へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/06/20・写真:他に明記なき場合筆者
カラスザンショウ (ミカン科カラタチ属)
ミカン科

Rutaceae。 ラテン語 ruta 「苦い」から出た植物名。葉が苦いため。

学名=属名+種形容語

Zanthoxylum ailanthoides Siebold et Zucc.

属名の意味 (n) 特性由来: xanthos 「黄」 + xylon 「材」 材の色に由来
種形容語の意味  形態由来:: ailanthus 「ニワウルシ属」 + oides 「似の」
命名者  ・P. F. von Siebold (シーボルト) ★本サイト「植物学名命名者」に詳細あり。
和名の由来 

①サンショウに似ているが、大きく利用価値がないので。②カラスが種子を食べるので

分布、生育地

国内:本・四・九。特に三重・岐阜県、京都府以西。国外:朝鮮半島南部、中国、台湾
生育地:川原、崩壊地、伐採地など。裸地に進出するパイオニア(先駆的植物)。埋土種子として長年休眠し、条件が整うと発芽する。林縁や原野の日当たりの良い場所で急成長する(陽樹)。成木になると点生になる。日当たりが悪くなるとすぐに衰退

樹形 落葉高木。独特な傘状の樹幹。高さ15m。樹皮=灰褐色。幹や枝には短い刺、古木=刺なく刺基部にいぼ状突起残る。・枝:若枝は緑色、小刺。冬芽:鱗芽、葉痕=腎臓形orハート形。維管束痕=3個

互生。枝上部に集る。長さ30~80㎝の奇数羽状複葉、葉先:尾状に鋭る、縁:浅い鈍鋸歯。両面:無毛。裏面:粉白色、油点あり。葉をもむと強匂。

花・受粉

雌雄異株、7月~8月頃に散房花序に緑白色の花を密につける。花弁:5個、雄しべ:5個、雌花の子房や花柱:緑色。萼:5深裂する。受粉: 虫媒?

果実・散布  ?果。一つの花から3個の実(分果)ができる、灰褐色で油点ありしわがよる。11~1月に熟し、裂開して光沢のある黒い種子1個をだす。種子:球形。黒く光る種子は表面に油分が多く、高カロリーの油で鳥を誘う。 
用途 緑化樹: 鋭い棘があるので、侵入を防ぐために効果がある垣根に使われた。
その他: 食用ミカンの台木(強病気、早結実期の利点。但し、短寿命の欠点)
「公園」のミカン科
についたアゲハチョウ類の幼虫&
セリ科についた
キアゲハの幼虫。
カラタチ(ミカン科):   ---(未確認)
コクサギ(ミカン科):  カラスアゲハ(初認:2014/6月下旬幼虫)
サンショウ(ミカン科): アゲハチョウ(多数確認))・カラスアゲハ(少だが確認)
ミカンSP(ミカン科):  クロアゲハ
アシタバ(セリ科)    キアゲア(多数)
ミツバ(セリ科):     キアゲア(少だが確認)
カラスザンショウ(ミカン科)は高木で観察できず
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』高橋秀男、P244-246、2000、㈱山と渓谷社
★サイト「ゑれきてる」生原喜久雄:http://elekitel.jp/elekitel/index.htm


樹形
葉が枝先に集まる独特の形
区内で撮影:2013/05/08

雌花:子房や花柱:緑色、顎:5本
画像:★サイト「福原のページ」
©福原達人氏

雄花:雄しべ:5本、顎:5コ
画像:★サイト「福原のページ」
©福原達人氏

 葉
長さ80cm程にもなる奇数羽状複葉
区内で撮影: 2013/05・08

若い枝の棘:若いと尖り、年を重ねると棘がなくなる。人はどうか?
井の頭公園で撮影: 2013/04/25

 幹下部の棘
成長すると下部の棘がなくなる。
区内で撮影: 2013/05・08

未熟の果実:3個の分果ができる。画像:★サイト「福原のページ」
©福原達人氏

幼木:崩壊地、伐採地など、裸地に進出するパイオニア(先駆的植物)。高尾山稜で撮影:2013/05/24

葉痕
井の頭公園で撮影: 2013/04/25

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.