本ページに間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
 植物: 善福寺風致公園での植生調査
下の青字の上でクリックするとその場所へジャンプします。最新更新日: 2015/06/09
 1.はじめに new  2.植生調査地の区分  3. 植生調査対象種とその他の区分 4. 調査日
 5.記 録 6. 会 計  7.関係画像と写真 8. 謝辞

 1.はじめに   
 『杉並区自然環境調査報告書』の歴史: 第1次(調査年:1985/1986)~第5次(調査年:2005/2006)まで、5年毎の記録が25年間あった。第6次(調査予定年:2010/2011)が予定年に区の予算の関係で実施されなかった。しかし、第6次は通常より2年遅れで実施された結果、杉並区には30年間の自然環境調査の記録が残ったことになった。東京都にこれだけの記録を残している行政はないのではないだろうか。区民の一人として、誇らしく思う。須田孫七氏のお話では、本調査は当初、西沢二郎氏と区との協働で始まり、その後、須田孫七氏が調査会の座長として、現在に至っているとのこと。
 『杉並区自然環境調査報告書』発行の目的: 1)区内の自然環境の現況と変化の把握、2)区内の自然環境の方向性を知ることができる基本的な情報の提供、3)区民の生活環境の質を知ることができる基本的な情報の提供、4)区内に残された自然の保全と再生計画をする上での、基本的な情報を提供。→→
調査地の生態系の変化を把握
 善福寺風致公園(上池/下池)での植生調査に参加: 「杉並区自然環境調査報告書(第5次)」調査が実施された2005/2006年に、須田孫七氏から善福寺風致公園(以下「公園」)を担当された遠藤博氏★(下9写真)をご紹介いただき、調査日に同行して植生調査の方法などのご指導を受けた。★第5次調査結果:下1)図を参照
 『杉並区自然環境調査報告書(第6次)』の調査: 予定していた第6次調査が2010/2011年に実施されなかったので、空白期間を作らないために調査を継続し、その結果を(公財)日本生態系協会から20万円の支援を得て、『善福寺公園:活動・調査報告書第2集:2008-2011』(オールカラー100ページ、100部発行:国会図書館、都立中央図書館、区内図書館、近隣小・中・高等学校図書館へ寄贈)で報告した★下2)図を参照
杉並区自然環境調査報告書(第6次)』以下「第6次」★下3)図を参照: 2012/2013年に調査が実施された。調査対象生物は★下段左図。植生調査地は★下段右図で、各調査地別に担当班があり★本サイトの筆者は下段右図の②・③を担当した遠藤 博氏のアシスタントをした。今回はカラーの概要版も発行されている
下4)図参照
杉並区で1冊1200円+送料360円で送付もしているようなので、03-3312-2111「情報政策課情報公開係」へお問い合わせ下さい。特に区内の公園を管理をされている方々にとっては、杉並区の潜在的な自然状況を知る上で必須の情報を提供しているので、ご参考にしていただきたい報告書だと思います。
 
「本6次」P1、奥付
 
「本6次」P19、P33の調査地別確認種数を追加 new

2. 植生調査地の区分(善福寺風致公園の場合) 階層性
上位:
メッシュ番号
 日本の環境調査のメッシュ区分が世界標準になり、メッシュ番号もそれに合わせて、第6次から新メッシュ番号が使われている。メッシュ地図は★5)/6)下図参照
中位:
上池地区、下池地区
 
 「公園」は、かつての湧水池だった「善福寺池」を中心とする「上池」地区と、道路をはさんで、第二次大戦中につくられたので「新池」と呼ばれた「下池」のある「下池」地区の二ヶ所に分かれていてる。『杉並区環境調査報告書』第1次~第6次までの「公園」は「上池」・「下池」に分けた、30年間の植生調査の記録があることとなった。 
下位:
公園内のゾーン区分
第6次」の杉並植生新研究会(以下「植生研」)指定提出情報とは別に、環境省の要注意外来生物種など一部重要情報については、「公園」をA~Hにゾーニングして記録に残した。

