へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/04/26・写真:他に明記なき場合筆者
サンゴジュ(スイカズラ科ガマズミ属)レンプクソウ科 Adoxaceae、P225
スイカズラ科 Caprifoliaceae
学名=属名+種形容語 Viburnum odoratissimum Ker Gawl.  (1820)
属名の意味 (n) 古名由来: ウィブルヌム: 古ラテン語名の 「ガマズミ」
種形容語の意味  特性由来: odorat「香り良い」+issimum 「最も」
命名者  John Bellenden Ker Gawler (1764-1842) :イギリスの植物学者
和名の由来  赤い果実がたくさんつき、果序の枝も赤く染まる様子をサンゴに見立てた。
分布、生育地  国内: 本(関東南以西)~沖。国外: 朝鮮半島南部・中国・台湾。生育地:暖地
樹形・冬芽  常緑高木、日本のガマズミ属では珍しい常緑樹
葉  対生、縁は全縁or波状鋸歯、表面=光沢、裏全体に腺点、葉柄は赤色
花・受粉 両性花。5数性。6月枝先に白色円錐状花序。受粉:虫媒(ハチ類、蝶類)下写真参照
果実・散布法 核果(鳥散布)秋に赤く熟す。「公園」でも実生苗を見かける。
サンゴジュハムシの食害と剪定時期
生活史: 卵で越冬--幼虫は新芽の頃に孵化--食害を始め5下-6中頃まで成長--土中でさなぎに--2-3週間で成虫へ羽化--再び葉を食害--秋に若枝に卵をまとめて産み--枝先で越冬する。秋~冬の間に枝先を刈り込むと駆除できる。(参考:HP「教えて!Goo」)
用途 用途: 防火・防風林(強排気ガス・強潮風)
参考図書  ・『樹に咲く花③』P460、城川四郎、2001、㈱山と渓谷社
・『野や庭の昆虫[』P313、中山周平、㈱小学館
・『昆虫の集まる花』P48「ガマズミ」、田中肇、㈱文一総合出版


開花したサンゴジュ
2011年、「雪の女王様」のように開花し、遠くからも目立つほどだった。たくさんの花が見られるのは隔年のようだ。撮影: 2011/06/15


。蜂がひっきりなしに訪花し、この時期、昆虫達の貴重な蜜源植物になっている。撮影: 2011/06/15


花を拡大すると、合弁花で両性花だと分かる。「多数の花が集まり、甲虫が止まれる平らな面をつくる」ガマズミ属の植物。撮影:2010.06.17


表面に光沢があり、厚い葉が特徴。
撮影: 2012/08/01

新葉
虫に食害されていないサンゴジュ
右写真で撮影:2013/04/19 
 
垣根:昔から火災の延焼防止に役立つ木として防火樹として知られ、垣根として利用されている。
区内19で撮影: 2013/04/19

果実
和名の由来は、果柄も果実も赤く、サンゴに似ているから。
撮影 :2012/08/30

サンゴの骨格
菅野会員が沖縄の海岸で拾い集めたもの。様々な模様がある。
撮影協力: 2012/09/12・菅野温子

珊瑚(サンゴ)の宝石
サンゴは女性のお守りとされる宝石で、様々に加工されている。
撮影協力: 2012/09/12・菅野温子
 
『『お月さんももいろ』
土佐の桃色珊瑚にまつわる悲話。
松谷 みよ子(文)・井口 文秀(絵)1982、©㈱ポプラ社の児童書。紹介:笹本恵子。撮影:2012/08/01

花で吸蜜するスジグロシロチョウ
花から花への移動が速く、蜜を吸うチョウの撮影は至難の業。高久氏には写真をご提供下さり、ありがたい。
撮影:2008.06.16・高久晴子 

キマダラセセリ
「親子観察会」でサンゴジュ周囲を飛び回っていたが、観察者の手袋に止まり、撮影できた。
撮影: 2008/06/15・佐藤康子
 
コガタスズメバチ
数種の蜂類がサンゴジュの花で蜜を吸う中にいた。小型でもやはり他の蜂に比べると大きい。
撮影: 2011/06/19

サンゴジュハムシの成虫
サンゴジュの他、ガマズミ、ニワトコの葉も、サンゴジュハムシの幼虫と成虫が食害するとのこと。
玉川上水縁で撮影:高久晴子氏 

サンゴジュハムシの幼虫
垣根の写真を撮りに行ったら別の垣根になっていた。所有者がハムシの食害で困り、交換したのだろうか。
玉川上水縁で撮影:高久晴子氏

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.