な茎から繊維をとるため利用された。福島県昭和村は上布(細い麻糸を平織りしてできる上等な麻織物)の原料を今も産出する村。
昆虫との関係
アカタテハの食草、カラムシ:区内カラムシを移植(2006)して4年後に幼虫を確認:
アカタテハの幼虫はカラムシの葉を食べて育つ。区内のカラムシが減少し、アカタテハもそれに伴い減少傾向にあった。そこで区内のカラムシを移植したら、4年でアカタテハの幼虫を確認できるようになり、その後、毎年確認できるようになった。
下写真「カラムシと昆虫」を参照下さい
フクラススズメの食草:下掲載写真にある幼虫もカラムシ(含ヤブマオ)を食べている。
参考図書  *1『世界の植物89』P8-134、矢原徹一、1995、朝日新聞社
*2『野に咲く花』P386、林 弥栄、1992、㈱山と渓谷社


: 葉柄の根もとに小さな花が房状につく。見てくれが地味な植物は嫌がられる。区内の公園にもあったが、ある日全部抜かれて花壇になっていた。美人が好かれるのはしかたないこと?撮影: 2010/09/15

葉裏
葉の裏側に細毛が密生しているので白く見える。風が吹いてめくれると、白い葉が目立つ。区内の空き地では普通に見られた植物だった。
撮影: 2009/09/02
アオカラムシ
葉の裏側が白くならず緑のものをアオカラムシという。変種で、 var. concolor Makino、「色違い」という意味か?
撮影:2012/07/15
押し葉絵(アート):カラムシの葉を使用
カラムシの群落:古来、麻布作りで用いられたカラムシは、今でも各地の空地で野生化したものが見られる。しかし、区内の空地の群落は、空地減少とともにほとんど見られなくなった。
参考図書: 『葉っぱ絵入門』赤崎一雄、㈱河出書房新社、2006

押し葉絵(フクロウ)(1) 
撮影:2014/07/11

押し葉絵(フクロウ)(2)  
撮影:2014/07/11

押し葉絵(ウサギ) 
撮影:2014/07/12

カラムシと昆虫:潜在生息昆虫のアカタテハ: 食草を復元して4年、生息を確認できた。

カラムシの葉のゆりかご
アカタテハの幼虫は上写真のように葉をたたんだ中で成長する。成虫になって、また戻ってきて下さい。
撮影:2010/07/25

アオカラムシの葉のゆりかご
こちらにもアカタテハの幼虫の巣ができた。
撮影:2014/05/19

カラムシの葉のゆりかご
毎年幼虫が見られるようになり、努力が実を結んだ。
撮影:2014/05/19

 アカタテハ終齢幼虫
カラムシを食草として成長する。2010年から幼虫が見られるようになり、その後、毎年確認している。成長した姿は右写真参照。
撮影:2014/05/24

アカタテハ
左の幼虫の成虫の姿。区内でカラムシさえあれば、本種が戻る可能性があり、2012年には「公園」で姿を確認している。玉川上水で撮影
2008/08/31 高久晴子氏
 
