シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
28.:コウヤワラビ科 Onocleaceae のメニュー
*2
P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、28/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
クサソテツ Matteuccia M. struthiopteris クサソテツ 18/09/10
コウヤワラビ  Onoclea s O. sensibilis var. interrupta  コウヤワラビ (移)  18/09/10
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。   


28コウヤワラビ科 Onocleaceae
上記「28」は*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科抽出後の28/37番目を意味します。
28-1 【クサソテツ:草蘇鉄】*1P40/*2P253・456・457/*4P223
クサソテツ属 (Matteuccia) :イタリアの自然科学者、C. Matteucci に因む 
学名【クサソテツ】Matteuccia struthiopteris (L.) Tod.。種形容語:struthio「花束」+pteris「シダ」。「YList」のクサソテツ属に従いましたが、*2P456ではコウヤワラビ属Onoclea struthiopteris (L.)Hoffm. が採用されています。
和名【草蘇鉄】*2「叢生する植物体の様子が、ソテツ(裸子植物)に似る草本性のシダ植物」。
基準産地 *2【ドイツ】 [LT] (レクトタイプ:選定基準標本)。
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九。②夏緑性。③高さ:大(150cm)。④葉身(栄養葉):卵状倒披針形、2回羽状中裂~深裂。⑤胞子葉と栄養葉が異なる:二形性 。胞子は冬に熟す。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「在来」記載。
クサソテツ】 撮影地: 杉並区の「Aさんの庭」(植栽) 

1) 群落:若草色の群落は目に優しく、自然風の庭に良く似合う。撮影: 2015/05/04。

2) 葉身:倒卵形で頭部に短縮した頂羽片がつき、下部側羽片は縮小する。撮影: 2015/05/04

3)胞子葉-1:秋~冬に見られる。撮影: 2017/01/28
クサソテツ】 撮影地: 4) 小石川植物園、  5) & 6) 購入品: 2018/02/08

4)胞子葉-2:夏緑性なので冬は胞子葉だけが残り、こんな姿に。生け花の材に使われるとのこと。2018/02/25。

5)購入したコゴミ(クサソテツの若葉)。コゴミの英語は Fiddlehead fern

6)渦巻き状の若芽: 左5)の英語名はFiddlehead(バイオリンの頭部)+ fern (シダ植物)。
【クサソテツ】 撮影地: 東京都

7)鱗片に包まれた、まだ硬い新芽。2018/03/24

8)少し頭を出した新芽。2018/03/24
 
9)若い葉身。2018/03/29

28-2 【コウヤワラビ:高野蕨】*1P36/*2P252・456・457/*4P224
クサソテツ属 (Matteuccia) ギリシャ語の植物名からの転用とされる 
学名【高野蕨】 Onoclea sensibilis L. var. interrupta Maxim.。種形容語の意味:*5P57「しおれ易い」。変種の意味*5P57「断続的な」。
和名【高野蕨】*2「和歌山県の高野山に産するシダ植物」。
基準産地 *2 【ロシア】 [ST] 
生育環境 *2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2
【2倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・九。②夏緑性。③高さ:中(60cm)。④葉身:広三角状卵形、1回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)~2回羽状中裂。葉身上部に翼がある。⑤胞子葉・栄養葉:二形性 。胞子は冬に熟す。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「移植」記載。
シダの扉』盛口 満、2012、㈱八坂書房: 盛口 満氏の父が「シダの扉」を開くきっかけとなったのがコウヤワラビ。その父と子が継がっていることが、P204-209、「知ることができる存在としての僕ら」にコウヤワラビのイラストと共に書かれています。
【コウヤワラビ】 撮影地: 目黒自然教育園  

1)種名板:本サイトでは*2に従って、コウヤワラビ科。

2)栄養葉-1: 水辺の明る湿地に生育。撮影:左1)を含めて2018/08/30

3)栄養葉-2: 群落を形成。2018/08/30

4) 上部の葉(中)軸基部には幅広の翼がある: 2018/08/30 

5)胞子葉-1: 栄養葉はまだ発芽していない早春に撮影:2018/03/25
 
6)胞子葉-2: かろうじて残っていた枯れた胞子葉。2018/08/30

【コウヤワラビ】 撮影地: 東京都 で 2018/09/09  

1)葉身:水辺のイネ科植物に囲まれていました。

2)栄養葉の上部: 広い翼。

3)胞子葉:早くも、胞子葉が見られました。

Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.