へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/04/09・写真:他に明記なき場合筆者
カヤ(イチイ科カヤ属)
イチイ科 Taxaceae。taxos: G名 「イチイ」、「弓」の意味
学名=属名+種形容語 Torreya nucifera (L.) Siebold et Zucc. 
属名の意味 (f)? 人名由来: トリーアは米植物学者 「J. Torrey」 氏に由来
種形容語の意味  形態由来: 「堅果を持った」
命名者  ・Carl von Linné (リンネ)★本サイト「植物学名命名者」(含シーボルト)の詳細あり。
Philipp Franz Balthasar von Siebold (シーボルト)、(1796 -1866):
・Joseph Gerhard Zuccarini (1797–1848) ドイツの植物学者、ミュンヘン大学教授
和名の由来  「平安朝の昔から日本では、よもぎの葉やカヤの木を火にくべて煙を出す「蚊遣り火」という方法で、蚊を追い払っていた」2003/8月号「金鳥蚊取り線香」NTTComware
分布、生育地  国内: 本(宮城県以南)・四・九。 生育地:山地
樹形・冬芽  常緑針葉高木、高さ20m、遅成長・長寿命
葉  螺旋状につくが、側枝では2列対生、先端は針状に尖り痛い、葉裏には気孔帯が2本
花・受粉  雌雄異株(まれに雌雄同株)。受粉:風媒。
種子・散布 緑色の仮種皮が種子を包む核果状の非球果植物。翌年秋に熟し、冬越しすると
下左写真のように仮種皮が腐り、種子が露出する。散布:(重力・動物散布)
用途  ・□: 緻密・美木目・香気・光沢ある淡黄色・つやで最高級碁盤・将棋盤、彫刻材
葉・枝: 蚊除け。種子: 油は灯油・食用、炒って食料に
森林浴が楽しめる樹:バクテリアを排除する独特の香りを持ち、カヤの森で森林浴をすると、神経系および精神安定に効果があるとされる。
参考文献  ・『樹に咲く花③』P660、中川重年、2001、山と渓谷社
・HP『ゑれきてる』生原喜久雄 


カヤの木
上池に1本あるが、果実がならないので多分雄木。雌木があると色々楽しめるのだが。。。
区内で撮影: 202/08/31


常緑針葉樹。螺旋状につくが、側枝では2列対生、先端は針状に尖り痛い、葉裏には気孔帯が2本
区内で撮影: 2012/08/17

カヤの種子: new
緑色の仮種皮が種子を包む核果状の非球果植物。
府中市で撮影:
2014/09/17

カヤの種子
外皮を取り除いて撮影:
2012/09/29
提供:12/10/14・笹本恵子氏

カヤの種子を使ったお菓子
浅野井会員が高野山の「かさ國」から取寄せた「榧せんべい」。カヤの漢字名が刻印されている 。カヤの実を砕いたものを生地に入れて焼いたお菓子で、こおばしくおいしかった。
購入・提供: 浅野井律子氏 
     「かやの木山の」 1922
作詞北原白秋・作曲 山田耕筰

1.
かやの木山のかやの実は
いつかこぼれて拾われて
山家(やまが)のお婆さはいろり端
粗朶たき 柴たき 燈つけ
2.
かやの実かやの実それ爆(は)ぜた
今夜も雨だろもう寝よよ
お猿が啼くだで早よお眠よ
コメント:
いろり端で子供に聞かせた子守唄。
へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.