へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/04/27・写真:他に明記なき場合筆者
フジ(マメ科フジ属)
マメ科

Fabaceae

学名 Wisteria floribunda (Willd.) DC. (1825)
属名の意味 (f) 人名由来: Caspar Wistar (1761–1818) アメリカの解剖学者へ献名された
種形容語の意味  形態由来: 「花の多い」。
命名者 Carl Ludwig von Willdenow (1765-1812) :ドイツの植物学者。植物地理学の研究者。
Augustin Pyramus de Candolle: 本サイト植物学名命名者」へ。
和名の由来 フキチリ(風散)からとされるなど。
分布、生育地  国内:本、四、九(日本固有種)。
樹形・冬芽  つる性落葉木本。
葉  互生。奇数羽状複葉、小葉は5-9対、長楕円形、全縁。
花・受粉  両性花。花期:4下/5上、枝先に総状花序を下垂、紫色の蝶形花は2cm程。受粉:虫媒:花期にはキムネクマバチ等が訪花している。
果実・散布法  豆果で長さ10-20cm。10-12月に熟して乾燥すと2裂してねじれ、タネを飛ばす自発散布。
昆虫との関係  花を食べる:ウラギンシジミ、ルリシジミ。葉を食べる:アカスジキンカメムシ。花の蜜を吸う昆虫:ハチ類。
用途 緑化樹: 。藤棚として公園樹。
参考図書  『樹に咲く花・離弁花②』P94、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社。
『野や庭の昆虫』P116、中山周平、㈱小学館


上池のフジ棚:通年、5月の連休前半に開花するが、年々早くなっている。花期:4下・撮影:鳥川 豊

:上部に蜜標(黄色)のある旗弁、下部に雄しべや雌しべが入っている竜骨弁(濃紫色)に包まれている。区内で撮影:2013/04/23
:奇数羽状複葉、小葉は5-9対、長楕円形、全縁で、先は尖る。区内で撮影:2013/04/23

豆果の果実:神代植物公園で撮影:2013/05/30 

 ねじれた果実のサヤ:サヤがねじれてタネを飛ばす。撮影:2013/11/25

タネ:碁石みたい。武蔵野市で撮影:安藤伸良 

4月の花札:藤に不如帰(ホトトギス):花札は日本骨牌製造合資会社(任天堂の前進)昭和2年製造。市村氏コレクションから許可を得て撮影:2013/05/14

キムネクマバチ:下部の竜骨弁を開き中にある蜜を吸う動作をすると、体に花粉がつく。力のあるハチは遠くに花粉を運んでくれるお客様だが、盗蜜もするらしい。撮影:2010/05/01・高久晴子氏

ウラギンシジミの雌
:フジの花芽に産卵するウラギンシジミの雌。撮影:高久晴子氏 
ルリシジミの食草はフジの花・クズの花など

ルリシジミの幼虫:フジの花で撮影。幼虫はクズやフジの花を食べて育つ。
三鷹市で撮影:高久晴子氏

ルリシジミの幼虫(フジの花で):フジの花と同じ色をした隠ぺい色を持っているようだ。三鷹市で撮影:高久晴子氏

ルリシジミ成虫(雌):区内でも記録されているが、撮影が難しい。三鷹市で撮影:2007.06.05・高久晴子氏 

街角の建築物を彩るフジ(杉並区桃井2-24)聖心保育園)(2015/04/23)
フジはバラのように棘がないので、もっと利用されてもいいと思うのだが、重くなるのだろうか?

壁面で咲くフジの花(1):英国では見かけるらしいが、日本でもあるのですね。撮影:2015/04/23

壁面で咲くフジの花(2):それにしても、電線がなければね。都はオリンピックまでに地中下にするというが。。。杉並区まではどうかな。撮影:2015/04/23

壁面で咲くフジの花(3)左の建物の、南隣の建物。フジは学名の属名がウイステリアで英語でも同じ。(★本頁上の学名参照)。撮影:2015/04/23

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.