シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
5.:ハナヤスリ科 (Ophioglossaceae) のメニュー
上記「37」は*2
P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、5/37番目。 
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 ハナワラビ属   Botrychium B. japonicum オオハナワラビ 準備中
2 B. cternatum   フユノハナワラビ  準備中
3 Botrychium   B. nipponicum アカハナワラビ  18/10/01
4 ハナヤスリ属   Ophioglossum   O. petiolatum   コヒロハハナヤスリ  18/10/01
5 O. vulgatum  ヒロハハナヤスリ  18/10/01
保留
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。  グレー(保留):筆者は杉並区では確認できていません。  

5-1  【オオハナワラビ:大花蕨】*1P172/*2P75・293・299*4P66
ハナワラビ属 (Botrychium) :ギリシャ語の「ブドウ」が語源
学名 【オオハナワラビ】Botrychium japonicum (Prantl) Underw.種形容語の意味:「日本の」
和名 【大花蕨】*2「大形の葉をつけるハナワラビの仲間」
基準産地*2【日本】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【6倍体有性生殖】
ハナヤスリ科*2P287 【葉】:「担胞子体(胞子葉)と担栄養体(栄養葉)が立体的につき、共通柄(担葉体)で支持される独特の構造を持つ」。
ハナヤスリ科*2P287 【胞子嚢】:「胞子葉の軸上に並び、胞子嚢群は形成しない。苞膜を欠く。大型の球状で真嚢性」。
ハナヤスリ科*2P287 【系統上の位置】「真嚢シダ類の一系統で、マツバラン科と姉妹群をなす。・・・共通柄に二次肥大成長を認めることから、原裸子植物の生き残りであるという仮説が提唱されたこともある」。
要点: ①本・四・九。②冬緑性。③高さ:小(50cm)、④葉身:ほぼ五角形、3回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)~4回羽状深裂。⑤部分2形(共通柄だから2形ではないのでしょうか(???)、胞子葉は分枝して複穂状、共通柄に白色の毛が多い。
借用画像: 下画像 11)&12)はS氏から借用させていただきました。著作権は©S氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「在来」記載。.
【オオハナワラビ】 撮影地: 東京都、1)は神代植物公園、2) & 3)は別地東京都

1)葉身: 神代植物園で撮影:2010/12/11

2)側羽片は重ならず、平らに開く。 撮影は2と3)は1)と別地:2017/02/13

3)切込み:均等に中裂、鋸歯が細かく鋭い。撮影:2017/03/05
NEW 【オオハナワラビ】 撮影地: 目黒自然教育園:  下4)の種名板の場所が観察園路から遠く、オオハナワラビの撮影がそこではできないので、同地の数か所にあるオオハナワラビを撮影したのが、下5)~9)です。

new 4) 種名板: 2018/08/30。

new 5) 以下の写真は種名板下の個体ではなく、目黒自然教育園内の別地で撮影: 2018/08/30。
 
new 6)栄養葉の葉は「平面的」。2018/10/14
 
new 7)上段6)の一部を拡大。

new 8)上段6)の上部にある胞子穂。

new 9)左8)の一部拡大。まだ未熟。
 小石川植物園 

new 10)種名板:撮影:2018/02/25。注)下部の学名は「YList」から引用し、追加しています(閲覧:2018/10/23)。 
 
new 11)「葉軸の毛の状況」:借用画像: ©S氏。2007/11/03
 
new 12)「ソーラスの状況」 借用画像:©S氏。2007/11/03

  5-2 【フユノハナワラビ:冬の花蕨】*1P171/*2P71・291・298/*4P68
ハナワラビ属 (Botrychium) :ギリシャ語の「ブドウ」が語源
学名 【フユノハナワラビ】Botrychium ternatum (Thunb.) Sw.。種形容語の意味:「三出の」。*2では var. termatumを採用。
和名 【冬の花蕨】*2「冬緑性のハナワラビの仲間」
基準産地*2【長崎】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体有性生殖】
要点: ①本・四・九・種子島・小笠原。②冬緑性。③高さ:小(50cm)、④3回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)~4回羽状深裂。⑤部分2形(共通柄だから2形ではないのでしょうか(???)、胞子葉は分枝して複穂状。
借用画像: 下画像 6)は「福原達人のページ」から「フユノハナワラビ」を借用させていただきました。著作権は©福原達人氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「在来」記載。.. 
コメント: フユノハナワラビとオオハナワラビを見ていると、前者は草地のやや明るい環境、春には後者より早く消えますが、後者は樹林下のやや暗い場所に生育し、春には前者より残っています。
【フユノハナワラビ】 撮影地:東京都

new 1)展開し始めの頃。2018/09/15

new 2) :左1)から約2ヶ月後の2018/10/20。

new 3) 左2)の上部の胞子穂の一部。大きすぎて画面に入らないので、上部をカットしました。
 4)葉表: 2017/11/16 
 5) 葉裏: 2017/11/16 
 
