へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/06/10・写真:他に明記なき場合筆者
キンシバイオトギリソウ科オトギリソウ属):
オトギリソウ科 Hypericaceae
学名=属名+種形用語 Hypericum patulum Thunb. (1784)
属名の意味 (f) 形態由来:ギリシャ語の hypo 「下」 + erice「草むら」
種形容語の意味  形態由来: 「やや開出の」
命名者 ・ ツンベルグ: Carl Peter Thunberg: ★本サイトの「植物学名命名者に詳細あり。
和名の由来 ・漢名の「金糸梅」から。
分布、生育地  国内:、江戸時代、1760年に渡来した記録がある。寒冷地を除いた各地で庭木、公園樹として植えられいる。原産国:中国中南部。
樹形 1mほどの常緑、または、半常緑の低木。枝先は横向き。
葉  葉は対生、長さ 2-4cmの卵状長楕円形、裏面には腺点がある。
花・受粉 

両性花。6月初旬頃、枝先に直径3-4cmのカップ状の黄色の花をつける。雄しべは多数で、約60コずつ5束になっている。柱頭は5裂。受粉:虫媒花

果実・散布 蒴果で種子は多数。、
用途 緑化樹:常緑低木、丈夫で耐強剪定、病害虫に強く、花が美しいことから庭木、公園樹。園芸種の大輪金糸梅は切花として使われる。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P166、石井英美、2000、㈱山と渓谷社

キンシバイ(金糸梅) :学名: Hypericum patulum Thunb. 

花弁(5枚)はCup 状で開平しない。区内で撮影:2016/05/28

雌しべ柱頭は5裂
区内で撮影:2016/05/28

多数の雄しべ5束になっている。
区内で撮影:2016/06/08

アリが来ていた。どこかに蜜?
区内で撮影:2016/06/08

丈夫な低木
区内で撮影:2016/06/08

 葉:二列対生
区内で撮影:2016/06/08

類似品種: 主な違いと類似点: 区内で撮影 
 ヒペリカム・ヒドコート(タイリンキンシバイ:大輪金糸梅)
学名: Hypericum patulum cv. Hidcote 
(wiki.)

大輪、花弁(5枚)が開平する。園芸品種。撮影:2016/05/28

開花後、数日経ると、5束の雄しべが明瞭になる。アリが来ていた。
 
葉:十字対生が多い。
左写真も撮影:2016/06/08

萎れてくると、花弁が捻じれてトモエソウみたい。左巻き?16/06/08

低 木 
撮影:2016/05/30
 
葉:十字対生が多い。
撮影:2016/05/30
  ビヨウヤナギ(中国原産): 学名: Hypericum monogynum L. 

花弁は5枚。雄しべが長い
撮影: 2016/05/28

雄しべの束が落ちるときは、束ごとに落ちている。撮影:2016/06/10

葉:十字対生
左写真も撮影: 2016/06/08

多数の雄しべと中央に雌しべ
撮影: 2016/05/29

 低 木
撮影: 2016/05/30
 
葉:十字対生
撮影: 2016/05/30
    ヒペリカム・カリシナム: 学名: Hypericum calycinum L.

花弁は5枚。グランドカバーに使われている。撮影:2016/06/11

小低木:観察木は高さ30cm程
撮影:2016/06/05

葉:十字対生。枝は地面に横たわる感じ。撮影:2016/06/08

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.