へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/04/05・写真:他に明記なき場合筆者
ビワ (バラ科ビワ属):
生態系被害防止外来種
(産業管理外来種-178)環境省::閲覧:2016/04/05
バラ科 Rosaceae 
学名 Eriobotrya japonica (Thunb.) Lindl.
属名の意味 (f) 形態由来: erion 「毛」+botrys 「葡萄」
種形容語の意味  地名由来: 「日本の」
命名者   Carl Peter Thunberg (1743-1828):ツンベルグ。詳細はここJohn Lindley (1799 –1865) 英国の植物学者、園芸家、蘭研究家
和名の由来  漢名の枇杷の音読み、・果実の形が琵琶に似ていることから。
分布、生育地 中国からの渡来説もあるが大分、山口、福井県などで野生が確認されている。生育地:石灰岩地。暖地で果樹として栽培されている。
樹形 常緑高木で、高さ6-10m、樹形は丸い
互生。葉長:15-20cmで細長い倒卵形。革質、光沢。裏面:褐色の毛が密生。縁:中上半分に粗い鋸歯、葉先:鋭頭。
・受粉 両性花11~2月頃、枝先に白い10-20cmの円錐花序を100前後つける。花には、強い芳香がある。萼片(軟毛)/花弁:各5コ。受粉:虫媒(アブ・ハエ類など)・鳥媒(メジロ、ヒヨドリなど)。
果実・散布
果実(ナシ状果):5-6月頃、楕円状球形(琵琶形)で黄橙色に熟し、中に大きな褐色の種子がある。果頂には萼片が残る。
用途  緑化樹:公園樹、庭園樹。: 堅く、美木目の特徴があり、クシ、印、木刀、杖など。食用:果実を生食、缶詰、果実酒。葉をビワ茶(クロロゲン酸とアミグダリンが高血圧予防、動脈硬化予防、ガン予防などに効用があるとされている)。
参考図書  『樹に咲く花・離弁花①』P656、石井英美、2000、㈱山と渓谷社。
★サイト:出典:環境省>自然環境局>外来生物法: 「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」(生態系被害防止外来種リスト)。ビワは、同リストに記載されている「生態系被害防止外来種-産業管理178」サイト閲覧:2016/04/05


花序:鳥にとって効果的な、1)枝先の花序に多数の花→大きな花に見せる、2)強い芳香。他特徴:時期をずらした長い花期。区内で撮影:2014/11/24

花(1):中心部は雄しべでおおわれ、中に短い雌しべがあり、さらに奥に蜜腺があると思われる。(右写真参照)区内で撮影:2014/11/24
 
花(2):花の断面:画像:★HP「福原のページ」©福原達人

萼:毛におおわれている。区内で撮影:2014/11/24

:早成長で、狭い場所には植えてはいけない。区内で撮影:2014/12/30 
 
:革質、表面には光沢がある。区内で撮影:2014/06/30
:細長い:区内で撮影:2014/06/30 
 果実(1):アリが来ていた。区内で撮影:2014/06/30
 
 果実(2):「果頂には萼片が残る」。区内で撮影:2014/06/30

ビワの花の受粉者たち
 ビワの花: 2014/11/23に杉並区柿木図書館へマメガキの果実の写真を撮りに出かけた際、図書館近くの旧農家の庭からよい香りがした。樹下でなくとも感じるほどの強い香りの主はビワの花だった。鳥媒花の花は赤系統の色が多いいとされるが、白いビワの花でも強い香りに誘因されて飛来するのだろうか?
 受粉: 1)自家受粉、2)ハエ、アブなどの昆虫(花粉目当のようだが、どうだろう?)、3)メジロ、ヒヨドリなど。ビワの花は円錐花序なので、鳥は小枝や、堅いビワの葉に足をかけ、枝先の円錐花序の一つの花に嘴を差し込み、そのときに、鳥の嘴に花粉がつく仕組みのようだ。
都会の鳥媒花と利用している鳥: ウメ、サクラの仲間の一部、サザンカ、ツバキ、ビワにメジロを見てきた。メジロが来ていれば、ヒヨドリも来る、その逆もあるようだ。1)と2)については千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部、★「まちの緑と園芸の相談Q&A」3)については、下写真を参照。

ビワの花とメジロ(1)寒い季節に咲くビワの花の受粉に貢献している。撮影:2013/03/01高久晴子氏 

ビワの花とメジロ(2)メジロが集団で来ていた。区内で撮影:2014/12/30

ビワの花とメジロ(3)外から見えない花を移動していたが、ようやく前方の花に来てくれた。区内で撮影:2014/12/30
ビワの花とメジロ(1)簡易カメラの望遠機能なのでこれが限度。区内で撮影:2014/12/30
ビワの花とヒヨドリ(1) ヒヨドリが吸蜜している。見難いので入替予定。区内で:2014/11/29 

ビワの花とヒヨドリ(2)左の写真がボケているので、顔を上げた写真を掲載。区内で:2014/11/29 
ビワの花とホソヒラタアブ:ビワは高い枝の先で咲くので、虫の撮影は難しい。井の頭公園で撮影:2014/11/27高久晴子氏
ホソヒラタアブ:6月に撮影した本種と思われる個体。雄だろうか?(花はアジサイ)。区内で撮影:2011/06/11 
NEW:左端の写真のホソヒラタアブ低温期に見られる黒化型?
浅野井律子氏から「低温期に見られる黒化型」ではないか?との情報をいただいた。黒と黄色の横縞模様の腹部の背中に縦の黒い線が入るのが特徴とのこと。冬季に見られる。
ホソヒラタアブは成虫越冬なので、天気の良い日に、冬に咲く花を探せば「低温期に見られる黒化型」のそれが見つかるかもしれない。
ビワの果実酒 & ビワの葉茶

ビワ酒:実家の庭(早成長で今はない)の小さい果実でもOK。一番左側のビンがビワ。香り高い果実酒で有名。撮影:2008/06/22

鹿児島県の★「ねじめびわ茶を通販で購入した。村興しのビワ茶だとか。撮影: 2014/11/27
ビワの葉茶: 撮影: 2014/11/30

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.