最新更新日2020/08/31
生活編
本ページに間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
3.  果実酒・ジュース: 2019/10/10 new
2.  ジャム: 2014/07/09
1. 植物を飾る  2020/08/31 new

3.: 果実酒・ジュース

10)梅酒と黄桃缶詰のゼリーケーキ: 撮影:2019/01/03

11)梅酒: 出来上がり: 撮影2019/06/24
new 12):タネを除いて果肉を保存。撮影2019/10/08 

7)カリン酒材料:果肉が硬く切るのに苦労。撮影:2016/11/25

8)カリン酒:ビンはバザーで購入。撮影:2016/11/25

9)梅酒: ホワイトリカーとキビ砂糖: 撮影:2018/06/18

4)完成品の梅酒: 撮影:2012/11/09

5)カリン酒:切るのに一苦労。撮影:2013/01/20
 
6)梅酒始末ケーキ: 12)の果肉を入れたケーキ。2013/03/03
梅ジュースを作っていた頃  

1)梅ジュース:材料:梅、氷砂糖。撮影:2005/05/25。骨董市で買った瓶。

2) 梅ジュース: 糖。撮影: 2008/05/27。六角瓶。

3)完成品:左:梅酒・右:梅ジュース:撮影2012/11/05。焼酎の空き瓶で保存。

                            2: ジャムづくり
材料: 季節のくだものを中心にジャム作りをしていました。段々体力・気力がなくなりつました。以前は、こんなこともできたのかと自分を励ます意味もあって記録しました。
夏蜜柑ナツミカン) 2014/07/09
材料:減農薬ナツミカン5Kg(農家支援目的で購入)、キビ砂糖 1Kg
作り方:1)外果皮(黄色の部分)をピラーでむく(使うのは中果皮で外果皮は捨てる)、2)鍋に1)と水を入れ煮る、3)柔らかくなったらさます。4)この水を捨てて、もう一度皮を水につけて置く(約1時間)、5)皮の水気を絞り、薄く切る、6)果肉の内果皮(袋)を除去してステンレスorほうろう鍋に入れ、その上に 5)を入れ、キビ砂糖を数回に分けて入れ、弱火で煮る。水分は果肉の水分だけ。煮詰まったら、7)消毒した瓶にいれ、8)冷蔵庫で保存。 
その他:本当はタネをガーゼの袋に入れてタネのペクチン(トロミ)を利用するのだが、代用として粉寒天を少し入れてもよい。
柑橘類と薬: 飲んでいる薬の関係(2016~2019)で、柑橘類を食べなくなりました。

1)「作り方」の3):、1回煮て、その水をすて、新しい水にひたす

2)「作り方」の5)の皮を刻む前。左の水からだし、水を絞る。

 3)左写真を横断するように刻む。

4)「作り方」の6)手で袋を除去するので、かなり手間がかかる。撮影::2009/03/06

5)出来上がりはみかん5kgで、ビンに4コ。冷蔵庫で保存。今は作ることが無理になった。
6)別バージョン:夏みかんの皮でオレンジピールを作り、ケーキ風台にのせて焼いた。
梅(ウメ): 2014/07/04  

4)熟した果実:南高梅が半額になったので3kg購入。洗ってヘソを除去。

5)左を水で煮て、潰し、タネを除去し砂糖を入れて煮詰める。

6)ジャムにしたら瓶3コできた。「お~す~ぱ~ぃ」!不評でした
ヤマモモ :2014/06/25

1)拾い集めた果実をよく洗って鍋に入れ、水を入れて煮る。

2)軟らかく煮たら、水を捨てタネを除去してから、つぶして砂糖を加え煮詰める。

3)完成:鍋底に少しできた。ラズベリージャムのような強酸味だった。

冬瓜トウガン :2008/09/06
遠出したときに立ち寄る「道の駅」で購入した冬瓜。あまりの大きさに敬遠して買う人がいない?
敬遠されるのは、大きいだけではなく、処理が難しいことにあった。大き過ぎて、切断、皮剥きが硬くて大変。冬瓜のジャムは、これが最初で最後。但し、冬瓜にはビタミン、浮腫みの改善に効果があるとのこと。

1) バッグにも入らない大きさ

2) 幅が45cmぐらいありそう
 
3) 切るのも一仕事

4) 皮をむいて、細かく切る 

5) 煮たら半分ぐらいの量に

6) ジャムは2瓶(8分目)、他は冬瓜煮
 1: 植物を飾る
: 刈られてしまう空き地の草花、公園などの剪定枝、区民農園で育てたものや、実家から、「道の駅」などで購入した草花、いただいた花など。 身近にあるもので、ささやかに季節を感じる生活を旨としてきましたが、植物を飾るのも心の余裕と体力が必要なのだと、つくづく思うこの頃です(再編集して記:2019/10/10)。
【春】だいたい3月~5月最下段が一番古く、最上段が新しい、左端(古い)から右端が新しい。

