更新: 2020/06/13
 植物: 善福寺公園で植生調査
下の青字の上でクリックするとその場所へジャンプします
 1. はじめに  2. 『杉並区自然環境調査報告書』 3. 「7次」資料:植物  4. 自然植生など 5. 善福寺公園植物勉強会  6 謝辞 

 1.はじめに     
 『杉並区自然環境調査報告書』の歴史 第1次調査は1985年に開始、その後おおむね5年毎に約35年間、自然環境を把握するために生物調査が実施されています。2020年/3月、第7次(以下「7次」が発行されました。東京都にこれだけ長期にわたる自然環境の変化を記録した報告書を発行している行政はないと、杉並区民の一人として誇らしく思っています。
 須田孫七氏に聞いたお話では、本調査は当初、西沢二郎氏と区との協働で始まり、その後、孫七氏が引き継がれて、第6次調査まで実施されました。孫七氏は2018/04/10にご逝去されましたが、関係者のご努力で「7次」が発行されましたこと、氏も天国で喜んでいらっしゃることと思います。
 『杉並区自然環境調査報告書』発行の目的
1)区内の自然環境の現況と変化の把握
2)区内の自然環境の方向性を知る
3)区民の生活環境の質を知る
4)区内に残された自然の保全と再生計画をする上での基本的な情報を提供。

 善福寺公園(上池・下池)での植生調査に参加 「杉並区自然環境調査報告書(第5次)」調査が実施された2005/2006年に、須田孫七氏から善福寺公園を担当されていた遠藤 博先生(下11画像)をご紹介いただき、調査日に同行して植生調査の方法などを第5次~第7次と、引き続きご指導を受けています。
 【『杉並区自然環境調査報告書』の発行にご努力されてきた須田孫七氏

1)東京大学秘蔵コレクション特別展示会: 須田孫七氏が同大学へ寄贈した昆虫標本の一部、コガネムシのコーナーで撮影: 2018/07/24
 
2)須田孫七氏:撮影 @須田邸・2015/05/04

3)「七次書や 三槲咲く 孫七忌」 (YAS)。孫七氏宅で保存 >荻小>荻小工事>善福寺公園 > 個体数が増えているミツガシワを撮影:2020/04/09

2. 【『杉並区自然環境調査報告書』】 
『杉並区自然環境調査報告書(第7次)』の購入方法】
杉並区、市政資料室で1冊1,300円で購入可能です。購入前に、環境部環境課環境活動推進係;電話:03-3312-2111へお問い合わせください。杉並区の各図書館、杉並区のホームぺで、PDFでも閲覧可能です。   

  4) 『杉並区環境調査報告書(第6次)』2015/3月:杉並区役所環境課発行

5)『杉並区環境調査報告書(第7次)』2020/3月:杉並区役所環境課発行

6) 『杉並区環境調査報告書(7次)概要版』2020/3月:杉並区役所環境課発行
『杉並区環境調査報告書(第7次)』の調査】
【調査対象分野】
 

参照: 「7次」 奥付
【場所別植物出現数 (全体像は左図の植物へ)】

参照: 「7次」P35:生育由来が帰化、逸出、移植、一部移植、一部植栽をすべて含む、

3.  【「7次」 の植物資料: 「6次」と「7次」の主な違い】
 【植物配列APG分類体系
「7次」の「資料」:植物配列(資料P1~
「6次」まで
 新エングラー体系に従い、科内の配列は、「あいうえおj順」でしたが、
「7次」から: 「APG分類体系に従い、科内の配列は学名のアルファベット順」になりました。
APG分類体系(DNA解析による被子植物の新しい分類体系】 日本を代表する平凡社の植物図鑑が、2015/12月に改訂され、APGが採用されています。★本サイトシダ植物は使用している『日本産シダ植物標準図鑑-1・2』2016/2017、海老原 淳に従ってAPG体系にしています。「7次」でAPGが採用されたということは、新しい科学技術に基づいた分類体系が主流になったと理解しました。戸惑うばかりですが、慣れなければなりません。
生育由来を記号で表記】
「7次」の表中の記号(資料P22~)
「6次」
で生育を確認した種: 「●」、
「7次」で生育を確認した種を更に: 「N」在来、「I」帰化、「E」逸失、「C]植栽、「T」:区内の他自生地からの移植と分けています。

