へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/05/10・写真:他に明記なき場合筆者
マユミ(ニシキギ科ニシキギ属)
ニシキギ科

Celastraceae

学名=属名+種形容語

Euonymus sieboldianus Blume (1827)

属名の意味 (m) 古名由来: 古ギリシャ名 eu 「良い」 + onoma 「名」=「良い評判」
種形容語の意味  人名由来: 「シーボルトの」。★本サイト「植物学名命名者を参照下さい。
命名者 ・Carl Ludwig von Blume (1796-1862)。★本サイト「植物学名命名者を参照下さい。 
和名の由来 材質が強い上によくしなる為、古来より弓の材料
分布、生育地 

国内:北・本・四・九・沖。国外:サハリン・朝鮮半島南部。生育地:丘陵~山地の林縁

樹形・冬芽  落葉低木で、条件によっては3mにもなる。老木は網状の筋が入る、若枝は緑。
葉  対生、、縁は細鋸歯、両面無毛、紅葉が美しい
花・受粉  不完全雌雄異株、集散花序、花期は5月。花弁4、、雄しべ4、雌しべ1。花柱は2タイプ、1)  雌しべ長い・雄しべ短いタイプ、2)雌しべ短い・雄しべ長いタイプ。
受粉: 花盤を持つ虫媒花で、ハエ・アブのの仲間が蜜を吸いやすい形態を持つ。
果実・散布法  果実は蒴果で仮種皮に包まれた四角形の多肉果。晩秋に熟し、4裂すると赤い仮 種子が顔を出す。発芽率が良く、植栽していないのに発芽してくるタイプ。鳥散布。
用途 緑化樹:美しい赤い果実・紅葉するので、公園樹、庭木、盆栽に仕立てる
材:   緻密(白く・硬い)、柔軟性があることから、古くには弓にしたとされた。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P94、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社


雌花タイプ
雌しべ長い・雄しべが短いタイプ。 ★画像:福原のページ©福原達人

雄花タイプ
雌しべ短い・雄しべ長いタイプ
★画像:福原のページ©福原達人

両性花?
雄株だと思っていると、果実を付ける株を見かける。2010/05/08

紅葉:明るい場所の本種は美しく紅葉した。しかし、日陰のそれは緑色で、常緑状態。撮影:2010/11/24

果実
この年も驚くほど果実がついた。
撮影:2011/11/30

マユミの冬芽


落葉低木。古木になると樹皮は網目状の白い筋が入る。
区内で撮影:2013/04/11

雌花の花盤で吸蜜するアリ
花盤は杯状で、そこに蜜が満ちている。地味な花だが、お客様を引き寄せる巧妙な工夫をしている。
玉川上水(三鷹市)で
撮影:2009/05/04・©高久晴子氏

花盤で吸蜜するナナホシテントウ
「アブラムシを食べる」との固定観念があるが、蜜も吸う貴重な写真。アブラムシがいないことを確認されたとのこと。玉川上水(三鷹市)で
撮影:2009/05/04・©高久晴子氏 
キバラヘリカメムシ:ニシキギ科のツルウメモドキ、ツリバナ、マユミの葉上で見られることがある。

ツルウメモドキの葉上で
:左幼虫・右成虫。
画像:©横川伸由氏

成虫:マユミの若い果実にぶるさがる成虫。野川公園で撮影:2009/09/24©安藤伸良氏
 
成虫: 和名の由来となった腹が鮮やかな黄色。(植物は多分クズと思われる)。画像:©高久晴子氏

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.