へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/01/27・写真:他に明記なき場合筆者
メギ(メギ科メギ属)
メギ科 Berberidaceae
学名

Berberis thunbergii DC.

属名の意味 (f)

地方語名: この植物の果実についたアラビヤ名に由来する。

種形容語の意味  人名由来: ツンベルグ氏の:氏へ献名された
命名者 ドゥ・カンドル: ★本サイト「学名の命名者」に詳細あり。
Carl Peter Thunberg (1743-1828)。上と同頁に情報があります。
和名の由来 目木:折った枝などの煎じ液で目を洗ったことから。別名「コトリノボラズ」(鋭い棘があるので小鳥も登らないから)。枝、幹、根にはアルカロイドのベルベリンを含む。
分布、生育地 

国内:本(東北南部以南)・四・九。日本固有。 山地、丘陵の林縁。

樹形 

落葉低木、2m程。樹皮:溝や稜が目立つ。枝に葉が退化した鋭い棘がある。

葉 

互生、主に短枝に集まってつく。、倒卵形~楕円形

花・受粉 

両性花、短枝の先に小さい黄色い花を下向きに4月頃つける。花弁・顎片・雄しべは三数性で、それぞれ6コ。花弁の基部に黄色蜜腺が2コある。 受粉:虫媒花。昆虫が(密に)触れると、(雄しべは)内側に曲がる。

種子散布法  果実は赤い楕円形の液果で秋に熟す。先端に花柱が残る。鳥散布
用途

緑化樹:公園樹、庭木。葉が冬に紅葉し、果実も赤くなり、棘が鋭い。低木で、枝が密、剪定に耐えるので、垣根にするとのことだが、棘が鋭く剪定中に手をけがした人もいた。 材:黄色いので、寄木細工、薬用:アルカロイドのベルベリンを含むので。

参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P1360、太田和夫、2000、㈱山と渓谷社
このページのTOP

:低木、強剪定に耐えるので生垣にされる。撮影・2013/05/27

花(1):花弁・顎片・雄しべは三数性で、それぞれ6コ、花弁の基部に黄色の蜜腺が2コある。撮影:2011/04/17・安藤伸良氏

花(2):短枝の先に小さい黄色い花を下向きにつける。撮影:2011/04/17・安藤伸良氏

紅葉と鋭い棘:撮影・2011/01/23

:灰白色で縦に不規則に割れる:撮影・2014/01/27

果実:液果で先端に花柱が残る。撮影・2014/01/27

 > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.