上アカタテハ・下ヒメアカタテハ
(こちらの食草はヨモギ)。
画像:©「神戸の自然シリーズ」
フクラスズメ  
 
フクラススズメの幼虫(1):カラムシなどを食草とする。ツンツンするとお尻を激しく振るので、つい手が出てしまう。撮影:2009/12/01

フクラススズメの幼虫(2)
黒・黄色・赤と目立つ配色は威嚇の意味を持っているのではないか? 
撮影:2012/06/12

フクラスズメの成虫
隠ぺい色なので、写真撮影が難しい。井の頭公園で撮影
2012/07/16・高久晴子氏

福島県昭和村のからむしの里を訪ねて 撮影: 2016/07/24 NEW
カラムシ織ができるまで: 
1)根の植付
: 5月中旬、 ->2)カラムシ焼き: (植付から2年目以降)旧暦4月の中の日(5月21日の小満の日)にカラムシの一斉発芽を目的としている、 ->3)垣結い: 施肥後、棒ガヤ(カヤ)でカラムシを垣根で囲う★下写真参照、 ->4)収穫: (植付後、3年目から収穫できるようになる) 7/20前後からお盆までに、茎から葉を落し、一定の長さに切り揃え束ねる、 -> 5)浸水: 数時間~一晩ほど清水に浸す -> 6)カラムシ剥ぎ: 皮を2枚になるように剥ぎ、ひとにぎりくらいに束ねて、清水に浸す、 ->7)カラムシ引き:★下写真参照: 苧引き具で剥いだ皮の外皮を除き、繊維を取り出し、 ->8)乾燥: 2日程度陰干しして乾かす★ 下写真参照9)苧績み(おうみ): 8)の繊維を細かく裂き、糸をつなぐ -> 10)撚りかけ: 9)の糸を湿らせ、糸車でよりをかける★下写真参照11)カラムシ織: 機織りで反物を織る★下写真参照
以上情報:★サイト「昭和村を知る」:©昭和村役場: 
〒968-0103 福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島652、 電話: 0241-57-2111

カラムシ園「世界の苧麻園」(1)
世界各国64種類類の苧麻

カラムシ園(2)
「福島在来種」
 
カラムシ園(3)「昭和村からむし」
上述 3)垣結いされたカラムシ

上述 7)カラムシ引き
繊維を取り出す作業

上述 8)乾燥
取り出した繊維を乾燥させる
 
上述 9)苧績み(おうみ):左の:繊維を細かく裂き、糸をつなぐ作業

上述 10)撚りかけ:糸を湿らせ、糸車でよりをかける 

左写真の下部を拡大。
 
上述 11)カラムシ織(1):
機織りで反物を織る

上述 11)カラムシ織(2):
機織りで反物を織る

上述 11)カラムシ織(3):
機織りで反物を織る
 
カラムシ織の着物(展示品)
光沢があり、軽く、涼しい

カラムシ織の反物(展示品):「繊維を青苧(あおそ)と呼んでいます。からむしを原料とする上布の生産地では、越後(越後上布・小千谷縮布)や宮古(宮古上布)、石垣(八重山上布)などがあり、昭和村は本州における唯一、上布原料の産地」★サイト©昭和村役場「昭和村を知る」

上布:筆者の祖母が来ていた着物をほどき、今は箪笥の上布とし利用。麻糸に撚りがかかっているので、肌に触れる部分が少なく、「夏に着ると涼しく、ひんやりする」に納得。昔の人は着物づくりの工程が大変なことを知っていたので、布がダメになるまで様々に使った。2012/09/12
 
小千谷縮
原料は苧麻(ちょま)で「カラムシ」の古名。小千谷市周辺を生産地とする麻織物の中で、独特の縮織。
「母が遺した着物を夏服にした」。「夏は涼しくて手放せない」とは伊比氏のお話し。撮影協力:伊比晴美氏・2012/08/04

ヤブマオ(イラクサ科カラムシ属)Boehmeria japonica (L.f.) Miq. var. longispica (Steud.) Yahara
学名情報: 「:米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2016年1月22日).
ヤブマオ情報:矢原徹一『植物の世界89』P8-99。「多年草、7-8月に、小型の花が穂状花序に密生する。通常雌花だけをつけ、受精せずに無性生殖によって種子を生産する。このため繁殖力が旺盛で雑草的な植物である。...葉の厚さや毛の多さなどの点でも、変異に富む」。
  染 色 2016/01/19
区内の空地などで見かけるヤブマオです。その葉と茎を細かく刻んで煮出し、
染色したスカーフを見せていただきました。

ヤブマオ
区内で撮影:
2012/07/05

染色:ミョウバン媒染による
素材:左側部分:ポリエステル・右側のレース部分:綿100%。作成:笹本恵子氏。撮影:2015/11/21

染色:鉄媒染による
素材: 色が濃い部分がシルク・白い部分がレーヨン。作成:綱島康子氏撮影:2015/11/21

「葉の厚さや毛の多さなどの点でも、変異に富む」。2007/11/29

マメコガネが訪花(目的は花粉?)
区内で撮影:2010/07/28
 
ヤブマオの花
区内で撮影:2010/07/13

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.