シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
37.:ウラボシ科(裏星科) Polypodiaceae のメニュー
上記「37」は*2P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、37/37番目。 
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 マメヅタ Lemmaphyllum     L. microphyllum マメヅタ  18/07/15
2 ノキシノブ   Lepisorus   L. onoei ヒメノキシノブ  18/07/15
保留
3 L. thunbergianus  ノキシノブ  18/07/15
4 クリハラン  Neolepisorus   N. ensatus  クリハラン (植) 18/07/15
5 ヒトツバ   Pyrrosia P. lingua  ヒトツバ (植) 18/07/15
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。  グレー(保留):筆者は杉並区では確認できていません。    
37-1 【マメヅタ(豆蔦)*19/*3P279・461・477/*4P56 
マメヅタ属(Lemmaphyllum)ギリシャ語の「皮」と「葉」の合成語
学名マメヅタ】 Lemmaphyllum microphyllum C.Presl。種形容語は*5「微小な葉の」。
和名豆蔦*3 「豆のように小さな丸い葉をもつ蔓状の植物」
基準産地 *3【日本】
生育環境 *3【着生(樹幹)/岩上生】
倍数性・生殖様式 *2【2倍体有性生殖】染色体基本数はx=36
要点: ①分布:東北南部以南の本・四・九・琉。②常緑性。③高さ:小(2cm)、④葉身:円~楕円形。栄養葉:単葉、全縁、多肉質で地を這う。⑤栄養葉と胞子葉は2形性。胞子葉の高さは3cm、狭いヘラ形で単葉、立上がる、胞子嚢群は線形、包膜はない。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「在来」記載。
京都レッドデーターブック2013【DD】情報不足:環境条件の変化によって、容易に絶滅危惧のカテゴリーに移行し得る属性を有しているが、生育・生息状況をはじめとして、ランクを判定するに足る情報が得られていないもの。
【マメヅタ】 撮影地: 他に明記なき場合、東京都  

1)湿った環境の石の上に着生。胞子葉は見つかりませんでした。2017/12月。

2)葉は単葉、全縁、楕円形~円形、多肉質で、地を這う。左1)の一部拡大。

3)胞子葉: 狭いヘラ形で立ち上がる。撮影:神奈川県: 2018/01/13
 【マメヅタ】 撮影地: 静岡県伊東市八幡宮来宮神社で 2018/03/12。

4)静岡県伊東市八幡宮来宮神社境内のイチョウの高木に着生。

5)本神社境内はシダにとって条件が良さそう。

 6)左4)のイチョウを見上げると胞子葉が見えました。

37-2 【ヒメノキシノブ(姫軒忍)】*1P1/*3P282・464・479/*4
ノキシノブ属(Lepisorus)の意味: ギリシャ語の「鱗片」と「胞子嚢群」の合成語 
学名【ヒメノキシノブ】Lepisorus onoei (Franch. et Sav.) Ching。種形容語の意味:「小野氏の」。左学名にある、フランシェとサヴァチェ(左青字から★本頁の学名命名者リストへジャンプ > 6番にあります)。両氏は幕末から江戸時代の植物学者、小野職葭:おのもとよし(大草本家の小野蘭山の孫)へ献名しました
姫軒忍*3「葉が小型のノキシノブの仲間」
基準山地 *3 【日本

生育環境 *3【着生(樹幹)/岩上生】
倍数性・生殖様式 *3【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:北・本・四・九・琉。②常緑性、③高さ:小(30cm)。④葉:単葉、全縁、葉身:線形~広線形。葉先は鈍頭、葉脈ははっきりしない。⑤胞子嚢群は円形、上半分に少しつく、包膜はない。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。 保留。     
コメント: S氏に生育地を教えていただきました。S氏のご協力に感謝いたします。なかなか見つからず帰路に再度探して見つけました。残念ながら環境変化で弱っていました。
【ヒメノキシノブ】 撮影地: 東京都で 2018/04/04  

1)ヒメノキシノブ

2)胞子嚢群葉先は鈍頭

3)地衣類の上でかろうじて生育。いつまで元気でいられるか?

