へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/08/09・写真:他に明記なき場合筆者
ムクゲ(アオイ科フヨウ属)外来種
アオイ科

Malvaceae

学名 Hibiscus syriacus L. (1753)
属名の意味 (m) 古名由来: 大きなゼニアオイ属につけられた古代ギリシャ語・ラテン語名。
種形容語の意味  地名由来: 「シリアの」だが、原産地はインドや中国といわれている。
命名者 リンネ:左の青地をクリックすると、本HP「植物学名命名者」へジャンプ。
和名の由来 ・漢名の「木槿」からとする説。・国名の「無窮花」(ムグンファ)からとする説など
分布、生育地  中国原産説と原産地不明説がある。国内では各地で栽培されている。
樹形  落葉低木。高31~4m。
葉 

互生。3本脈が目立、粗い鋸歯、浅く3裂するものあり。星状毛・曲がった短毛が密生

花・受粉

両性花。7-9月、本年枝の葉腋に花をつける。花弁:5枚。韓国の国花として知られ、多くの園芸品種があり、八重咲もある。 受粉:虫媒

果実・散布 蒴果(風散布)。卵形で星状毛が密生。秋に熟すと5裂。種子は腎臓形で長毛がある。
用途 緑化樹:庭木、公園樹(夏の暑い期間、花を次々つけ、丈夫で管理しやすい)。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P546~、石井英美、2000、㈱山と渓谷社
・『ムクゲの受粉生態』田中 肇、日本花粉学会誌:50(2):P109-112:2004

ムクゲ

ムクゲの樹:フヨウと比べると、夕方でも咲いている。一日花ではないようだ。区内で撮影:213/09/02

: 区内で撮影:2013/09/03
葉: 区内で撮影:2013/06/25 

付け根にハチ?が頭を突っ込んでいた。区内で撮影:2013/07/07 

花弁と花弁の間に細長い舟形の隙間*があり、昆虫はここから口吻を使って蓄えられた蜜を吸うのだそうだ。区内で撮影:2013/09/02

萼筒内の蜜*:左写真の萼筒を取り除くとアリが蜜を吸っていた。撮影:左に同じ。

吸蜜するオオスカシバ: 文京区で撮影・©田中 肇氏 new
ムクゲの受粉生態田中 肇、日本花粉学会誌:50(2):P109-112:2004で発表された写真の一部をご提供下さいました。
観察条件: 身近にあるムクゲの花を1日、9:17~17:30まで、3時間12分、内部が観察できる 30 花を対象に観察された。
観察内容: 1)時間別に訪花した昆虫の種名、2)その回数、3) その花粉粒数の確認(花柱へ花粉を送粉したか確認のため)。
その結果: 「
受粉に関与したのはハキリバチの一種とオオスカシバであった」。オオスカシバ柱頭上に残された花粉粒のオオスカシバは、訪花頻度が高く、形態や訪花時の行動からもこの花の送粉に大きく貢献していると考えられる」。
田中 肇氏は身近な植物を地道に観察し続けて、論文を書き続けている。 

モミジアオイ:学名:Hibiscus coccineus Walter:種形容語の意味は「紅色の」 

花:区内で撮影:2013/09/03

花の萼筒部:区内で撮影:2013/09/02 

萼筒内の蜜: 左写真の萼筒を取り除いて撮影。撮影日:同左

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.