クサソテツ: 杉並区「Aさんの庭」で撮影
 シダ植物
 1: はじめに 2: メニュー(説明)  3: メニュー
new:19/09/15
 4: 参考図書
19/04/21
5: 東京を代表するシダ 19/04/11
 6: 陸上生物
 
       
画像:他に明記なき場合は筆者:著作権は放棄していません。無断の流用・転用はご遠慮下さい。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
1 はじめに 
 初心者にとってシダ植物が難しいのは なぜなのでしょうか?
【1】 シダ植物の難しさ: シダは花が咲かないため葉や胞子嚢などで見分けるので難しい、図鑑を見ても写真を見ても、似ているのでどこが違うのかはっきりしない、シダ植物独特の言葉があるのでそれを覚えないと説明を聞いても分からない、市街地に住んでいるので見られるシダが限られている、などではないでしょうか。
【2】 学びの一歩: そこで『杉並区自然環境調査報告書-6次』をもとに、身近で観察できるシダ植物について学ぶことにしました。なるべく同一ヶ所の種を年間を通して、継続的に観察・撮影しました。
【3】 注意したこと :「初心者は典型的な個体を選んで学ことが大切」とのことなので、なるべく、種名板のある植物園で特徴を学び、身近で見られるそれと比較するようにしました。
【4】 今後の課題 体調などの関係で近隣で観察できる種に限っているため、限界もあります。また、初心者を卒業するための基本的な言葉の理解などは置き去りにしている部分もあります。また、応用力がないのが課題です。
【5】 謝辞 :2017年11月末頃からこの頁を作るために一種ずつ学んできました。ここまで来られたのは、杉並区の植生調査でお世話になっている遠藤 博氏、S氏やM氏、N氏などシダに詳しい先輩方から教えていただいたからです。また、画像をご提供下さった、田中 肇氏、秋山奉由氏、S氏やM氏、画像をお借りしているサイト「福原のページ」福原達人氏に感謝いたします。気楽に相談に乗って下さったWT氏や、K氏のご協力にも感謝いたします。
【6】 お願い: おかしな点などがあると思います。これからも、ご指導、ご指摘のほど宜しくお願いいたします。(2018/12/01記)

2: メニュー
分 類】 *2P26『日本産シダ植物標準図鑑-I』の分類に従いました。
通し番号(下表左列)】 *2P26:の科数は全部で48種。その内、「日本産なし」が11種含まれるので、48-11=37種の番号を上(1.ヒカゲノカズラ科)から下(37.ウラボシ科)の番号を使っています。
学 名】 「YList」を使用。但し、『日本産シダ植物標準図鑑-I』と違う場合は、その旨を記すようにしました。
掲載種】 
 1) 本頁の目的は杉並区自然環境調査報告書-第6次』以下「6次」(2015年、杉並区環境部環境課発行)の「資料」から「年次別確認状況(1/15)」)に記載されているシダ植物を学ぶことにあります 6次」で確認された種数は64種ですが、ヤマヤブソテツ=ヤブソテツ(*3P429)、ニシキシダはイヌワラビに含めましたので、最終は62種です。
 2) 「6次」掲載種は、杉並区が指定している調査地が対象なので、杉並区にありながら掲載されていない種も見かけることがあります。民地などを含めて今回(2017/11月以降)確認した種も含まれています。帰化種の場合は(帰)としました。記載した62種はほとんどが「在来」ですが、植栽は(植)、逸出は(逸)、移植は(移)としました。
 3) 下表の背景色黄色: シダ植物を学ぶ上で重要な種で、杉並区にない種も記しています(例:ヒカゲノカズラ科)。

    3. メニュー表
左下の青字の科名をクリックすると、その頁へジャンプします。
下表の科名の背景色(緑色): 小葉類 (Lycophytes)。 背景色(青):シダ類 (Ferns)。*2P16、「DNAの塩基配列から指定されたシダ植物の系統図」より。本頁最下部の5も参照下さい。
杉並区のシダ植物:下表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』(杉並区発行)に記載あり(但し、2018、アイアスカイノデは誤同定と判定)。グレー (保留):2018年、筆者は杉並区で確認できませんでした。  黄色記載なし
NEW 新規に科などを追加した場合)、new(追加写真などがある場合。

