へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/04/26・写真:他に明記なき場合筆者
ヤツデ(ウコギ科ヤツデ属) 注意下部にイモムシの写真あり
ウコギ科

Araliaceae 

学名=属名+種形容語 Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch. (1854)
属名の意味  (f) 和名由来。「八手」の読み「ハシュ」から。
種形容語の意味  「日本の」
命名者 ・Joseph Decaisne (1807-1882)ベルギー生まれ、フランスで活動し植物学者となった。
・Jules Émile Planchon (1823-1888)フランスの植物学者
和名の由来 掌状に通常7~9裂するのを八が末広がりで縁起が良いので八手とした説
分布、生育地  国内:本(茨城以南)・四・九・沖(日本固有種)。生育地::海岸~丘陵の林内。
樹形・冬芽  常緑低木、茎に多数の葉痕あり
葉  互生、掌状に通常7~9裂する。革質。
花・受粉  両性花と雄花(追加2014/11/11)。11~12月、花序は球形の散形花序を円錐状につける。受粉:虫媒花
果実・散布 液果で春に黒く熟す鳥散布(ヒヨドリが食べているのを見たことがある)
用途 緑化樹:公園樹、庭木(トイレ横:ヤツデサポニンによる殺菌効果?)。常緑低木で、耐陰性、剪定が簡単なことが魅力で、階層性のある防火樹の下層に植栽されている。
ブーケ:葉の形が特異で欧州ではブーケに利用
参考図書  ・『樹に咲く花③』P176、石井英美、2001、㈱山と渓谷社


葉の展開
葉全体に日が当たり、光合成できるよう工夫されている。常緑低木、剪定は手折るだけで簡単。防火樹の低木層として見直されている。
新宿御苑で撮影:2012/07/19


筆者が子供時代、どこの家でも北向きのトイレの横にあった。「邪悪の侵入を防ぐ力がある」とされた。
上写真は「八手」でなく、9裂。
左写真と同日・同じ場所で撮影

花序
花序全体に日が当たるように配置されている。上から下へ向かって咲く。初冬の小型のハエ・アブ類の貴重な蜜源植物。
区内で撮影: 2008/11/19

柱頭の数は5本
写真:©田中 肇氏

若い果実:花軸の先端に若い果実がいついる。撮影:2015/03/06

熟し始めた果実:少し黒なると、そく食べられる。撮影2015/04/16new
ヤツデの葉  
 
高尾山の天狗の団扇(うちわ)(1)
高尾山薬王院の天狗のうちわはヤツデ。ヤツデの葉には「邪悪の侵入を防ぐ力がある」とされる。
お正月に高尾山の薬王院で販売される。
 
高尾山の天狗の団扇(うちわ)(2)
京王線高尾山口駅・国道20号線に面した創業明治30年代の老舗、
(有)有喜堂本店の包装紙。天狗がヤツデの葉の団扇を持つ。
画像:©(有)有喜堂本店
 
欧州では花束の材料:
欧州では常緑で葉形の面白さが
注目され、上写真のように花束になっている。冬が長い欧州では
常緑樹 (evergreen) は
永遠の命の象徴
同じ花で雄性期と雌性期のある花 & 昆虫  NEW(一部2014/11/11に追加)
『昆虫の集まる花』P54、田中肇、㈱文一総合出版「寒い日でもハエに活動してもらうため、床暖房を用意」。
花盤:雄しべ・雌しべの下部にある円盤状の薄黄色の部分。初冬に咲くヤツデの花は、花盤で蜜を出し
  しかも、上述のように、この部分が温かいので、集まる昆虫に蜜と暖の利益を与えているようだ。
両性花雄性先熟で、雄性期→無性期→雌性期の順に熟す(日本自然保護協会発行 
  『自然保護』2014/11+12月:福原達人)。
花序: 「ヤツデは両性花と雄花を同一の花序につける」。
両性花: 両性花は早く開き、強い雄蕊先熟で雄花期、中性期、雌花期と性の変化をする」。「自動的に同花受粉することはない」。「ハエ、ハナアブ、ハチの類が訪れる」。
雄花: 「雄花は遅く開花する」。「雄花は外見上両性花に類似するが、子房がやや小さい。開花とともに花弁は開出し、雄芯は花粉を出す。開花して10日ほど後には、花は雄梗(ゆうこう:雄花がつく柄)と共に脱落してしまう。柱頭は最後まで開出ことはない。しかし、非常にまれに、斜開することがあり、その場合、柱頭に花粉が付けば、結実することがある」。
上述赤ボタンの文章:『採集と飼育』23巻12号P358-359、[「ヤツデの受粉のしかた」、1961年、田中 肇。
  田中 肇氏からお借りして2014/11/12に追加掲載しました。氏のご協力に感謝いたします。
 
両性花雄性期の花と昆虫:長いおしべが目立つ雄性期の花。薄黄色の花盤には蜜があり、初冬期、アブ・ハエ類の貴重な蜜源。区内で撮影:2010/12月・浅野井律子氏

 両性花雌性期の花と昆虫
雌性期のヤツデにハエが吸蜜に来ていた。口の先で蜜を吸い取っているようだ。区内で撮影:
2010/12月・浅野井律子氏

両性花雌性期の花
中心部に柱頭が3本→5本立っている。マンガのキャラクタ-の頭のようだ。
区内で撮影:2010/12/08

「ヤツデの受粉のしかた」:『採集と飼育』23巻12:P358-359

 模式化した図。画像:©田中 肇氏 

ツデの花序:写真:©田中 肇氏 

ヤツデの葉を食べるガの幼虫は誰?  NEW
2014/10/10に区内を歩いていると、葉脈だけのヤツデの葉を見た(下写真参照)。以前にも別の場所で葉脈だけの葉を見ていたが、そのときは誰が食べているか分からなかった。ところが、今回は食べているイモムシが3頭いた。家へ戻り図鑑で探してみたが分からず、翌日カメラと図鑑を持って再度訪問。よかった、まだいた。背部に突起があり、ヨモギエダシャクとわかった。
学名: Ascotis selenaria cretacea (Butler, 1879) 。シャクガ科, エダシャク亜科
『イモムシハンドブック』ヨモギエダシャク P63によると「体が大きく(55-60mm)多食性で、良く見かける」。特徴は「第2腹節背の刺毛根元が小さく瘤起」がある(下写真参照)。
ヨモギエダシャクがこんなにヤツデの葉を食べるとは驚いた!
  ヨモギより、ヤツデを食べてる、ヨモギエダシャク
下写真: 成虫以外はすべて区内で撮影: 2014/10/11

食べられたヤツデの葉

ヤツデの葉を食べていたイモムシ

ヤツデの葉を食べていた2幼虫

 ヨモギエダシャク幼虫の頭部

ヨモギエダシャクの特徴:第2腹節背の刺毛根元が小さく瘤起

ヨモギエダシャク成虫:武蔵野市
で撮影:2007/06/29・高久晴子氏

 > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.