6) 胞子嚢: 借用画像:「福原のページ」©福原達人氏。 

5-3 【アカハナワラビ:赤花蕨】 *1P173/*2P72・292・298/*4P67
学名 【アカハナワラビ】 Botrychium nipponicum Makino種形容語の意味:「日本の」
和名 【赤花蕨】 「葉の色が冬に赤くなるハナワラビの仲間」。
基準産地*2 【埼玉県膝折村】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:北・本・四・九。②冬緑性、③高さ:小(50cm)、④2~3回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)、冬に葉全体が赤みを帯びる。⑤部分2形(ハナヤスリ類の場合)上段のオオハナワラビをご覧下さい。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「在来」記載。.
京都レッドデーターブック2013の区部【-】データ無し:「当該地域において生育・生息している(していた)可能性があるが、確実な記録や情報が得られなかったもの」。
 【アカハナワラビ】 撮影地: 東京都で  2017/12/12 

1):2)写真近くにあった幼苗。
 
2):和名の通り紅色が目立つ。

3):左1)の拡大写真。入替予定です。

5-4  【コヒロハハナヤスリ(小広葉花鑢)】 *1P-/*2P65・288・300/*4P64
ヒロハハナヤスリ属(Ophioglossum)属名の意味:穂状の胞子嚢の形をたとえた
学名 【コヒロハハナヤスリ】Ophioglossum petiolatum Hook..種形容語の意味:*5P41「葉柄のある」
和名 【小広葉花鑢】
基準産地 *2
生育環境*2 地上生】
倍数性・生殖様式境*2 4倍体有性生殖
要点: ①北・本・四・九、種子島。②夏緑性(*4: 4月頃から葉を生じ、秋に枯れる)。③高さ:小(10cm)。④単葉、三角状卵形~長楕円形。⑤部分二形、胞子葉は長さ20cm、穂の長さは2~3cm。
借用画像: 下画像3):サイト「福原のページ」の「コヒロハハナヤスリ」から借用させていただきました。著作権は©福原達人氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。.
京都レッドデーターブック2013の区部VU】(絶滅危惧II類):「I現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられるもの」。
 【コヒロハハナヤスリ】  撮影地: 1) & 2)は東京都

1)胞子葉の先端部に胞子嚢穂をつける。東京都(1)で撮影:2018/06/05

2)胞子嚢穂:、熟すと隙間から胞子が飛び出す仕組みとか。東京都(2)で撮影:2018/06/22

3)借用画像「福原のページ」©福原達人氏。

5-5  【ヒロハハナヤスリ広葉花鑢】*2P64・288・300/*4P63
ヒロハハナヤスリ属(Ophioglossum)属名の意味:穂状の胞子嚢の形をたとえた
学名 【ヒロハハナヤスリ】Ophioglossum vulgatum L..。種形容語の意味:「普通の」
和名 【広葉花蕨】*2【栄養葉に幅が広いハナヤスリの仲間。】
基準産地*2【ヨーロッパ】[LT]
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式境*2 【4倍体有性生殖】
要点: ①北・本・四・九、種子島。②夏緑性(*4: 4月頃から葉を生じ、6月に胞子が成熟、夏に枯れる)。③高さ:小(20cm)。④単葉、三角状卵形~広披針形、栄養葉は広卵形で12cm、基部は胞子葉の柄を包む。*6「葉幅は4~5cmと大きく、地面に広がる」。⑤部分二形性、胞子葉は長さ20cm、穂の長さは2~3cm。.
借用画像: 下画像3):サイト「福原のページ」の「ヒロハハナヤスリ」から借用させていただきました。著作権は©福原達人氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。保留。
京都レッドデーターブック2013の区部【-】EN(絶滅危惧IB類):「IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」。
【ヒロハハナヤスリ】  撮影地: 1)~2) 森林総合研究所多摩森林科学園で 2018/05/22。

1) 葉「靴ベラのような葉が一枚」。

2)胞子嚢はまだ熟していていませんでした。

3) 借用画像:「福原のページ」©福原達人氏。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.