番号 科 名
属名
 学名=属名+種形容語 「 」.は都RD2013 番号  種 名
最新更新日
yy/mm/dd
 1
 ヒカゲノカズラ科
Lycopodiaceae 
コスギラン属
Huperzia 
H. serrata
EN
トウゲシバ 18/07/06
2 イワヒバ科
Selaginellaceae 
イワヒバ
Selaginella     
S. moellendorffii   イヌカタヒバ (植)  18/07/06
S. nipponica
CR」 
S1 タチクラマゴケ  19/05/25
S. remotifolia S2 クラマゴケ  18/07/06
S. tamariscina   イワヒバ (植)  18/07/06
4 トクサ科
Equisetaceae
トクサ属
Equisetum  
E. arvense   S3 スギナ  18/07/06
E. hyemale  S4 トクサ(植)  18/07/06
E. prealtum  オオトクサ(帰)(植) 18/07/06
   5 ハナヤスリ科
Ophioglossaceae
ハナワラビ属
Botrychium
B. japonicum   S5 オオハナワラビ  18/10/30
B. nipponicum  S6 アカハナワラビ  18/08/02
B. ternatum   S7 フユノハナワラビ 18/10/30
ハナヤスリ属
Ophioglossum 
O. petiolatum
VU」  
S8 コヒロハハナヤスリ  18/08/02
O. vulgatum
EN
S9 ヒロハハナヤスリ  18/08/02
保留
6
マツバラン科 
Psilotaceae 
マツバラン属
Psilotum
P. nudum
-」 
S10 マツバラン  19/04/02
 7 リュウビンタイ科  Marattiaceae リュウビンタイ属
Angiopteris 
A. lygodiifolia   リュウビンタイ  18/07/06
8 ゼンマイ科
Osmundaceaee
 
  
ゼンマイ属
Osmunda
O. claytoniana
 
S11 オニゼンマイ(植)   18/07/06
O. japonica  S12 ゼンマイ    18/04/14
コケシノブ科
Hymenophyllaceae
アオホラ属
Crepidomanes  
C. minutum  .     ウチワゴケ  19/03/23
 10 ウラジロ科
Gleicheniaceae
コシダ属
Dicranopteris
D. linearis
 
コシダ   18/07/28
ウラジロ属
Diplopterygium  
D. glaucum
ウラジロ   18/07/28
12
カニクサ科 
Lygodiaceae
カニクサ属
Lygodium 
L. japonicum   S13 カニクサ  18/07/15
 14 デンジソウ科
Marsileaceae
デンジソウ属
Marsilea
M. quadrifolia   デンジソウ   19/06/25
 20 コバノイシカグマ科
Dennstaedtiaceae
コバノイシカグマ属
Dennstaedtia  
D. hirsuta  S14 イヌシダ  18/08/10
イワヒメワラビ属
Hypolepis  
H. punctata
DD 
S15 イワヒメワラビ  18/09/10
フモトシダ属
Microlepia
M. marginata   S16 フモトシダ  18/08/10
ワラビ属
Pteridium
P. aquilinum
subsp. japonicum  
S17 ワラビ  18/08/11
21  イノモトソウ科
Pteridaceae
  
ホウライシダ属
Adiantum 
 
A. capillus-veneris   S18 ホウライシダ (逸)  18/08/25
A. monochlamys   S19 ハコネシダ (植)  18/08/25
保留
    クジャクシダ  19/06/11
イワガネゼンマイ属
Coniogramme  
C. intermedia    イワガネゼンマイ  18/08/25
C. gjaponica   S20 イワガネソウ   18/08/25
タチシノブ属
Onychium
O. japonicum   S21 タチシノブ 18/08/25
イノモトソウ
Pteris 
P. multifida  S23 イノモトソウ   18/09/01
P. cretica   S22 オオバノイノモトソウ   18/09/01
イノモトソウ x オオバノイノモトソウ  18/09/01
P. nipponica     マツサカシダ
 19/09/15
new
23 チャセンシダ科
Aspleniaceae
チャセンシダ属
Asplenium  
A. anogrammoides  S24 コバノヒノキシダ   18/07/22
A. incisum   S25 トラノオシダ   18/07/22
25 ヒメシダ科
Thelypteridaceae     
ヒメワラビ属
Macrothelypteris  
M. torresiana var. calvata   S26 ヒメワラビ   18/09/18
M. viridifrons   S27 ミドリヒメワラビ   18/09/19
ミヤマワラビ属
Phegopteris  
P. decursive-
pinnata  
S28 ゲジゲジシダ  18/09/19
ヒメシダ属
Thelypteris      
T. acuminata   S29 ホシダ  18/09/19
T. dentata  S30 イヌケホシダ   19/01/30
T. glanduligera
DD」 
S31 ハシゴシダ 保留
T. japonica
CR 
S32 ハリガネワラビ   18/09/19
T. palustris S33 ヒメシダ (区内移植)  19/09/01
new
T. pozoi subsp. mollissima   S34 ミゾシダ  18/09/19
保留
 26
イワデンダ科  イワデンダ属
Woodsia 
W. polystichoides     イワデンダ   19/05/25
28  コウヤワラビ科
Onocleaceae
 
