シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
 8:ゼンマイ科: Osmundaceae
上記「8」は*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、8/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
ゼンマイ Reup Osmunda   O. japonica ゼンマイ  18/07/06
O. claytoniana   オニゼンマイ   18/07/06
背景色: 上表、種名の背景色が白色は、『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし

8-1 【ゼンマイ:薇】*1P109/*2P82・305・307/*4P72
ゼンマイ属 (Osmunda) :神様に因む。
学名【ゼンマイ】Osmunda japonica Thunb.。種形容語の意味「日本の」。
和名*2「薇」渡若い葉が巻いた様子を「線巻き」と呼んだことに由来する説。巻いた姿を銭に見立てて「銭巻」と呼んだことに由来する説がある」。
基準産地 *2 【神奈川県箱根、長崎】ST]
生育環境 *2 【地上生】
倍数性・生殖様式 *2 【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:北・本・四・九・球。②夏緑性。③高さ:中(100cm)。④葉身:三角状卵形、栄養葉:2回羽状複生(複生:切れ込みが独立した葉状になる)、小羽片の基部は切形~丸いくさび形。⑤2形性。胞子葉:主脈の両側に胞子嚢を密につけ、胞子を放出後すぐに枯死する。
借用画像: 下画像7)~9)は秋山奉由氏の画像を借用させていただきました。著作権は©秋山奉由氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。ここに記してお礼いたします。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」で掲載。
【ゼンマイ】  撮影地: 東京都

1)栄養葉-1:小羽片の基部。撮影:2018/04/30

2)栄養葉-2:撮影:2018/05/01

3)栄養葉-3:撮影:2)と同所同日
【ゼンマイ】  撮影地: 4)は東京都。 5) & 6) は小石川植物園  

4)胞子葉-1:撮影: 2017/04/02。

5)胞子葉-2: 撮影:2018/04/12
 
6)胞子葉-3: 撮影:同所同日
【ゼンマイ】 渦巻状の若芽、フィドルヘッド: 借用画像:©秋山奉由氏が神代植物園で撮影.

7) 撮影:2018/03/30

8)左⑦の一部を拡大。
 
9 )撮影:2018/04/05
【ゼンマイ】 渦巻状の若芽、フィドルヘッド: 撮影地: 東京都で 2017/04/02

10)綿毛を脱ぎ始めています。

11)左半分に綿毛が残っています。
 
12)綿毛は上部に少し残るだけです。

8-2 【オニゼンマイ(鬼薇)】*1P93/*2P84・306・307/*4P74
ゼンマイ属 (Osmunda) :神様に因む。
学名【オニゼンマイ】Osmunda claytoniana L..。種形容語の意味「John Clayton 氏の」 (1694/5–1773)。
和名鬼薇*2「ゼンマイに似て、胞子嚢をつけた葉の様子が豪壮であることによる」。
基準産地 *2【北米(ヴァージニア)】[LT]
生育環境 *2 【地上生】
倍数性・生殖様式 *2 【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(東北地方南部、関東地方北部、中部地方)。日向の湿地。②夏緑性。③高さ:中(100cm)。④葉身:狭長楕円形、葉の付き方:2回羽状深裂。⑤胞子葉:部分2形*2胞子嚢は中央より下の2~5対の幅の狭い羽片に付く
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「植栽」で掲載。
【オニゼンマイ】 撮影地: 東京都

1) 綿毛に包まれたフィドルヘッド。撮影:2018/04/16

2) 全体:撮影:2018/04/16
 
3) 胞子嚢群をつけない葉身:撮影:2018/04/16

4) 側羽片の基部:撮影:2018/04/16

new 5) 葉を食う虫: ゼンマイハバチ? 撮影: 2018/05/11
 
6)部分二形:画像wiki.「ゼンマイ属」の「オニゼンマイ」。閲覧:2018/05/04

7) 胞子嚢群をつける葉身: 撮影:2018/04/21

8) 茶褐色から黒に変化した胞子嚢群。撮影: 2018/05/17
 
9) 熟期の胞子嚢群?撮影: 2018/05/17


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.