へ > 
最新更新日:2016/03/03・写真:他に明記なき場合筆者
ノイバラ(バラ科バラ属)
バラ科

Rosaceae: バラのラテン名、rosa に由来

学名=属名+種形容語 Rosa multiflora Thunb. (1784)
属名の意味 (f) 古名由来: ギリシャ語の rhdon 「バラ」、ケルト語の rhodd 「赤色」に由来
種形容語の意味  形態由来: 「たくさんの花をつけた」
命名者 Carl Peter Thunberg (1743-1828):ツンベルク
和名の由来 野生の棘のあるバラ。
分布、生育地  国内:北~九。  国外:朝鮮半島。
生育地:野原・草原・道端・河川敷など。日当たりのよい場所。 
樹形・冬芽  つる性落葉低木。高さ2m。茎はよく分枝し、直立する。冬芽: 鱗芽、三角状
葉  互生。奇数羽状複葉、小葉数:7-9、長:10cm。小葉:楕円形、細かい鋸歯あり、表面に艶がない。小さな棘・軟毛がある。托葉:葉柄に合着し、クシ状に切込
花・受粉 

両性花。5月、枝先の円錐花序に芳香ある白色の花を多数つける。花弁:5枚。
雄しべ:黄色、芳香があり、多数。雌しべ「萼筒の中に数個の子房があり、そこから1本ずつ花柱が出花床を抜け出したとき、花柱が1本にまとまって伸びます」(下図参照)。
(田中肇氏のメール2014/05/23)。受粉:ハチ類、ハナムグリ類など虫媒。

受粉、種子散布法  果実: 偽果で萼頭が液果状になったもの。バラ状果とも呼ばれる。秋に赤く熟す。空地で実生苗を見かけるので鳥が散布していると思われる。
用途 材:バラの園芸種の台木(耐寒性、耐病性、耐暑性、耐乾・湿性、伸長力があるため)
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花①』P552、石井英美、2000、㈱山と渓谷社
・『昆虫の集まる花』田中肇、P56、㈱文一総合出版
・『ノイバラと虫たち』文・写真:藤丸篤夫・イラスト:秋山亜由子、㈱福音館書店
・『バラの誕生』大場秀章、中公新書、1997、P56-57
・『オールドローズと現代バラの系譜』松崎みどり、2009、㈱誠文堂新光社、P9、186