4. 【自然植生など】 
善福寺公園の地形区分】 杉並区は全体が武蔵野台地にあります(「7次」:P4、P194)。
【自然植生】 「7次」:P36。
【武蔵野台地の植物】 遠藤先生は「5次」でお会いした頃から、「武蔵野台地の植物を知るには、檜山庫三の『武蔵野の植物』を読むこと、「実際の武蔵野台地の植物を見ることが大切」と教えて下さいました。
神代植物公園植物多様性センターの開園記念プレゼンテーション】大場秀章氏が檜山庫三の肖像画像を使って、同様の説明をされました。

9)『武蔵野の植物』檜山庫三、画像©井上書店、1965 

10)檜山庫三を紹介する大場秀章氏、@神代植物公園植物多様性センターの開園記念プレゼン。2012/04/28

11) 「善福寺公園植物勉強会(略称:植勉会)」の指導をして下さっている、遠藤 博

5.【善福寺公園植物勉強会(略称:植勉会)】   
 【調査期間2年から1年へ】 「5次」・「6次」の植生調査の期間は2年間でしたが、「7次」からは、杉並区の正式な調査期間は1年間になりました。杉並区から善福寺公園の園路外の植生地に入るための許可がとれているのは、2018/4月中旬~2019年3月末までで、さらに、データの提出期限が2月末なので、春植物の調査ができなくなります。そのことを考慮して、杉並区から正式な調査依頼を受ける前に「仮調査」をしました。
 【個人レベルの植生調査の限界】 善福寺公園の園路外の植生地に入るには、許可申請が必要なこと、個人レベルでは難しいこともあり、同公園管理者の提案もあって、公園ボランティア団体に登録し「善福寺公園植物勉強会(略称:植勉会)」を立ち上げました。
 植勉会の活動目的】 
1) 同公園で実施した杉並区の植生調査2018の結果を更新します。
2) その結果に基づいて、同公園の工事・草刈などで消失した/する植物を、上池の3環境別自生植物復元地(下画像を参照下さい)へ移植します。移植した植物を保全するために、各復元地で、繁殖力の強い外来種などを同定してから、手で選択的に除去する活動をします。
 【活動記録】 残します。
 【復元地は小面積】 会員数は数名と少ないので、復元地の面積は管理を考えて小面積に留めています。
---
 植勉会2020年度の活動】
・ 「生物多様性」の大切さを知っていただくために
現地で地道な活動を続けるだけでなく、公園管理者から「活動を公園来園者に知っていただくことが大切」(2019春)と、アドバイスをいただきました。そこで、簡単な説明看板(本サイトの関連頁へジャンプするQRコード付き)を設置し、少しずつ看板を入れ替えながら公園来園者に見ていただく予定です。
・ 活動の再開
新型コロナウイルスでほぼ2ヶ月間 活動を中止していましたが、6月から活動を再開しました。本会の活動にご興味のある方はご連絡下さい(記:2020/06/10)。
    【3環境別自生植物復元地】
自生植物復元地①-1
半日陰環境
ムラサキミツバ


本地の設備工事で消失したムラサキミツバの復元:上画像右の看板に復元の経緯を記載。
自生植物復元地②-1
シダ植物環境
シダ植物

シダ植物生育緩斜面を保全 武蔵野台地の自然植生、ベニシダ群落が生育する緩斜面を保全。
 自生植物復元地 ③-1
日向環境
蝶の食草

蝶の食餌植物(食草)の保全: わずかですが、本公園・本地の蝶の食草をここに集めました。
自生植物復元地①-2
半日陰環境
ジュズスゲ


本地の設備工事で消失したジュズスゲの復元:上画像右の看板に復元の経緯を記載。
自生植物復元地②-2
シダ植物環境
シダ植物

緩斜面のシダ群落がほぼ消失: かろうじて残ったシダ植物数種を移植。
 自生植物復元地 ③-2
日向環境
主に草本類の自生植物


工事や草刈りなどで減少している自生植物の復元地です。

6. 【謝 辞
【須田孫七氏・遠藤 博氏】 「5次」調査2年目の春(2006)、本調査の担当者とお話がしたいと行政へお願いしましたが個人情報の管理が厳しく、かないませんでした。そこで、須田孫七氏にお願いし、遠藤氏をご紹介いただきました。孫七氏のご協力に感謝いたします。「5次」調査で、筆者の唐突な同行の申出に対し、遠藤先生は快くご許可下さいました。「5次」・「6次」・「7次」と、遠藤 博先生からは言葉に言い尽くせないご指導をいただきました。ここに記して心から感謝いたします。
【植勉会2018年度の会員の皆様】 「7次」調査にご協力下さり、最終チェックなどにご協力下さいました2018年度の「善福寺公園植物勉強会」の会員の皆さまに対し、ここに記して心から感謝いたします。

Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.