へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/07/12・写真:他に明記なき場合筆者
ニワトコ(スイカズラ科ニワトコ属)レンプクソウ科AdoxaceaeP225
スイカズラ科 Caprifoliaceae
学名=属名+種形容語 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara:  subsp.= 亜種
属名の意味 (f) 古語由来: 古ギリシャ名でニワトコで作られた古楽器に由来。
・男性名詞語尾(-us)の属名だが女性名詞扱いなので注意。 
種形容語の意味  形態由来:  「総状花序をつけた」
命名者 ・ Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)  ミクエル。
原 寛 (1911-1986)。ミクエルも同様ページにあり。
和名の由来 不明
分布、生育地  国内: 本、四、九。国外: 朝鮮半島南部、中国。生育地: 山野の林縁
樹形・冬芽  落葉低木、高さ6m。樹皮:深く裂、色=黒灰色、質=コルク質。若枝=緑色。
冬芽:裸芽。6-10mmの長卵形、混芽(球形で花芽と葉芽が同居)と葉芽がある。葉痕=半円形、維管束痕=3-5コ。
葉  対生。奇数羽状複葉。葉身=8-30cmで、3-6対(奇数頂葉数えず)、小葉縁=規則正しい鋸歯、基部に腺点あり。
花・受粉 

両性花。5数性、4/中-下に新枝の先に白色の円錐花序をつける(直径3-5mmを多数)。
雄しべ=花筒に着生、5本。雌しべ=紫色で柱頭3裂。花柄には毛あり。

果実・種子散布法  核果、5下~6上月赤色に熟す。3-4mmの卵球形、タネ=2mm。虫媒花。鳥散布。発芽率良好
昆虫との関係  「春の観察会」では葉につくアブラムシ・それを食べるナミテントウの関係が解説された
用途 緑化樹:鳥散布で無料で入手可の落葉低木。白い円錐花序・赤い果実が魅力。
髄:   顕微鏡観察用の切片(プレパラート)
参考図書  ・『樹に咲く花離弁花③P480、城川四郎、2000、㈱山と渓谷社


樹形
落葉低木、円形の樹冠を形る
新宿御苑で撮影:2012/07/19

:白い小花を多数つける。雌しべが紫色になっている。
撮影:2010/04/11

花拡大
5数性。雌しべは紫色で、花頭は3裂
画像「福原のページ」©福原達人氏
奇数羽状複葉の葉
ハバチの食害を受ける株もかなりあるが、その後ちゃんと葉は元に戻っている。撮影:2012/07/02
 
果 実
卵球形で赤く熟す。観察していたらシジュウカラが数羽移動しながら食べて行った。撮影:2010/06/16

冬芽:特徴は先端の枝が枯れる(die-back)現象と、花と葉が混じる混芽。発芽は早く、春の到来を感じる。
撮影: 安藤 伸良氏

草から木へ変身する巧みな生活史:暗い環境では草状態で生活。
朝日新聞:2009/02/27の記事
(独)森林総合研究所が発表

早春の花芽:いよいよ春!
早春にこのような花芽を持つ。食べられそうだが微毒があるとか。
撮影:2011/03/10
 
西洋ニワトコの飲料:エルダーフラワーシロップとして知られる西洋ニワトコの花の飲料。日本のニワトコとは別種。カルディ(KALDI)で購入。甘い

食物連鎖: ニワトコ> アブラムシ>肉食性テントウムシ

ニワトコの冬芽とニワトコヒゲナガアブラムシ
撮影: 2010/02/07・安藤伸良氏

ニワトコの新芽とニワトコヒゲナガアブラムシ
:神田川沿いで撮影:2010/03/13・安藤伸良氏
 
マメアブラムシを捕食中のナミテントウの幼虫:武蔵野市で撮影:2012/05/04・安藤伸良氏

アブラムシを捕食中のナミテントウ:千川上水で撮影:
2010/04/13・安藤伸良氏

市街地の生態系ピラミッド
画像:©日本生態系協会
 ニワトコ>アブラムシ>ナミテントウ
  左図生態系ピラミッドでの位置

第二次消費者:ナミテントウ
(アブラムシを食べる肉食性動物)
第一次消費者:アブラムシ
(ニワトコを食べる草食性動物)
生産者: ニワトコ
  (植物)

このように生物は環境の中で、相互に関係しあって生きている。
多様な斑紋(もようのこと)を持つナミテントウは遺伝子の多様性を示す

画像:『大阪のテントウムシ
初宿成彦、©大阪自然史博物館

ナミテントウだけでも
「100通り以上のもようが知られており(表紙および裏表紙),大きくわけると「二紋型」「四紋型」「まだら型」「紅型」の4タイプに分けられます」。

いのちは支えあう生物多様性国家戦略2010』、環境省、P3。「ナミテントウの模様には、様々な種類があります。これはすべて遺伝子の違いによるものです」。「異なる遺伝子を持つことにより、環境の変化や病気の蔓延が起こっても、全滅する可能性が低くなります」。

多様な模様をもつナミテントウの
越冬集団
(模様は違っても皆同じナミテントウ):成虫越冬のナミテントウは集団で越冬することが知られている。様々なもようを見る絶好の機会だ。日頃から意識しないと撮れない写真!野川公園のトイレで撮影:2012/01/17高久晴子氏

軽くて加工しやすい髄: ニワトコの剪定枝で作る

ニワトコの剪定
低木だが5m程になるので、隔年頻度程度で冬に剪定する。
撮影: 2013/01/09

ニワトコ剪定枝
左写真で剪定した枝を持ち帰えり、下段写真のように削った。
撮影: 2013/01/13

剪定したニワトコ
茎は中心部に空気孔のある髄があるので、成長が速いと思われる。
撮影:2013/06/15

髄を削り出す(側面)
上写真の枝を上から下へ削る。一番下が髄。髄は乾燥させると軽くて、加工しやすくなる。撮影: 2013/01/13

髄を削り出す(断面)
上写真右から左へ削り、
最左が髄まで削ったもの。
撮影: 2013/01/13

ニワトコの茎の髄(乾燥したもの)の断面:「点々と褐色のタンニンの細胞が見られる」。[動物の食害を防ぐ役割があると言われている]。
画像「福原のページ」©福原達人氏 

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.