中国原産のリキュウバイ: 剪定枝をいただいて撮影:2020/04/04

 春の籠盛り:勤務時代の友人が来訪し、お土産にいただきました・撮影:2019/03/21

 コブシの伐採木の枝をいただいて・撮影:2019/03/21。籠は炭入れ。

 左のコブシの花が終わり、葉が開いて撮影:2019/03/30

 左のバラの実を姉が作った「お雛様」の飾りに。撮影:2016/02/15

サクラの仲間
:大風で枝が折れてしまった桜をいただきました。生けたら花が咲きました。2016/03/16

オールドローズ(庭で育てた)をご近所さんからいただいて撮影:2017/05/21

斑入りホウチャクソウ:実家から。丈夫で毎年芽を出す。2012/04/12

実家のウメを「お雛様」の飾りに。撮影:2014/02/13 

バラの実の花束: ご近所さんからいただいた。撮影:2016/02/15
 
アジサイなど: 実家から。撮影:2008/05/08

お水取り」のツバキを菅野温子氏が作って下さいました。2009/03/09

ミズキの剪定枝: 持ち帰り、生けたら芽が出た。2011/03/30

ヒヨドリが飛来: 2008/03/20

「道の駅」で購入した。上左:日本水仙・上右:ボケの花・撮影:2008/03/30
 
メダカを飼っていた瓶。今はメダカ・瓶もない。撮影:2008/03/30

露地花: 下段と同じ。2005/05/23。八角瓶。

実家のツバキ:茶毒蛾がつくが、祖母が好きだった。2006/04/08
 
斑入りナルコユリ:丈夫で放置しておいても毎年咲く。2006/04/29

ツバキ、レンギョウ:あきる野市の市場で購入。2005/04/02

シャクヤク:レース編みは母の遺品。2005/05/12
 
露地花:旅の途中で寄る「道の駅」の花と野菜は新鮮でもちがよい。
20
【夏】だいたい6月~8月最下段が一番古く、最上段が新しい、左端(古い)から右端が新しい。

newアオジソ:撮影:2020/08/31
   

生態系被害防止外来種-157のセイバンモロコシ:撮影:2014/07/13 

アジサイ (テマリ系)剪定枝をいただいて: 撮影:2019/08/24

フヨウ: 剪定枝をいただき、焼酎の空き瓶に。new撮影:2020/08/21

空き地のヨウシュヤマゴボウヒエ:撮影:2012/07/14 

「道の駅」で購入した花束:撮影:2013/07/20

ドクダミ:暗い場所に群落をつくる。臭いが強いので嫌われるが、束ねるとなかなか。撮影・2014/06/01

いただいたバラの花束:撮影: 2005/08/10

区民農園で育てたハッカ:桑入れ籠を糸巻きの上に置いている。都郊外の骨董市で購入した。撮影:2012/07/13 
 
ヤマモモ:児童館前でお母さんたちがヤマモモを収穫中、枝をいただいた。撮影:2013/06/23

墨入れの中のスミレ:レース編みは母の遺品。撮影:2005/06/16

実家の斑入りホウチャクソウと都忘れ。2005/06/16

薩摩芋の茎:皿に水少々を入れ、捨てる薩摩芋の端を切り口を下にして置いておくと茎が出る。撮影:2005/07/02

背負子に時計をつけた。下部に試験管をぶら下げてその中にコヒルガオを入れた。撮影:2005/06/06

実家のホタルブクロ:いつの間にか消えてしまった。撮影・2005/06/06

実家のテツセン・斑入りホウチャクソウ:撮影:2005/06/08

【秋】だいたい9月~11月最下段が一番古く、最上段が新しい、左端(古い)から右端が新しい。

露地のキク:露地のキクはもつので、下段のキクを生け直して撮影: 2014/11/21

サザンカを義兄が焼いた茶碗に生けた。撮影: 2016/11/23

オニユズ:都立農芸高校、農業祭で購入:糸車の上に置いた。2013/11/11

都立農芸高校、農業祭で購入したキク:撮影:2013/11/10

露地のキク:区民農園の師匠、小板橋氏にいただきました。撮影: 2014/11/1

旅先で入手したススキ: 近所では、もうススキが入手できなくなった。2008/10/13

ガラス瓶でメダカを飼ったこともありました。。2008/10/20
 
ワィルドコバンソウが枯れたので洗面所へ活けなおし。2008/12/30

空き地のヨウシュヤマゴボウカラスウリ。撮影:2005/11/20 

鉢植えのシランの枯れた葉と右のカラスウリ。撮影:2005/11/25
 
ご近所さんからいただいたワイルドコバンソウカラスウリ: 2007/01/03

1年間だけ習った苔玉:管理が悪く一つも残っていない。撮影:2005/09/16

ヨウシュヤマゴボウ:最近は草刈りが頻繁で、残らない。2005/09/17

サザンカ
: ガラス瓶は、その後、割れてしまった。撮影:2005/11/15 

【冬】だいたい12月~2月最下段が一番古く、最上段が新しい、左端(古い)から右端が新しい。

「道の駅」で購入:針葉樹の葉と日本水仙。撮影:2016/12/27

ご近所さんにいただいたバラの果実の束:2017/01/12

ナンテンの果実:2018/03/15

実家からもらったX'masu用の花材。撮影:2014/12/19

干したカラシ:べにや民芸店で購入しX'mas用に飾った。撮影:2015/12/12
 
購入した白いユリ:撮影:2016/02/24:瓶は戦前のキリンビール

 シナヒイラギ、ドングリサンタ、小枝のサンタ:撮影:2010/12/14 

サクラの折り紙。姉が区民講座で学び折った作品。2012/12/07

ヒマワリの折り紙。姉が区民講座で学び折った作品。2012/12/07 

購入したサンキライ: 撮影:2008/12/30

ヤブコウジ: オザキで苗を購入。鉢に植え、苔をはった。2008/12/30

梅と日本水仙: 2010/01/03

実家のオンシジュームとシラカシの剪定枝。撮影:2008/10/13

実家のオンシジュームとシラカシの剪定枝。撮影:2008/10/13

撮影:2008/12/19

実家からもらったお正月用花材:松葉とセンリョウ。2007/12/28 

センリョウを洗面所に置いて撮影:2008/01/06

購入したユリ: 撮影:2008/01/16

鉢植えのウメを購入、両脇は苔玉。: 撮影: 2005/12/21

苔玉:松・黄菊:お正月用。2005/12/21 
 
瑞祥植物:左からヤブコウジ(十両)・千両・万両:撮影: 2007/01/15


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.