3.植生調査対象種とその他の区分:「第6次」P24
対象種 植生研では植栽種を除き、帰化種・逸出種を含めた野生状態の維管束植物種(亜種、変種、品種、雑種を含み、不明種「属の一種」は含まず)を「公園」で調査した
(「第6次」P24)。
野生種(自生種)とは:  「公園」の調査では「史前帰化植物」を含めた、当該地に生育し続けている植物とした。
杉並区内の自生地から移植された在来種を含む(「第6次」P24)。
「史前帰化植物」とは   「農耕文化は多くが国外からもたらされたものであり、それらは同時に多くの帰化植物をもたらしたと考えられる。現在も農村や畑周辺に見られる雑草にはそのようなものが多いのではないかと前川文夫は考え、これを史前帰化植物と呼んだ」(wiki.2015/06/05)
帰化種: 「公園」の調査では「史前帰化植物」以降に国外から入って自生的に生育するようになった植物とした。
植栽種;  「公共の場に植栽された造園樹木、および在来種の草本樹木を含むが、個人邸の低木、および園芸品種などの栽培品の草本植物は含まない」(「第6次」P24)。
「公園」設立時に植栽された植物や、その後、「公園」管理者などによって移植された植物。但し、「公園」設立前の同地は、主に池、田んぼ、畑、スギ・ヒノキ・サワラの人工林、雑木林だったので、当時の植物も「公園」に残っている。それらを含む「野生種」と「植栽種」を区別するために、次の本を参考図書とした。
「公園」は地形区分(「第6次」P4-5)では武蔵野台地に位置している。常日頃、遠藤博氏が「武蔵野台地の植物を知るには、檜山庫三「武蔵野の植物」(下7図参照)が参考になると聞いていたので、同本を参考図書とした。
 2012/04/28の東京都生物多様性センター開設記念講演会では大場秀章氏が同様の評価をされた★下8写真を参照
(帰化)逸出種 人為により導入された帰化種が逸出した植物(「第6次」P24)。
東京都絶滅危惧種   「公園」の情報は★本サイト「公園の役割」から「8-1」をご選択下さい。 
提出リストの科と順番  植生研」の提出リストには「科」の記載が求められたが、「第5次」調査で使かわれた、新エングラー順・学名順に従った。 

4.調査日
 調査日: 基本的に2012/2013の毎月1回、午前2時間、午後2時間、実施した。
月別優先調査対象種: 限られた時間内で調査を効率よく実施するため、草本類は地上茎がある期間・
花で同定する必要がある種は、花期にそれらを優先して調査した。冬期には主に常緑植物の調査をした。花期に関係なく「これは何ですか」が始まると、いくら時間が有ってもその日にしか確認のチャンスがない植物の時間がなくなるので、そうならないよう注意した。但し、「公園」初認の植物はこの限りではない。
 樹木の希少種: 冬期、管理者による伐採を避けるため、樹木の希少種には名札をつけるようにしたが、それでも刈られることがあった。個体数が少ないにもかかわらず、確認できなくなった種もあった。
 「公園」の貴重種: 盗掘されたり刈られることがあるので、本種に関しては確認頻度数を増やした。

5.記 録
 記録の作成: 1)調査記録者(3人:笹本恵子氏、綱島康子氏、筆者)がそれぞれ記録を残す、2)『杉並区自然環境調査報告書(第5次)』「公園(上池・下池))」の植生調査情報(以下「第5次」)を基本とするため、まず、その情報の横に新調査情報をそれぞれ記入、3)3者の矛盾点があれば、以降の調査で解決、4)「第5次」と新調査情報との違いを以降の調査で解決(失われた理由、初認の種につては最終段階で検討)、5)以上の情報を毎月積み重ね、2年目の調査では、種によって最後の地上茎・花期の季節となるので、もれないように注意した。
 記録の整理・そのチェック: 本調査で一番大変なのが記録の整理・そのチェックで、調査日の後は整理に数日を要した。調査記録として、日時、参加者名、場所、記録内容、特記事項、費用の記録を残した。
 植物同定: その場で同定できなかった種は、遠藤博氏が「宿題」として持ち帰り、次回までに調べて下さった。イネ科、カヤツリグサ科、初認の帰化植物などの同定が難しかった。遠藤氏は同定が難しい種については、ポイントを整理した資料をご準備下さった。
6.会 計 
調査にかかった費用は、会計担当者が領収書とともに会計報告をし、調査終了時に報告書を作成し、会計監査を受けています。

7.関係画像と写真  

  1) 『杉並区環境調査報告書』:(第5次)2008/3月。画像©杉並区役所環境課
 
2)善福寺公園:活動・調査報告書:第2集:2008-2011、自然愛護会杉並。第6次植生調査の結果を記載
 
3) 『杉並区環境調査報告書』:(第6次)2015/3月。画像©杉並区役所環境課

4) 『杉並区環境調査報告書』(第6次)概要版2015/3月。画像©杉並区役所環境課

5)『杉並区全図動植物生息状況:調査用メッシュ地図』2014/4月。画像©杉並区役所環境課

6) 『杉並区全図動植物生息状況調査用メッシュ地図』の善福寺風致公園を含むメシュ。画像©杉並区役所

7)『武蔵野の植物』
檜山庫三、画像©井上書店、1965 

8)檜山庫三を紹介する大場秀章氏、「神代植物公園植物多様性センター」開園記念プレゼン。2012/04/28

9) 「公園」の植生調査担当代表遠藤 博

8. 謝 辞
近年、個人情報の管理が厳しく、行政から「第5次」の「公園」担当調査員の情報を得ることはできませんでした。そこで、須田孫七氏に依頼し、遠藤氏をご紹介いただきました。氏のご協力に感謝いたします。「第5次」調査で、筆者の唐突な同行の申出に対し、快くご許可下さいました遠藤 博氏からは言葉に言い尽くせないご指導をいただきました。ここに記して心から感謝いたします。また、「仮第6次」、「第6次」の記録・チェックにご協力下さいました笹本恵子氏、綱島康子氏に感謝いたします。

Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.