へ > 
ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/07/12・写真:他に明記なき場合筆者
シラカシ(ブナ科コナラ属)
ブナ科

FAGACEAE:ギリシャ「Phagin」語の食べるに由来

学名=属名+種形容語

Quercus myrsinaefolia Blume

属名の意味 (f) C語由来: ケルト語のquer「良質」)+ cuez 「材木」。
・男性名詞語尾(-us)の属名だが女性名詞扱いなので注意。
種形容語の意味 

形態由来: ヤブコウジ科のツルマンリョウ属、 myrsine + folia 「葉」

命名者  ・Carl Ludwig von Blume (1796-1862)
和名の由来  ・「材がアカガシにくらべ、白いことにから」『どんぐり大図鑑』P17
分布、生育地  国内:本(福島・新潟以西)・~沖縄。 国外:済州島。生育地: 山地。肥沃な湿潤な地
樹形・冬芽  常緑高木、高さ:20m、樹幹は通直。
葉 

互生。皮針(ひしん)形から長楕円状の狭卵形、先端:長く鋭く尖り、葉表:光沢ある濃緑色、裏:灰緑色。葉の寿命:およそ2年。乾燥に強く丈夫で、冬でも光合成を行う。

花・受粉 

雌雄同株。4下/5上に新枝の下部/前年の葉腋からでる短枝から雄花序が下垂する。
雌花序は新枝の上部の葉腋に直立する。花柱:3。受粉:風媒。

果実・散布 堅果:動物散布(ネズミ、リスなど)・鳥散布(カケスなど)。柱頭下の首とその下の肩の間がへこむのでアラカシのそれはへこまない。
用途 緑化樹: 防火樹・防風樹、屋敷林・社寺林として武蔵野台地に残っているのは防火・防音・      防風の機能があることによる。
材: 硬い・弾力あり・腐りにくいので建築材、家具材、鍬や鎌の柄。
      西日本の薪炭林はシイノキ林
その他: 椎茸の原木(シイタケはシイの木に出るキノコという意味)
恣意的に選んだ
日本産ブナ科22種の受粉方法・殻斗
などの違い
果実の熟期
1年生(成):11種
2年生(成):11種
 (含1.5年
殻斗
イガ状:1種
全包状:4種
鱗状:6種
横縞状:8種
トゲ状:3種
属名 亜属  受粉 殻斗  種名
クリ   虫媒 イガ クリ
ブナ   風媒 全包 ブナ、イヌブナ
 シイ   虫媒 全包 スダジイツブラジイ
マテバシイ   虫媒 マテバシイシリブカガシ(1.5年生)
コナラ
常緑性
アカ
ガシ 
風媒 横縞  アカガシ、アラカシ、イチイガシ、ウラジロガシ、
オキナワウラジロガシ、シラカシ、ツクバネガシ
ハナガガシ
コナラ
落葉性
コナラ 風媒    アベマキ(トゲ状ウバメガシ常緑
カシワ(トゲ状)、クヌギ(トゲ状)コナラ
ナラガシワミズナラ 
殻斗:例外は( )。コナラ亜属の内、ウバメガシのみ常緑。下線は2年生。例外は( )
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花①』P260、崎尾均、2000、㈱山と渓谷社
・HP「ゑれきてる」生原喜久雄:http://elekitel.jp/elekitel/index.htm
・『日本のどんぐり大図鑑』徳永桂子、2006、偕成社(P16~19)


屋敷林
武蔵野台地にある埼玉県三芳町立博物館では、旧農家を移築し、屋敷北側に高垣も復元され、見学できる。撮影:2010/03/27

シラカシの高垣
ここまで薄く、高く、四角く仕立てるにはかなりの技術が必要。
区内で撮影:2011/09/16

シラカシの高垣「かしぐね」
高く、薄く、四角く仕立てられた垣根。庭園前のアパートは垣根で隠している。区内の「角川庭園」で
撮影:2009/10/20


常緑高木で、葉が密につくので、防火・防風・防塵樹として利用されてきた。区内で撮影:2012/09/01

雄花
雄花が下垂している。高木なので、雌花を撮影するのは難しい。
画像提供:須永三紀夫氏

 堅果(どんぐり)
区内では一番見かけるどんぐりの木ではないだろうか。
撮影:2012/10/29

堅果(どんぐり)



撮影: 2012・11/18

堅果(どんぐり)
殻斗は横縞状
落下していたものを拾った。

撮影:2012/10/20

どんぐりコレクション:日本産シイ属(2種)、マテバシイ属(2種)、コナラ亜属(7種)、アカガシ亜属(8種)他2種、クリを除いた合計21種。
準備:吉田久美子

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.