へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/02/10・写真:他に明記なき場合筆者
マメガキ(カキノキ科カキノキ属)外来種
カキノキ科

Ebenaceae

学名=属名+種形容語 Diospyros lotus L. (1753)
属名の意味  特性由来: ギリシャ語の Dios 「神聖な)」 + pyros 「小麦」 >食用になる食物をさす
種形容語の意味  古名由来: 古G語のlotos 「ハスの」
命名者 リンネ
和名の由来 小さい果実のなるカキノキなので。
分布  国外:中国、インド、小アジア・欧州南部原産。日本では柿渋をとるため中国から導入したとされ、各地で植栽されている。
樹形・樹皮  落緑高木、高さ10-12m。樹皮:暗灰色、不規則に浅く裂ける
葉  互生、楕円形~長楕円形、裏面に軟毛がある。
花・受粉  雌雄異株。6月頃に釣鐘型の花をつける。上部は4裂して反返る。雄花は濃桃色。
果実・種子散布法  液果(鳥散布):小さな球形で秋に黄~橙色に熟す。霜が降りると黒くなり食べられる。
用途 緑化樹:庭木、盆栽。 その他: 建築材、器具材、
柿 渋:防水、防腐剤として傘、渋紙、木塀の塗装、染色などに使用(下写真参照
柿木町:杉並区柿木図書館前の看板から 「この地は昔から柿木といわれ、図書館の名も由緒ある地名をとったものです。。。昔は緑色の実の汁から渋をとったり、接ぎ木の親木として利用するため庭先などに植えたものです。。。。このマメガキは柿木図書館のシンボルとしてふさわしく、いつまでも大きく育ってもらいたいものです」
参考図書  ・『樹に咲く花③』P188、石井英美、2001、㈱山と渓谷社


マメガキの樹名板 
都薬用植物園で撮影:
2013/11/13

マメガキの花:高木でボケ写真ご容赦。 杉並区立柿木図書館で撮影:2014/05/17 new

樹皮
杉並区立柿木図書館で撮影:
2013/11/23

 カキノキ食堂の鳥たち NEW 2015/02/10
他に明記ない場合、武蔵野市で撮影:2014/晩秋・高久晴子氏。

果実:都薬用植物園で:13/11/13

メジロ

ヒヨドリ

ツグミ 

アオゲラ
 
オナガ

ムクドリ 

ワカケホンセイインコ

アカハラ:武蔵野市で
撮影:2009/晩秋・高久晴子氏

杉並区の旧町名、柿木町

柿木図書館前のマメガキ
図書館の入口にはマメガキの大樹がある。
撮影:2013/11/23

杉並区立柿木図書館立て看板
この地は昔から柿木といわれ、図書館の名も由緒ある地名をとったものです」。撮影:2013/11/23 

 杉並区上井草の旧町名

古い「柿木町」の表札をつけた家で
撮影:2013/11/23  
 図書館前のマメガキは雌木&善福寺公園の保留カキノキはリュウキュウマメガキか?

柿木図書館前「まめがき
の看板
撮影:2014/11/23 
 左看板:「昔は緑色の実の汁からをとったり接木の親木としても利用するために庭先などに植えました。今は渋を使わなくなったので、見うけられなくなり珍しい木となりました。このマメガキは図書館のシンボルとしてふさわしく、いつまでも大きく育ってもらいたいものです」。
 同木は中村淳子氏から果実がついているので「雌木」と教えていただきました。ご連絡に感謝します。筆者も確認しました。

リュウキュウマメガキか?
善福寺公園で撮影:2014/11/24 
柿渋    2014/11/22
柿渋とは:「渋柿の未熟な果実を粉砕、圧搾して得られた汁液を発酵・熟成させて得られる、赤褐色で半透明の液体。柿タンニンを多量に含み、平安時代より様々な用途に用いられて来た日本固有の材料」(wiki)。
柿渋の作り方: ★参考図書: 農文協月間『現代農業(2014/08号)』
茶箱: 葉茶を詰めて貯え、また、輸送するのに用いる大箱。湿気を防ぐため、内外を紙張りにして渋を引き、時には内側に錫をはる」(広辞苑)。実家の押入れ下段には茶箱が置かれ、中に冬物コート類がナフタリンとともに保管されていた。筆者も、低い茶箱を数箱持っている。収納兼、テーブルなどとして今でも便利に使っている。
柿渋茶箱: 「杉材の内側にトタンが隙間なく張られ、外側には柿渋が塗られた茶箱は防湿・防腐性に優れている。同時に、防虫、防臭効果が高いうえに丈夫さも備え、多彩なものの収納に便利」★下右写真参照
サイズ単位:cm(背高)52、(背低)28。 幅:67.6×奥行:43.3

柿渋が塗られた酒袋をリメイクして作られたバック(1)
茶色のグラデ-ションに味わいがある。骨董市で購入した菅野温子氏コレクションを撮影:2013/11/25

左のバックの表(2)
酒袋は強度・耐久性・通気性に優れているのでバックに向いている。
菅野温子氏コレクションを
撮影:2013/11/25 

柿渋が塗られた茶箱(杉材)
サイドテーブルとして使用している。菊は小板橋氏が今川区民農園で育てたのをいただいた。
撮影:2014/11/21 

 > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.