37-3 【ノキシノブ(軒忍)】 *P10/*3P280・463・478/*4P478
ノキシノブ属(Lepisorus)の意味: ギリシャ語の「鱗片」と「子嚢群」の合成語
学名【ノキシノブLepisorus thunbergianus (Kaulf.) Ching。種形容語の意味:「ツンベルグ氏へ献名」本サイト学名の命名者へジャンプ後、4番目(ツンベルグ)へ。
和名軒忍*3家の軒先によく生育するシダ植物」。
基準産地 *3長崎県
生育環境 *3【着生(樹幹)/岩上生】
倍数性・生殖様式 *3【2倍体・4倍体・3倍体不燃性・6倍体(ゲンムサイズ測定毛結果から推定)
要点: ①分布:北・本・四・九・琉。②常緑性、③高さ:小(30cm)、葉身:岩「線形~広線形」。④葉:単葉、全縁、葉先は鋭頭、、葉脈ははっきりしない。⑤包膜はない、胞子嚢群は円形。 
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。 
【ノキシノブ】 撮影地: 東京都で 2017/11/28    

1)葉:単葉・線形・全縁。

2)葉先鋭頭(尖る)。
3)苞膜がない胞子嚢群は円形。
【ノキシノブ】 撮影地: 東京都で 2018/03/28  

4)ウメの古木に着生

5)左の4)を角度を多少変えて拡大。 
 
6)胞子嚢群

37-4 【クリハラン:栗葉蘭】*1P15/*3P289・466・476/*4P268
クリハラン属(Neolepisorus)の意味: neo「新しい」+Cheiropteris「クリハラン属」
学名クリハラン】 Neocheiropteris ensata (Thunb.) Ching.。種形容語の意味:「剣形の」。
和名栗葉蘭*3 「葉の形がブナ科のクリに似たシダ植物」。
基準産地 *3 【長崎】
生育環境 *3【地上生/岩上生】
倍数性・生殖様式 *3【4倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(関東以西)・四・九・琉。②常緑性。③高さ:50cm。④葉身:単葉、広披針形、葉縁は波状。⑤胞子嚢群: 円形~楕円形、苞膜なし。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 不記載。記録のために掲載しました。
京都レッドデーターブック2013【・】非分布:生態的、地史的な理由から、もともと当該地域には分布しないと考えられるもの。
【クリハラン】 撮影地: 東京都(植栽)で 2018/03/17  

1):葉 身

2):葉裏

3)胞子嚢群
37-5 【ヒトツバ(一つ葉)】*1P14/*3P267・456・472/*4P263 
ヒトツバ属(Pyrrosia)の意味:ギリシャ語の「炎」が語源
学名ヒトツバ】Pyrrosia lingua (Thunb.) Farw.。種形容語の意味「舌形の」。
和名一つ葉*3 「単葉を持つ植物」
基準産地 *3【日本】
生育環境 *3【着生(樹幹)/岩上生】
倍数性・生殖様式 *3【2倍体(生殖様式未知)】
要点: ①分布:茨木県以西、乾いた樹上・岩場に着生。②常緑性、③高さ:小(30cm)。④葉:単葉、全縁、革質、葉柄は長い。葉身:栄養葉:卵状披針形、胞子葉:卵状狭披針形。葉裏に星状毛を密性。⑤2形性(胞子葉は栄養葉に比べて幅が細く、長い)。包膜はない、胞子嚢群は赤褐色で、葉裏全体につく。
杉並区自然環境調査報告書-第6次: 「植栽」記載。

京都レッドデーターブック2013【・】非分布:生態的、地史的な理由から、もともと当該地域には分布しないと考えられるもの。
ヒトツバ】 撮影地: 東京都(すべて植栽)

1)葉表: 撮影:東京都-植栽:2017/11/26

2)葉裏:一部だけについていた胞子嚢群小石川植物園:2018/02/25

3)「葉裏一面に胞子嚢群をつける」。撮影:東京都-植栽: 2017/12/02
ヒトツバ】 撮影地: 神奈川県で 2018/01/13  
 
4) 葉身-1

5)葉身-2 
 
6)胞子葉の裏の胞子嚢群


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.