シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
4.:トクサ科 (Equisetaceae) のメニュー
*2
P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、4/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
 1 トクサ属   Equisetum   E. arvense   スギナ  18/07/06
2 E. hyemale トクサ (植) 18/07/06
3 E. praealtum オオトクサ (帰)(植) 18/07/06
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。 

4-1 スギナ:杉菜*1P200/*2*58・282・284/ *4P58
トクサ属Equisetum:equus「馬」+saeta「棘毛の」
学名スギナ】 Equisetum arvense L.。種形容語の意味「原野にはえる」。
和名杉菜*2「地上茎がスギの枝に似ている草」
基準産地 *2【北米ヴァージニア】[LT(レクトタイプ:選定基準標本]
生育環境 *2地上生
要点: ①分布: 北、本、四、九、琉。②夏緑性。③高さ:小(40cm)。④栄養茎(スギナ)は直立、側枝を輪生、分枝せず。⑤栄養茎(スギナ)と胞子茎(ツクシ)に分かれる2形性。胞子茎には葉緑素がない、胞子散布後枯れる。胞子嚢穂:茎の先に卵状楕円形の胞子嚢穂をつける。
借用画像: 下画像3)は田中 肇氏からお借りしました。著作権は©田中 肇氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。氏のご協力に感謝したします。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:「在来」記載。
スギナ 撮影地:他に明記なき場合、 1) ~ 2) 東京都で 2018/04/02  

1)明るい土手にスギナの群落。

2) 胞子茎: ツクシ

3)葉鞘から側枝を輪生させる。借用画像:©田中 肇氏。サイズを編集。

4-2 【トクサ:木賊(研草)*1P198/*2P61・283・285/*4P32, 193 と 【オオトクサ:大研草
トクサ科 トクサ属 :Equisetum: 「馬」と「刺毛」の合成語
学名トクサ】Equisetum hyemale L. 種形容語: ***「冬の。常緑性だから」
和名 *2木賊(研草)】「ケイ素を多く含む茎を、物を研ぐのに利用した草」。
基準産地 *2【ヨーロッパ?】[ST]
生育環境 *2地上生
共通要点: ①分布:北・本・四・九。②常緑性、③高さ:下参照。④地上茎:直立、節(ふし)があり、節間の地上茎は中空、節には黒色の葉鞘(はかま部分)がつく。⑤ 胞子嚢:地上茎の先端にツクシに似た卵状楕円形の胞子嚢をつける。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:「植栽」で記載。
オオトクサとの相違点
相違点 ① 分布 ③高さ ④地上茎
トクサ  北・本・四・九 100cmほど 分岐しない
オオトクサ  アメリカ 100cm以上になる。 分岐する 
トクサ】 撮影地: 東京京都

1)植栽トクサ:杉並区「Aさんの庭」で撮影2016/11/26。

2)地上茎は直立、分岐せず、深緑色。2017/11/12

3)胞子嚢: 地上茎の先端に胞子嚢をつける。左2)の一部を拡大。
4-3 【オオトクサ(大研草 北米原産の帰化種、(植栽)
学名オオトクサEquisetum praealtum Raf.種形容語: 「非常に深い」。 
借用画像: 下画像3)を田中 肇氏からお借りしました。著作権は©田中 肇氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。氏のご協力に感謝したします。
 【オオトクサ】 他に明記なき場合、撮影: 1) & 2) 東京都で 2017/11/21   

1)オオトクサ(植栽)

2)胞子: 
 
3)地上茎が分岐している。借用画像:©田中 肇氏。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.