シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
29: シシガシラ(獅子頭)科 Blechnaceae
上記「29」は*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科抽出後の29/37番目 
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
コモチシダ属   Woodwardia W. orientalis コモチシダ 18/08/18
2. Woodwardia W. unigemmata   ハイコモチシダ  18/08/18
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし

29-1 【コモチシダ:子持ち羊歯】*1P74/*2P256・460・463/*4P157
コモチシダ属 (Woodwardia)、イギリスの植物学者、Thomas Jenkinson Woodward (1745-1820)に献名。 
学名コモチシダWoodwardia orientalis Sw.。種形容語の意味「東洋の」
和名子持ち羊歯*2「葉の表面に子(無性芽)を多数つけるシダ植物」。
基準産地 *2【日本産を描いた図解】
生育環境 *2 【崖地生】
倍数性・生殖様式*2
【4倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(宮城以南)・四・九。②常緑性、③高さ:大(200cm)④葉身:三角状卵形、2回羽状深裂、葉の表面に無性芽(子持)を多数つける。⑤苞膜: 楕円形。胞子嚢群:長楕円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:記載なし。勉強のために掲載しています。
【コモチシダ】 撮影地: 小石川植物園 ・ 2018/02/25  

1)葉裏の胞子嚢群が、葉表に隆起している。

2)葉の表面についている無性芽
 
3)葉裏
【コモチシダ】 撮影地: 神奈川県で 2018/01/13  

4) 崖地生

5) 葉は大形。湿潤な環境に生育。
 
6) 崖下部にあった小さい芽

29-2 【ハイコモチシダ:這子持ち羊歯】*1P75/*2P256・460・463/*4P156
コモチシダ属 (Woodwardia)、イギリスの植物学者、Thomas Jenkinson Woodward (1745-1820)に献名。 
学名ハイコモチシダ】 Woodwardia unigemmata (Makino) Nakai.。種形容語の意味「芽が一つの」。命名者:中井猛之進 (1882-1952)★本サイト「植物学名命名者」へジャンプ。5番目に記載されています。
和名這子持ち羊歯*2「葉の先端近くの無性芽から新たな個体が成長して、地面を這っているような形になるコモチシダの仲間」。
基準産地 *2【静岡県浄蓮の滝】
生育環境 *2 【崖地生】
倍数性・生殖様式*2
【2倍体有性生殖】
要点:①分布:本(伊豆半島)・九(熊本県・鹿児島県)。②常緑性、③高さ:大(200cm)④葉身:三角状卵形、2回羽状深裂、葉軸側背軸、上部の羽片基部に通常1個の無性芽あり。⑤苞膜: 楕円形。胞子嚢群:長楕円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:記載なし。★本サイト「杉並区の保養所」が静岡県にあるので、ご覧になる機会もあるのではと掲載しました。
「1917年に国内では初めて浄連の滝で群落が発見されたため別名を『ジョウレンシダ』といい、(静岡)県指定天然記念物に指定されています」(静岡県ふじの国文化資産データベース)閲覧:2018/03/19。
【ハイコモチシダ】 撮影地: 静岡県の浄蓮の滝で 2018/03/13

1)浄蓮の滝の前に建っている看板。

2)左の崖から下垂するハイコモチシダ・右が浄蓮の滝
 
3)左2)写真の崖部分を拡大。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.