コウヤワラビ属
Onoclea  
O. orientalis    イヌガンソク   19/09/01
new
コウヤワラビ属
Onoclea 
O. sensibilis var. interrupta   S36 コウヤワラビ (区内移) 18/09/10
コウヤワラビ属
Onoclea
 
O. struthiopteris   S35 クサソテツ  19/04/21
29  シシガシラ科Blechnaceae   シシガシラ属
Blechnum
B. niponicum     シシガシラ   19/09/01
new
コモチシダ属
Woodwardia  
W. orientalis
DD
コモチシダ  18/08/18
コモチシダ属
Woodwardia
W. unigemmata     ハイコモチシダ   18/08/18
30  メシダ科
Athyriaceae
      
ウラボシノコギリシダコモチシダ属:
Anisocampium  
A. niponicum   S37 イヌワラビ(含ニシキシダ)  18/10/03
メシダ属
Athyrium  
A. vidalii
S38 ヤマイヌワラビ  保留
A. yokoscense   S39 ヘビノネゴザ  18/10/03
シケシダ属
Deparia  
D. conilii   S40 ホソバシケシダ  18/10/07
保留
D. japonica   S41 シケシダ  18/10/03
 32 オシダ科
Dryopteridaceae
カナワラビ属
Arachniodes 
A. camabilis var. fimbriata  「 オオカナワラビ  19/09/01
new
A. chinensis
 
オニカナワラビ   19/05/25
A. exilis」    ホソバカナワラビ   19/09/01
new
A. mutica 「   シノブカグマ   19/09/01
new
A. simplicior 」    ハカタシダ  19/09/01
new
A. standishii   S42 リョウメンシダ  18/10/15
ヤブソテツ属
Cyrtomium    
C. devexi-
scapulae  
S43 ナガバヤブソテツ  19/04/21
C. falcatum   S44 オニヤブソテツ   19/04/02 保留
C. fortunei   S45 ヤブソテツ *3P429(=ヤマヤブソテツを含.)  19/05/01
C. laetevirens   S46 テリハヤブソテツ  保留
オシダ属
Dryopteris         
D. bissetiana   S47 ヤマイタチシダ    19/03/23
D. chinensis
DD」  
S48 ミサキカグマ    18/07/14
D. erythrosora   S49
ベニシダ    18/10/15
D. erythrosora f. viridisora   ミドリベニシダ   18/10/15
D. hondoensis   オオベニシダ   19/06/25
保留
D. kinokuniensis   S50 キノクニベニシダ   保留
D. lacera   S51 クマワラビ   18/10/15
D. nipponensis
DD 
S52 トウゴクシダ    18/10/15
D. pacifica   オオイタチシダ    19/03/23
D. uniformis  S53 オクマワラビ   18/10/15
イノデ属
Polystichum   
P.fibrillosopale-
aceum
VU
S54 アスカイノデ   18/10/15
P. longifrons
VU 
S55 アイアスカイノデ
 
19/03/23
P. polyblepharon   S56 イノデ  19/04/11
P. rigens 」  S57 オニイノデ  保留
 34 タマシダ科
Nephrolepidaceae 
タマシダ属
Nephrolepis
N. cordifolia   S58 タマシダ (植) 18/08/02
37 ウラボシ科 Polypodiaceae     マメヅタ属
Lemmaphyllum
L. microphyllum
DD 
S59 マメヅタ  18/07/06
  ノキシノブ属
Lepisorus
L. onoei   S60 ヒメノキシノブ  18/07/06
保留
  ノキシノブ属
Lepisorus
L. thunbergianus   S61 ノキシノブ  18/07/06
  クリハラン属Neolepisorus  N. ensatus
 
