シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
30 【メシダ(雌羊歯)科】Athyriaceae のメニュー
*2
P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、30/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 ウラボシノコギリシダ  Anisocampium A. niponicum イヌワラビ
(含:ニシキシダ) 
18/10/03
 2 メシダ    Athyrium     A. vidalii ヤマイヌワラビ 18/10/03
保留
3 A. yokoscense  ヘビノネゴザ 18/10/07
 4 シケシダ    Deparia    D. conilii   ホソバシケシダ 18/10/07
保留
5 D. japonica  シケシダ   18/10/03
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。  グレー(保留):筆者は杉並区では確認できていません。

30-1 【イヌワラビ:錦羊歯】*1P85・120/*3P70・324・323/*4P239
ウラボシノコギリシダ属 (Anisocampium)、意味は不明。 
学名イヌワラビ】 Anisocampium niponicum (Mett.) Y.C.Liu, W.L.Chiou et M.Kato。種形容語の意味「日本の」
和名犬蕨*3「ワラビに似ているが食用などにならず、役に立たない植物」。
基準産地 *3【日本】
生育環境 *3 地上生】
倍数性・生殖様式*32倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九・屋久島。②夏緑性、③高さ:中(80cm)。④葉身:卵形~卵状長楕円形、切込み:2回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)~3回羽状深裂、側羽片の柄:有柄。⑤栄養葉・胞子葉:やや二形(栄養葉は羽片が広い)。胞子嚢群:楕円形~鉤形、苞膜:三日月形、馬蹄形、鉤形など。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:「在来」記載。
シダの扉』盛口 満、八坂書房、2012、P95の イヌワラビのイラストには、「関東地方では都市部でも普通に見るシダ」とあるように、杉並区でも普通に見られるシダ植物の一種です。
【イヌワラビ(栄養葉 (追加)】 撮影地: 東京都

1)葉身。2018/03/28

2)側羽片の基部:有柄。小羽片の縁:鋸歯縁。2018/04/16

3) フィドル・ヘッド:撮影:2018/03/22。
  【イヌワラビ(胞子葉の表側 (追加)】 撮影地:東京都で 2018/09/24

4)葉身:*5P133「羽軸は普通、紫紅色をおびる」。上段 2)も参照下さい。

5)左4)の拡大。*3P323「頂羽片」は「鉾状になるが不明瞭」。 

6)最下羽片下向き第一小羽片は欠落。
イヌワラビ (胞子葉の裏側 (追加)】 撮影地: 東京都

7)撮影:2017/11/28

8)撮影:左7)の一部拡大。

9)胞子嚢群: 鉤(かぎ)形など。撮影: 2018/09/08

30-2 【ヤマイヌワラビ:山犬蕨】*1P124/*3P31・299・316/*4P238
メシダ属 (Athyrium)の意味: anthyros 入口が無い。
学名: 【ヤマイヌワラビ】 Athyrium vidalii (Franch. et Sav.) Nakai。種形容語は「ビダリー氏の」。氏の詳細は不明。
和名山犬蕨*3「山地に生育するイヌワラビに似た植物」。
基準産地 *3【日本】
生育環境 *3地上生】
倍数性・生殖様式 *34倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九・屋久島。②夏緑性。③高さ:中(80cm)。④葉身:三角形~三角状卵形、切込み:2回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)~3回羽状中裂、羽片の柄:短柄。⑤栄養葉・胞子葉:同形、、胞子嚢群:長楕円形~鉤形。苞膜:長楕円形~鉤形/馬蹄形。
2種を比較した場合の主な相違点
  属名  倍数性・
生殖様式 
根茎  頂部羽片  羽片基部
の柄
栄養葉
胞子葉
最下羽片下側第一小羽片
イヌワラビ ウラボシノコギリシダ属 2倍体有性生殖 やや長く匍匐  急に細くなる 有柄  やや二形 欠落が多い 
ヤマイヌワラビ  メシダ属  4倍体有性生殖 斜上 徐々に細くなる 短柄 同形 小さい 
杉並区自然環境調査報告書-第6次:「在来」記載。保留。
NEW 【ヤマイヌワラビ】 撮影地: 筑波実験植物園で 2018/06/24 

