へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/06/12・写真:他に明記なき場合筆者
ガクアジサイ  (ユキノシタ科アジサイ属)アジサイ科(Hydrangeaceae) P173
上の赤字はマバリーの分類体系、2008(『植物分類表』大場秀章、㈱アポック社による
ユキノシタ科 Saxifragaceae: saxum「石」+frangere「砕く」
学名=属名+種形容語 Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. normalis (E.H.Wilson) H.Hara
属名の意味 (f) 形態由来:ヒドランゲア: Hydro「水」+angeion「容器」蒴果の形からきた名といわれる
種形容語の意味  形態由来: macro 「大きな」+phylla「葉」、f. (品種)、normalis 「正規の」
命名者  ★マークは本サイトの「植物学名命名者に詳細あり。
ツンベルク、Carl Peter Thunberg(1743-1828) 
・ Nicolas Charles Seringe (1776– 1858) フランス人植物学者、
ウイルソン、Ernest Henry Wilson (1876–1930) 
原 寛 (1911-1986)。
和名の由来  ガクアジサイ: 装飾花が両性花の周囲を囲むことによる 
分布、生育地 国内: 房総・三浦半島、足摺岬、南北硫黄島。生育地: 沿海地
樹形 落葉~半常緑低木、高さ2-3m、株立ち
対生。表面無毛で光沢あり、縁: 三角状の鋸歯、葉身:10-15cm、幅: 5-10cmと大型
花・受粉 両性花、集散花序をだし、両性花の周囲を装飾花が囲む。両性花の花弁: 5コ、雄しべ:10コ、花柱: 3-4コ。受粉:虫媒。アブの仲間が花粉を集めに訪花(★下写真参照)。
果実・散布 果実(蒴果):11月頃熟す。種子の両端に「短い突起状の翼がある」ということは風散布 か?
用途 緑化樹:公園樹、庭木として植栽されている。多くの園芸品種が開発されている
アジサイ
同定ポイント
右3種
ガクアジサイ:全体に大ぶり、葉:表葉光沢あり、質:厚い、幅広い。額縁状装飾花
ヤマアジサイ:全体に小ぶり、葉:表葉光沢なし、質:薄い、幅狭い、葉裏脈腋に毛
アジサイ(テマリ咲):すべて装飾花
参考図書  *1:『樹に咲く花・離弁花②』P44、太田和夫、2000、㈱山と渓谷社

アジサイの仲間:  高尾山稜で撮影したヤマアジサイを除いて、他は植栽。

ガクアジサ:周囲を装飾花が額縁のように囲んでおり、その中に多数の花がある。上写真では雄しべが目立つ。区内で撮影:2011/06/19

ヤマアジサイ: Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. serrata 高尾山稜で
撮影:2012/07/05

アジサイ(ホンアジサイ)
すべて装飾花。

区内で撮影:2012/06/17

ガクアジサ:色は様々。
区内で撮影:2013/06/13

アジサイ(装飾花も咲くことがある)区内で撮影:2013/06/13
 
アジサイ(装飾花)
区内で撮影:2013/06/13

雨の日のガクアジサイ 
アジサイは雨の日に見ると色が鮮やか。撮影:2009/06/14・鳥川豊氏

白いガクアジサイ:古くから様々に改良された園芸品種がある。撮影:2009/06/16・鳥川 豊氏
 
冬芽
裸芽
奥多摩で撮影:2014/01/06
花粉を集めるアブの仲間  

ホソヒラタアブ
区内で撮影:2011/06/10

フタスジヒラタアブ
撮影:2005/06/11・高久晴子氏

クロヒラタアブ 
撮影:2003/06/01・高久晴子氏


ガクアジサイの樹名プレート

区内で撮影:2013/05/21

アジサイ(ホンアジサイ)
Hydrangea Otaksa
Sieb. et Zucc.
現在
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla
©京都大学電子図書館

セイヨウアジサイの樹名プレート:
アジサイ
が欧州で改良され、日本へ
逆輸入したのがセイヨウアジサイ
とも呼ばれる(ウィッキペディア「アジサイ」)。(*1:P46 では f. hortensia )
区内で撮影:2014/06/08

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.