ノイバラ  

花(1)
円錐状に芳香ある多数の白花が集まり、次々に咲く。丈夫で園芸種の台木になる魅力ある自生種
区内で撮影:2008/05/10

花(2)
多数の雄しべ、中央に雌しべの花頭が見える。(右図参照
区内「角川庭園」で撮影:
2013/05/06

雌しべのイメージ図筒の中に数個の子房があり、そこから1本ずつ花柱が出、花床を抜け出したとき花柱が1本にまとまって伸びる。
画像:
©田中 肇

奇数羽状複葉の葉:ノイバラは原種なので強健。葉が食害されることはあっても、いつのまにか回復している。区内で撮影:2012/09/12

果 実: ノイバラの魅力は赤い果実にもある。この果実を楽しみに鳥だけでなく来園者もいるほど。
区内で撮影:2008/01/25

ノイバラと虫たち』:文・写真:藤丸篤夫/イラスト:秋山亜由子©㈱福音館書店。訪花する昆虫の多さを写真・イラストで伝える児童書。
ノイバラと虫たち  

コアオハナムグリ:区内「角川庭園」で撮影:2013/05/06

ホソヒラタアブ:区内「角川庭園」で
撮影:2013/05/06
 
アシナガコガネ
区内で撮影:2013/05/08

                     園芸品種作りに貢献した代表的野生種
下2冊の本で取り上げられた代表的野生種:ブルーの背景色は、両本ではなく片本のみ。
『バラの誕生』大場秀章、P56-57でシェパード(R. E. Shepherd)が選んだとされる種
A 和名   原産国 学名             →学名登録年 種形容語の意味
1 ノイバラ Rosa multiflora Thunb.  1784   「たくさんの花をつけた」
2 テリハノイバラ Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crép. 1871  「ルシーの」 
3 ハマナス Rosa rugosa Thunb. 1784  「シワのある」
コウシンバラ  Rosa chinensis Jacq.  1768  「中国の」 
ロサ・オドラータ*   Rosa odorata (Andrews) Sweet  1818 「香りのよい」 
ロサ・フォエティダ 中近東 Rosa foetida Herrm.  1762 「悪臭のある」 
ロサ・ダマスケーナ* 中近東 Rosa damascena Mill   1768 「ダマスカスの」 
ロサ・モスカータ 中近東 Rosa moschata Mill.  1768 「ジャコウの香りのする」 
『オールドローズと現代バラの系譜』の「モダンローズにつながった野生種」P9
 和名 原産国   学名  年  種形容語の意味
1 ノイバラ Rosa multiflora Thunb.  1784  「たくさんの花をつけた」
2 テリハノイバラ Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crép. 1871  「ルシーの」 
3 コウシンバラ  **  Rosa chinensis Jacq.  1768  「中国の」 
4 ロサ・ギガンティア*** Rosa gigantea Collett ex Crép.   1888 「巨大な」  
5 ロサ・フェニキア** 中近東 Rosa phoenicea Boiss 1849 「フェニキアの」 
ロサ・フォエティダ 中近東 Rosa foetida Herrm.  1762 「悪臭のある」 
7 ロサ・モスカータ 中近東  Rosa moschata Mill.  1768 ジャコウジカの香りのする」 
8 ロサ・ガリカ*** 欧・中近東 Rosa gallica L.  1753 「フランスの」 
*ロサ・オドラータ:下参照
『オールドローズと現代バラの系譜』では、
*
ロサ・ダマスケーナは、**ロサ・フェニキア と ***ロサ・ガリカの自然交雑種としている。


バラの誕生』大場秀章
©中公新書
 
オールドローズと現代バラの系譜』
©㈱誠文堂新光社

ノイバラ:R. multiflora
強健・つる性・房咲き・白色・一重。区内で撮影:2013/05/07

テリハノイバラ(1)  R.luciae
強健・照葉・つる性:神代植物公園で撮影:2013/05/30

テリハノイバラ(2)  R.luciae
ノイバラより花は大型
神代植物公園で撮影:2013/05/30

テリハノイバラの托葉
幅が広く、縁に鋸歯かある。高尾で撮影:2013/05/24

ハマナス Rosa rugosa
強健・木立性・耐寒性。★画像「福原のページ」©福原達人

コウシンバラ:R. chinensis
四季咲き性・木立ち性
神代植物園で撮影:2013/05/01

ロサ・ギガンティア:R. gigantea
ティーの香り・剣弁
神代植物園で撮影:2013/05/01 
*ロサ・オドラータ:R.odorata
「USDA Plant Profile」によれば
Rosa
×odorata (Andrews) Sweet (pro sp.) [chinensis × gigantea]; tea rose;とされている。

『バラ図譜I』(1988㈱学習研究社)P184、大場秀章「ルドゥーテとバラの植物学」では、1808or1809、ヒューム卿が中国から入手したバラが「コウシンバラロサ・ギガンティアの雑種でロサ・オドラータ(Rosa x odorata)・・・英名でTea Rose と呼ばれるバラであり、これを片親に現代バラの主流の一つ、ハイブリッド・ティー・ローズがうみだされた」。

ロサ・ダマスケーナR. damascena
中近東:バラの代表的な芳醇な香り「ダマスク香」と呼ばれ、バラの香油が生産されている。
神代植物公園で撮影:2013/05/17

ロサ・ガリカ: R. gallica
欧州・中近東:紅色系統・一重。
強健・香料・薬用。
神代植物公園で撮影したロサ・ガリカ・オフィキナーリス:2011/05/17

ロサ・フェニキアR. phoenicea
中近東
:生育旺盛・白・一重。
神代植物園で撮影:2013/05/01
 
ロサ・フェテイダ: R. foetida
中近東黄色のバラの原種。神代植物園で撮影(花咲かず):2013/05/30

ロサ・モスカータ
R. moschata
中近東ムスク(丁子様)の香り
画像:ウイッキペディア

 散歩道のバラの垣根

野生種のナニワイバラ
区内で撮影:2013/04/22
 
一重のつる性垣根
Rosa Ballerina

区内で撮影:2012/05/27

 一重のつる性垣根
Rosa mulliganii

区内で撮影:2012/05/27

 ひな祭り
例年、実家のウメ(★本サイト)の花を飾りますが、2016年は、伊比晴美氏から 上段右端と同種の Rosa mulliganii の果実をいただいたので、お雛様 と共に飾りました。撮影: 2016/02/15 NEW

花は白で、一重のつる性の果実。

お雛様は四角い桐の板に絵付けしたもの
で、姉作。

 バラの果実は
Rosa mulliganii

葛もち
撮影:2016/02/15

手土産のちらし寿司
撮影:2016/03/02
 
苺をのせた葛もち
撮影:2016/03/02

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.