1) 種名板

2)  葉身

3) 最下羽片: 左2)の一部拡大
 
4)上段2)の羽片の頂部を拡大。

5) 胞子嚢群
 
6) 左5)の角度を変えて拡大。
 
30-3 【ヘビノネゴザ:蛇ノ寝茣蓙*1P125・126/*3P26・298・315/*4P233
メシダ属 (Athyrium)の意味: anthyros 入口が無い。
学名: 【ヘビノネゴザAthyrium yokoscense (Franch. et Sav.) Christ。種形容語は「横須賀の」(サヴァチェが横須賀造船所に医師として滞在したときに採集し、チャセンシダ科、チャセンシダ属のAsplenium yokoscense Franch. et Sav.、1879として登録したが、1896、Konrad H.H. Christ(1833-1933:スイスのシダ植物学者)が上記のメシダ属へ転属しました。サヴァチェについては、★本サイト植物学名命名者」の6番目をご覧ください。
和名蛇ノ寝茣蓙*3「やや不規則に葉を叢生させる様子を蛇が寝るための茣蓙(ござ)に見立てたもの」。
基準産地 *3【神奈川県横須賀】[LT」
生育環境*3地上生】
倍数性・生殖様式*32倍体有性生殖】

要点: ①分布:本・四・九。②夏緑性。③高さ:中(80cm)。④葉身:三角状卵形~広披針形、羽片:2回羽状中裂~3回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)、小羽片:鋸歯縁、葉柄基部の鱗片:2色性(淡褐色で中央部が茶褐色色)、⑤胞子嚢群:楕円形~鉤形、苞膜:(追加訂正)長楕円形~鉤形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次:「在来」記載。 東京都で撮影した写真は不鮮明、別種がまじっている可能性がありましたので、削除しました。再度撮影して、掲載する予定です。
 【ヘビノネゴザ】 筑波実験植物園で 2018/06/24

1)種名板

2) 葉身 

3) 株

4) 葉身の下部

5)苞膜: 鉤形
 
6)葉柄基部の鱗片:縁が淡く、中心部が茶褐色の2色性

30-4: ホソバシケシダ(細葉湿気羊歯)*1P69/*3P102・345・352/*4P247
シケシダ属 (Deparia) の意味(ギリシャ語の depas 「受け皿」が語源」  
学名: 【ホソバシケシダ】Deparia conilii (Franch. et Sav.) M.Kato。種形容語は「コニル氏の」。氏の詳細は不明。
和名 【細葉湿気羊歯】*3 「細身の幅が細いシケシダの仲間」
基準産地 *3【神奈川県箱根山】{LT}
生育環境*3地上生】
倍数性・生殖様式*36倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九。②夏緑性。③高さ:(40cm)。④葉身:1回羽状複生~2回羽状浅裂、三角状披針形~長楕円状披針形、⑤胞子葉・栄養葉が異なる:*22形性」、*4:胞子葉の葉柄の長さは葉身より長く、栄養葉の葉柄の長さは葉身より短い(赤字を追加訂正)。 胞子嚢群・苞膜:長楕円形~鉤状。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。
同定難種: ホソバシケシダ*3P345「日本の温帯では多様な組み合わせで種間雑種を形成し、同定の難易度が高い」7種の内の1種とのことです。従って、誤同定の可能性がありましたので、掲載していた東京都で撮影した6枚は削除し(2018/10/05)、保留としました。
  【ホソバシケシダ】 撮影地: 筑波実験植物園で 2018/06/24

1) 種名板

2) 葉身 

3) 苞膜

30-5:シケシダ(湿気羊歯)*1P94/*3P102・344・352/*4P248
シケシダ属 (Deparia) の意味(ギリシャ語の depas 「受け皿」が語源」 
学名: 【シケシダ】Deparia japonica (Thunb.) M.Kato。種形容語は「日本の」。
和名蛇ノ寝御座*3「湿った場所に生えるシダの意」。
基準産地 *3【長崎県】
生育環境*3地上生】
倍数性・生殖様式*3 【6倍体有性生殖

要点: ①分布:北(石狩・胆振)・本・四・九・屋久島。②夏緑性。③高さ:中(60cm)。④2回羽状中~深裂、長楕円状広披針形~卵状広披針形。⑤胞子嚢群・苞膜:狭長楕円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。
シケシダ】 撮影地: 東京都 で 2018/09/09 

1)湿気のある斜面の群落
2)葉身
3) *2頂羽片:「不明瞭」。羽片は先端に向かって徐々に小さくなる。

4)葉表の羽片: 葉脈が見える

5) 胞子嚢群:長楕円形。

 6)。裂片先端に浅鋸歯。
シケシダ】 撮影地: 筑波実験植物園で 2018/06/24  

 種名板

葉身。右:頂部羽片。 
 
苞膜


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.