シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
34.:タマシダ科(玉羊歯科) Polypodiaceae のメニュー
上記「37」は*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、34/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 タマシダ Nephrolepis     N. cordifolia タマシダ (植・逸出) 18/08/02
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。     

34 【タマシダ(玉羊歯)*156/*3P251・439・441/*4P56 
タマシダ属(Nephrolepis)ギリシャ語のnephros「腎臓」とlepis「鱗片」の合成語
学名タマシダ】 Nephrolepis cordifolia (L.) C.Presl。種形容語は「心臓形の葉の」。
和名玉羊歯*3 「走出枝に水を蓄える玉(球塊)をつけるシダ植物」
基準産地 *3【ドミニカ】[ET]
生育環境 *3【地上生/着生(ヤシ科の幹など】
倍数性・生殖様式 *3【日本は未知】
要点: ①分布:本(伊豆諸島・伊豆半島以西)・四・九・琉・小笠原諸島。②常緑性。③高さ:中(100cm)、④葉身:狭長楕円形円(ほぼ上下相称形)、1回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)。⑤胞子嚢群は円形、包膜は腎臓形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「植栽・逸出」記載。
【タマシダ】

1)街路前に置かれた植木鉢で撮影。東京都で 2017/11/24

2)小羽片の裏。撮影: 撮影:左1)に同じ。

3)カナリーヤシに着生したタマシダ。静岡県で2016/12/26に撮影。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.