へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2013/11/09・写真:他に明記なき場合筆者
モチノキ(モチノキ科モチノキ属)
モチノキ科

Aquifoliaceae

学名=属名+種形容語

Ilex integra Thunb. (1784)

属名の意味 

(イレックス): 「モチノキ」、 「セイヨウヒイラギの類」

種形容語の意味  「全縁の」、「完全な」
命名者 Carl Peter Thunberg (1743-1828)。左の青字をクリックすると命名者の頁へジャンプ。
和名の由来 樹皮を腐らせて「鳥もち」を作ることから
分布、生育地 

国内:本(宮城・山形以南)・四・九、沖。国外:朝鮮半島南部。海岸の山地の常緑樹林内

樹形 

常緑高木、6-10m程。樹皮:灰白色で平滑。

葉 

互生、縁は全縁、質=革質、両面無毛

花・受粉 

雌雄異株、花弁と萼片は4コ、4月中旬頃咲く。
雄花=散形花序に2~15コつく。完全な雄しべ4コと退化した雌しべ。
雌花=1~4コずつつく、退化雄しべ4。
受粉:虫媒花? ハエ・アブの仲間が蜜を吸っている写真がNET上にある。

種子散布法  果実は赤い球形の核果で11-12月頃熟す。中に4コの核がある。鳥散布
用途

緑化樹:公園樹、庭木。秋に赤い球形の大きな1cm程の果実をつける魅力がある。
□□:硬く緻密なことから、ろくろ細工、櫛、印材、寄せ木細工の白色材に利用。
その他:樹皮を腐らせて「鳥もち」をつくり、小鳥の捕獲、ハエとり紙に利用した。

参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P480、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社
・下画像:HP 「福原のページ」©福原達人氏。写真は転写・編集させていただきました。
このページのTOP

雌花
退化した雄しべ4、花弁4、
中央に緑色の子房?がある。
撮影・2013/03/29

雄花: 区内某所で、雌木と雄木が並んでいた。隣のメスギは小さい果実がふくらんでいた。
区内で撮影・2013・04・04


中央に雌しべ、退化した?雄しべ4、花弁4が見える。
画像:「福原のページ」©福原達人


種形容語の「integra」 は 「全縁の」を意味するように、全縁の葉。質は革質で、両面無毛、光沢がある。互生。区内で撮影:2013/11/09

果実
赤く熟す1cm程の果実で大きく目立つ。初冬に赤い果実が街路に落ちていて、「ここにもあった」と気づくことが多い。区内で撮影:2013/11/09

地面に落ちていた果実
左と同じ場所
区内で撮影:2013/11/09


モチノキの樹皮
灰白色で平滑
区内で撮影:2013/11/09

 

シナヒイラギの葉
若いと上写真のように上部3ヶ所に棘が出るが、古木になると葉先、1ヶ所のみに棘が出ると、NETに書かれていた。区内で撮影:2013/01/25 
 
クリスマス飾りシナヒイラギ
モチノキ科で最近区内でも見かける。葉先に棘があり常緑で垣根むきだ。ハレルヤコ-ラスのCD横に飾った。撮影:2010/12/09

 > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.