シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
7リュウビンタイ科 (Marattiaceae)
上記「7」は
*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科抽出後の7/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 リュウビンタイ Angiopterism A. lygodiifolia リュウビンタイ 18/11/07

7 【リュウビンタイ:竜髭帯*1P119/*2P79・303・304/*4P71
リュウビンタイ属: ギリシャ語のangeios「包む」+pteris「シダ」の合成語
学名【リュウビンタイ】 Angiopteris lygodiifolia Rosenst.。種形容語の意味:「カニクサ属の葉に似た」。
和名【竜髭帯*2「葉柄基部の托葉を竜鱗に見立てたとされる」。
基準産地 *2 【日本】
生育環境 *2 【地上生】
倍数性・生殖様式 *2 【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(伊豆半島以南: new>>北上する可能性:2018/11/07、『日本シダの会会報』2018/08/01,Vol.4.No29,P21)・四・九・琉、湿潤な林内。②常緑性。③高さ:大(3m)。④根茎: 太くて直立、葉柄基部の托葉が集合して鱗状になる、葉身:楕円形、2回羽状複生(複生:切れ込みが独立した葉状になる)、⑤胞子嚢群:葉縁から1mm余り離れたところにつく、楕円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:記載なし。杉並区の保養所が静岡県にあるので、掲載しました。
【リュウビンタイ】 撮影地: 新宿御苑・温室で 2018/02/09・24

1)和名の由来「竜髭帯]となったとされる葉柄基部。

2)葉身

3)「葉の表面に短い白色の線形模様がある」とは上写真の模様のこと?

4)側羽片の裏側。辺縁に並ぶ胞子嚢群

5)左④の拡大。
 
6)左をさらに拡大。
【リュウビンタイ】 撮影地: 静岡県伊東市八幡宮来宮神社で 2018/03/12

7)静岡県伊東市八幡宮来宮(きのみや)神社。

8)右の9)横の種名板。シダ科 >> リュウビンタイ科。
 
9)同神社で撮影。大型のシダで、見つけやすいです。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.