へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/09/19・写真:他に明記なき場合筆者
アケビ(アケビ科アケビ属)
アケビ科 Lardizabalaceae。スペインの Miguel de Lardizabal y Uribe (1744-1820) へ献名。
学名=属名+種形容語 Akebia quinata (Houtt.) Decne. (1839)
属名の意味 (f) 和名由来 「アケビ」をラテン語化。
種形容語の意味  形態由来:  「五小葉の」  
命名者   ・Martinus Houttuyn (1720–1798) 、オランダ人植物学者
・Joseph Decaisne (1807-1882)、フランス人植物学者 
和名の由来  果実が熟すと口が開くことから「開け実(あけみ)」説 ・果実の色から「朱実(あけみ)」説
分布、生育地  国内: 本・四・九。国外:朝鮮半島、中国。生育地: 山野。
樹形・冬芽  落葉つる性(右巻き)木本。古くなると茎が木質化する。但し、東京では常緑。冬芽:鱗芽 
葉  互生。楕円形の5小葉が掌状につく複葉。鋸歯がなく、先が少しへこむ。縁は全縁。
花・受粉 雌雄同株。4月上旬、短枝の葉の間から下垂する総状花序に雄花と雌花をつける。
薄紫色の花弁の様に見えるのは顎(3)。雄花: 6本の雄しべ。
雌花: 中央部に放射状に広がる単心皮性の雌しべがある。柱頭は粘液を分泌する。
受粉: 虫媒: 受粉の媒介者は不明。
果実・散布  液果(動物散布?):楕円形、褐色。ミツバアケビは紫色が多い?★下写真参照
昆虫との関係 
下写真参照
アケビコノハの幼虫の食草。「公園」ではアケビがほとんどないのでヒイラギナンテンを代替え植物としていた。
アケビコノハの「驚きの世界」
①目玉模様(眼状紋): 幼虫は腹部に大きい目玉模様がある。成虫のそれは下翅に黄色地に黒の目玉模様がある。
②擬態:
成虫は、木の葉に擬態しているといわれ、下翅をたたんでいるとほとんど見つからない。①、②とも食物連鎖(食う・食われる者)の知恵比べ。
用途 つる材:アケビの蔓は丈夫なので籠の材料として使われてきた。今では高級品。
食 用:果実の種子の囲りは、ほのかに甘い。山形の郷土料理「あけびの詰め物」がある。タネを取り出し、その穴に肉味噌を詰め、フライパンで炒め煮にし、輪切りにして食す。山形出身の友人がパティーに持参した際いただいた。里の秋の味がした。
参考図書  ・『樹に咲く花②』P150、崎尾 均+高橋秀男、2000、㈱山と渓谷社
★サイト「福原のページ」福原達人、「雌雄離熟」の説明。


雌雄離熟で雌雄同株
上写真:下が雌花・上花序が雄花。雄花は多数だが、雌花は単独。雌花の花柄は長く、花は大きく、雄花序から離れている(雌雄離熟)。
区内で撮影:200904/06

雌花(アケビ)
花弁に見えるのは顎、中央部から広がる赤紫色の棒状に見える(単心皮性)が雌しべで6本ほど。顎片は3。
花期:04上
区内で撮影: 2013/04/09

雄花(アケビ)
「自家不和合性を示す果樹なので、結実させるには他系統の混植が不可欠」とのこと。
花期:04上
区内で撮影:2009/04/06 

アケビの葉:学名の種小名:  quinata は「五葉の」。鋸歯がなく、先が少しへこむ。
高尾山稜で撮影:2012/07/05

ミツバアケビの葉学名:Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz.。種形容語の意味は「3葉の」
区内で撮影:2012/07/11

ゴヨウアケビ: 学名:Akebia x pentaphylla (Makino) Makino。同じ株に三葉と五葉があった。
区内で撮影:2014/06/28

アケビの果実
果皮がひらいたものもあった。
都立薬用植物園で撮影:2013/11/13

ミツバアケビの果実
外側の果皮の色が、左のアケビ
と違う。撮影協力:吉田久美子氏 ・2010/09/26・

果皮が開いた果実:タネの周りの白透明の胎座が、甘いゼリー状の果肉に発達する(wiki 情報)。
撮影:左に同じ

アケビの蔓で編んだカゴ
採集・乾燥・水につけて編みやすくするなど、手間と技術が必要。
作品・撮影:綱島康子氏
 

アケビの蔓で編んだコースター
茎の太さが一定の蔓を探すのが大変なのだそうだ。
作品: 綱島康子

タネ:上段の果実の胎座を食べ、タネを吐き出す。それが上写真。エライオゾーム付のタネに似ている。
外部勉強会で撮影:2010/09/26 

 アケビコノハ:  アケビを食草にする昆虫。幼虫/成虫は目玉模様を持つ。成虫は枯葉に擬態している。

アケビコノハの幼虫new
頭部を曲げ第2腹節、尾端を高く上げて静止する」、「第2-3腹節側面に大型眼状紋」:『イモムシハンドブック①』P90(安田守、文一総合出版)。上写真頭部は(修正)左側
撮影:2012/05/16・高久晴子氏

アケビコノハの幼虫new
上写真で左文の頭部尾端(尾脚というらしい)の違いがよく分かる
アケビの葉を食べている方が丸い頭。左写真の頭部は左側にあり、曲げている。
撮影:2008/09/05・高久晴子氏

アケビコノハの成虫new
成虫は
枯れ葉に擬態しているので、見つけるのは難しい(隠ぺい的擬態)。葉脈のような模様を持つ。まさに驚きの擬態だ!!!
撮影: 井の頭公園で撮影:2008/09/11・高久晴子氏
 
アケビコノハの幼虫
頭は写真の上方。つる植物は公園管理者の嫌われ者。植栽の
ヒイラギナンテンを代替食食草転換)にしていた!撮影:2006/08/30  
 ヒイラギナンテンを食べていた
アケビコノハ
左写真では驚くほどたくさんの幼虫がヒイラギナンテンについていた。イモムシの姿を嫌う人も多いせいか、公園管理者が丁寧に駆除した結果、ヒイラギナンテンでアケビコノハを見たのは2006年だけだった。
NETで見ると、ヒイラギナンテンを食べているアケビコノハの幼虫はかなりあるので、食草転換などと大げさなものでもないらしい。
1981、森 介計・山下 修宏 「アケビコノハ幼虫の食草選好性
 
アケビコノハの成虫
上翅は隠ぺい的擬態+下翅は目玉模様の威嚇と2つタイプを併せ持つ昆虫。区内の自宅玄関先で撮影:笹本恵子氏

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.