クリハラン (植) 18/07/06
  ヒトツバ属
Pyrrosia
P. lingua
 
S62 ヒトツバ (植) 18/07/06

4. 参考図書(手持ちのシダ図鑑)と参考サイト

*1 『シダハンドブック』北川淑子、画像©㈱文一総合出版:2007/10/10
new
*2 『日本産シダ植物標準図鑑-I』海老原 淳、画像©学研プラス:2016。正誤表へジャンプ。無融合生殖と無融合生殖種へジャンプ。

new
*3 『日本産シダ植物標準図鑑-II』海老原 淳、画像©学研プラス:2017。正誤表へジャンプ
*1:ハンディー、「身近に見られる基本種」、大きい葉の画像の掲載が特徴です。 *2&*3:日本シダの会 企画・協力、最新の分子生物学的手法による新分類体系を採用した日本産のシダ植物図鑑。分布図、720種の標本・生態写真、380種の雑種の標本写真、解説・形態比較表、大小葉類と雑種などを掲載。 
 
*4 『日本の野生植物シダ』岩槻邦男、画像©㈱平凡社:1992/2/4(初版)
 
*5 『しだの図鑑』光田重幸、画像©㈱保育社:1993/07/01
 
*6 『写真でわかるシダ図鑑』池畑怜伸、画像©トンボ出版:2016/05/05
参考サイト: 
日本シダの会: http://www.shidanokai.org/
「日本産シダ植物インデックス」
Ebihara, A. & Kasetani, F. (2018 onwards). Index to Ferns and Lycophytes of Japan. (閲覧:2019/04/03)
http://jpfern.la.coocan.jp/names/index_j.html

和名-学名:米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)http://http://ylist.info/index.html
学名の意味: 『新牧野日本植物図鑑』(2008、㈱北隆館、頁1,281~1,354)、参考図書*5(種形容語のみ)、サイト「GKZ植物図鑑」など。

   5. 「東京を代表するシダは何か」: 2019/03/09、首都大学南大沢キャンパスに於いて
日本植物分類学会第18回大会での講演: 岡 武利氏、日本シダの会
「郷土のシダ」とは: 「日本シダの会」は杉本順一氏の提案で「郷土のシダ」が1966に選定され、東京都の郷土のシダはタニヘゴとなった。「郷土のシダ」の選定基準は: 1)郷土の地名が学名につく、2)郷土で最初に発見された、3)郷土固有種、4)郷土に比較的多く産する、5)分布上の北限など意義がある、7)郷土の出身・居住者による発見、8)郷土の歴史・民族・産業などに関係が深い、などのシダ植物で、★完全な”種”であって、奇形や偶然にできた雑種などの一時的なものではなく、★現在も相当生育しているなどがある。そこで、東京都の「郷土のシダ」タニヘゴの現状を見つつ、タニヘゴ以外の候補なども提示された。その主なシダだけをここでは記します:
東京都の「郷土のシダ」タニヘゴの現状: 1966、選定された。学名は Dryopteris tokyoensis (Makino) C.Chr. 。『レッドデータブック東京2013』では、「区部に記録はあるが、絶滅(EX)したものと考えられる」。ところが絶滅とされたタニヘゴが東京都西部で見つかった。都の次回『レッドデータブック』の発行で、絶滅から復活になるか、ある程度の個体数があるかが注目される。 
東京都を基準産地とするシダ6種: 1)ヤマクラマゴケ(奥多摩町)、2) イワハリガネワラビ(東京都・埼玉県)、3) フモトシケシダ(八王子市)、4)ベニオオイタチシダ(稲城市)、5)タニヘゴ(西日暮里・道灌山付近)、6)アイアスカイノデ(恩方村:現奥多摩町)。
東京都に最も広く分布するシダ: 1) スギナ、2) イヌワラビ。
など
借用画像: 下画像のタニヘゴ 2)~3) はM氏からお借りしました。著作権は©M氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。氏のご協力に感謝いたします。

1) 講演する岡 武利氏@首都大学

2) タニヘゴ・画像:©M氏

3) タニヘゴ:胞子嚢群・画像:©M氏

6: 陸上植物のシダ植物(背景色黄色)の位置
 DNAの塩基配列から推定されたシダ植物:            参考資料:*2P16図2を一部編集
維管束植物 種子植物
(種子で繁殖)
被子植物 Angiosperms Gymnosperms 
"
"
裸子植物
"
非種子植物
(胞子で繁殖)
シダ類 Ferns シダ植物
Pteridophytes 
"
"
小葉類 Lycopods
非維管束植物
"
コケ植物 Bryophytes 
                           


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.