へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/09/27・写真:他に明記なき場合筆者
ハンゲショウ(ドクダミ科ハンゲショウ属)草本
同じドクダミ科のドクダミは本頁下部ここ。 
ドクダミ科

Saururaceae: 

学名=属名+種形容語 Saururus chinensis (Lour.) Baill. (1871);
属名の意味 (m) 形態由来: sauros 「トカゲ」+ourua 「尾」=花の形がトカゲの尾に似ていることに因む。
種形容語の意味  地名由来: 「中国の」
命名者 ・Henri Ernest Baillon (1827-1895) フランスの植物学者で多くの足跡を残した
和名の由来 ・半夏生:夏至から数えて11日目(7/2)の頃に花が咲くので。
・半化粧:花が咲く頃、上部の葉の一部が白くなることから。
分布 国内:本~九、南千島。
生育地: 低湿地
*2
武蔵野三大湧水池の植物: 三宝寺池(石神井公園)、善福寺池(善福寺公園)、井の頭池の代表的「湿生植物」の一種だった。その内、三宝寺池沼沢植物群落は1935年、国の天然記念物に指定された。地元の地史を担う植物。 
多年草(落葉) 高さ60~100cm。根茎を地中に引いて繁殖。全草に一種の臭いがある。
葉 

互生。葉は長卵形、6月頃、上部の葉2-3葉の表面が白く変色するが、花が終わるころ、再び緑色になる。

花・受粉:*1

両性花。6-7月、「淡黄色のおしべ6コと雌しべ1コだけの花は直径3mmほど」。「花弁がなく、雄しべと雌しべだけの花は、先がたれた細長い穂に100コ以上つく。。。。蜜はないが、ハナアブの仲間やハムシなどが花粉を食べにくる」。「昆虫たちが止まりやすい穂の最も高い場所には、常に花粉の多い新鮮な花が咲いている」。受粉:虫媒

果実・散布 蒴果?散布法:不明。
参考図書  *1:『昆虫の集まる花』P63、田中 肇、㈱文一総合出版
*2:『石神井・善福寺公園』P26・37、佐藤保雄、㈱郷学舎、1981

 
水辺のエコトーン(移行帯):水域・陸域へ移行する環境 
水辺のエコトーンハンゲショウ)
 
左図では、陸域の水際に近い場所に生育する「湿生植物」。
画像:©国土交通省関東地方整備局 

ハンゲショウ:白い葉と花
白い葉は花弁の役割をして、小さい昆虫を呼んでいるらしい。
区内で撮影:2013/06/17

(1)
雄しべからはまだ花粉が出ていないようだ。花柱が裂けている。
画像「福原のページ」©福原達人氏

花(2)new
下写真の花の部分。昆虫が訪花する頃は花粉がでている。
撮影:2011/07/02

花と昆虫
花粉をたべに来たマメコガネだろうか。区内で撮影:2008/07/20

ササクモ?とマメコガネ:これ以上大きくできない。ご容赦。
入替予定
花と昆虫 new
ルリマルノミハムシがきていた。
区内で撮影:2011/07/02

   「半夏生にはタコを食べよう!

CMソングまで流して宣伝していた。2割引に魅かれて購入したのが右写真。撮影:2013/06/29

タイトルはスーパーの折込の言葉で、この年、2013/07/2までは2割引き。撮影:2013/06/29
夏至から数えて11日目を半夏生といい、この頃までに農家では田植えを終える習慣がある。(wiki.)
スーパーの折込文「豊作祈願のために稲作の苗がしっかり根付く(吸いつく)ようにタコを食べる風習」がある
筆者は半夏生の頃に都郊外の友人を訪ねた際、田んぼの水が抜かれていた。友人曰く「田植後、苗がしっかり根を張るため」。このことから、タコの足のように根が太く、根の数が増えることを願って、タコを食べる習慣となったのではないか。

ハンゲショウの葉の変化: 花嫁衣裳から普段着へ  NEW
ハンゲショウの葉の白化現象は受粉を助ける昆虫にアピールするためと一般に言われています。それを調べた論文がありました。『つくば生物ジャーナル』山内綾香、「ハンゲショウの葉の白化現象が光合成に与える影響」
(C)2004 筑波大学生物学類:  葉の白化現象は、
 花序近くの葉で起こる傾向にあり、花序の出現時期と葉の白化現象の始まりはほぼ一致している。
 白化現象を起こす葉の割合は葉群全体の約0.4%に過ぎず、群落単位では葉の白化現象による光合成による物質生産量の減少はほとんど見られないことが明らかとなった。
 白化現象が有性生殖と強く関係している可能性が示唆された。

白無垢の花嫁衣裳
花穂が垂れている。白い葉は花序の近く。
区内で撮影:2014/06/20

子育中
果穂が立つ頃。下部の果穂から色が変色している。
新宿御苑で撮影:2012/07/19

普段着に戻った葉。果穂がすべて褐色に変わり、果実が成熟する頃、葉は緑に戻る。
区内で撮影:2014/09/23

 ドクダミ(ドクダミ科ドクダミ属)、学名:Houttuynia cordata Thunb. 
属名:オランダの自然科学者、Martin Houttuyn (1720-1798)に献名された、種形容語:「心臓形の」の意味。
生薬名:重薬(十薬)、「日本三大民間薬:ゲンノショウコ、センブリ、ドクダミ

群落
空地が少なくなり、大群落をあまり見かけなくなった。
区内で撮影:2014/06/04

花(1)
「これで1個の花全体です。花柱は3本で、単為生殖します」。
©田中 肇氏

花(2):白い花弁に見えるのは総苞片と呼ばれる葉の変形。その上の花序には雌しべと雄しべだけの花が多数集まる。区内で撮影:2014/06/14
   Q & A: Aは田中 肇氏
Q:単為生殖で受粉の必要がないのならば、なぜ総苞片を白くして目立たせているのでしょうか?かなりのコストだと思うのですが。。。。(筆者)
---
A:まさに、そのとおりですが、苞を発現せよという遺伝子が残っているのでできてしまうのです。
セイヨウタンポポ、ヒメジョオン、ヒガンバナ等々花を飾らなくても繁殖できる植物たちも花びらに資源を注ぎ込んでいます(田中 肇氏)。 

小さなハエの仲間:たまたまなのか、それとも花粉をなめに来ていたのか。区内で撮影:2014/06/18 
 
左写真の拡大(ボケはご容赦)
区内で撮影:2014/06/18 

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.