へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/06/29・写真:他に明記なき場合筆者
ネズミモチ  (モクセイ科イボタノキ属)
モクセイ科 Oleaceae。Olea =古名の「オリーブ」
学名 Ligustrum japonicum Thunb. (1780)
属名の意味 (n) 特性由来: ligare =「縛る」に由来。この木の枝で物を縛ったことに由来
種形容語の意味  地名由来:「日本の」
命名者  ツンベルグ:★本サイト植物学名命名者」へ。
和名の由来  果実が鼠のフンに似て+モチノキに似ていることによる
分布、生育地 国内:本(関東以西)~沖。 国外:朝鮮半島、中国、台湾。 生育地:暖地の山地。
樹形 常緑小高木。よく分枝し、高さ5m。
対生。楕円形、縁:全縁、革質、厚く、光沢がある。
花・受粉 両性花、6月頃、新枝の先に円錐花序を出し、白色の小さな筒状漏斗形、先が4裂し、裂先は半開する。雄しべ:2コ、雄しべと花柱は花筒から少し突き出る。 受粉:虫媒。花には芳香があり、ハチの仲間が訪花している。
果実・散布 液果(鳥散布)。
用途 緑化樹:公園樹、庭木、生垣として植栽されている。
主な違い:ネズミモチとトウネズミモチ(中国原産)特定外来生物
  学名 種形容語の意味  葉裏を透かすと 花期*
ネズミモチ L. japonicum  日本の 側脈が透けない 6月初旬
トウネズミモチ
特定外来生物
L. lucidum 強い光沢のある 側脈が透ける 6月下旬
トウネズミモチは、筆者の体験では、雪が降ると枝を折る個体が多い。「USDA」で米国の分布を見ると、南部(含南西・東部)なので、雪に弱いのもうなずける。
参考図書  『樹に咲く花・離弁花③』P282、崎尾 均、2000、㈱山と渓谷社
『野や庭の昆虫』P126、中山周平、2001、㈱小学館

ネズミモチ  

:「善公園」上池の本種は樹冠もほぼ球形で立派だ。撮影:2013/05/27

花:イボタ属だけあってイボタノキの花に似ている。撮影:2013・06・03

:全縁、革質、厚く、光沢がある。撮影:2013/06/24

果実: ネズミのフンに似ているかな。画像:「福原のページ」©福原達人氏

ネズミモチの花で吸蜜する:アオスジアゲハ。撮影:2009/06/01・高久晴子氏
 
ネズミモチの果実を食べるツグミ
撮影:2012/12/26・高久晴子氏

トウネズミモチ要注意外来生物
「訪花昆虫や果実食の鳥類への誘引力が強く、多数の種子が鳥により散布され容易に分布を拡大する」環境省

:ネズミモチより3週間位、開花が遅い。区内で撮影:2013/06/22

:撮影:2013・06・24
果実:多産で在来のネズミモチが負けるのが分かる量だ。撮影:2012/11/07 

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.