へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:
2014/01/13・写真:他に明記なき場合筆者
センリョウ(センリョウ科センリョウ属)
センリョウ Chloranthaceae
学名 Chloranthus glabra (Thunb.) Nakai (1912)
属名の意味 (m) 古名由来:  ギリシャ語の chloros 「黄緑」+ anthos 「花」
種形容語の意味  形態由来: 「無毛の」、「平滑な」
命名者  Carl Peter Thunberg (1743-1828):ツンベルグ。井猛之進(1882-1952):★両氏についてはここをご参照下さい。
和名の由来  ヤブコウジ科マンリョウ(万両)に対して、果実が少し小さいので千両、との説。マンリョウは葉の下に、センリョウ科センリョウは葉の上に果実をつける。
分布、生育地  国内: 本・四・九・沖。 国外: アジア東南部。 生育地: 暖地の林内
樹形・冬芽  常緑小低木。
葉  対生、先が尖り、縁には鋭い鋸歯。
花 ・受粉 両性花、6月初旬、枝先に小花をつける。花弁・萼がなく、子房の横に雄しべが1コつく。不思議な花の形は下写真を参照。原始的な植物とされている。 受粉:虫媒?
果実、散布 核果:冬、赤く熟し、植えてないのに発芽してくるので、鳥が散布しているようだ。
用途 お正月の縁起物として花材。クリスマスに実家からもらって、お正月までもつ。
仮導管だけの
無導管被子植物 
センリョウ科センリョウ属の植物は、維管束植物の中で裸子植物のように導管を持たず、「仮導管によって水分を運んでいる」とされる。近年の研究で、「初期の被子植物はすべて導管を持っていた」、無導管被子植物は「最初から導管がなかったのではなく、かつてはあったのだが、何らかの理由で二次的に導管をなくしたということになる」。 高橋 晃、『植物の世界90』P8-189、「導管をなくした植物たち」、朝日新聞社、1996
赤い実をつける
お正月に赤い果実をつける縁起物 
   和名 センリョウ科   ヤブコウジ科
マンリョウ   万両   果実が下向き 
センリョウ  千両 果実が上向き   
カラタチバナ  百両    果実が下向き
ヤブコウジ  十両    果実が下向き
参考図書  『樹に咲く花・離弁花①』P469、太田和夫、2000年、㈱山と渓谷社


(1)雌しべ・雄しべが1コづつの単純な花。原始的な植物とされている。
区内で撮影:2010/06/27 

(2):緑色の雌しべ1コと、白色の雄しべ1コ。「福原のページ」©福原達人氏の画像に白地の矢印と名前を追加

果実:漢字では「千両」。センリョウ科の植物。マンリョウ、ヤブコウジはヤブコウジ科で、科が違う。2010/12/08

センリョウの果実:果実の表皮に雄しべの痕が残る。撮影:2013/01/08




正月飾り:左からヤブコウジ(十両)・センリョウ(千両)・マンリョウ(万両)

飾り:センリョウ、オンシジュウム。撮影:2013/12/12

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.