へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/08/08・写真:他に明記なき場合筆者
エノキ(ニレ科エノキ属)アサ科Cannabaceae、P148

ニレ科 Ulmaceae
学名=属名+種形容語 Celtis sinensis Pers. (1805) 
属名の意味 (f) L語由来: ナツメの仲間の植物を誤用したラテン語の celthis に由来
種形容語の意味  国名由来: 「中国の」
命名者   Christiaan Hendrik Persoon (1761- 1836)オランダで活動した菌類学者
和名の由来  器具の柄に使われた、から説
分布・生育地 北・本・四・九、沖縄、国外:中国南部。生育地:丘陵~山地。
環境: 日照良好の湿潤な環境、河畔林樹種
樹形 落葉高木、高さ20m、横に張る。樹皮: 小皮目が目立つ
互生。広楕円形、先端=急鋭、縁=鈍鋸歯/全縁。左右非対称、脈=鋸歯先端まで達していない(同科のムクノキは「達している)。
花・受粉 雄性両全性同株(雄花と両性花)4月、葉と同調展開。雄花=新枝の下部、両性花=上部の葉脇につく。雄花花被片=4、雄しべ4両性花=花被片4、雌しべ1。受粉:風媒
果実・散布
核果(鳥散布):球形、秋に柿色に熟す。「武蔵野の農家にも普通の樹であったようだ。果実を鳥が食べ、種子は糞として排出されるので、芽生えがあちらこちらで見つかる」
大場秀章
用途 緑化樹:漢字で「榎」とある様に、旅人に夏の緑陰を与えるため、一里塚に植栽された。
材:   器具材・薪炭材など
国蝶オオムラサキの食樹。「丹波の森公苑」はエノキを多数植栽し、「オオムラサキの里公苑」を目指しているとのこと。
多くの昆虫が利用するエノキ オオムラサキ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ(要注意外来生物):
★本サイト「昆虫:蝶の北上」で報告。他に、ナナフシモドキ、エノキハムシ、タマムシなど、「公園」に生息する昆虫にとって欠かせない樹木(下写真参照)。
ニレ科
新植物分類の行方 
「公園」のニレ科: ケヤキ、アキニレ、エノキ、ムクノキがある。違いは
  ニレ科   アサ科(新しい分類体系) 
ニレ科・属名  ケヤキ属   ニレ属  エノキ属  ムクノキ属
種名  ケヤキ  アキニレ   エノキ  ムクノキ
花  雌雄同株   両性花  雌雄同株  雌雄同株
果実  乾果  翼果 果肉を持つ核果  果肉を持つ核果 
散布法  風散布  風散布  鳥散布  鳥散布 
・アキニレが両性花だとは。。。
参考図書など  ・『樹に咲く花・離弁花①』P300、崎尾 均+高橋秀男、2000、㈱山と渓谷社
★サイト「ゑれきてる」大場 秀章
両性花
新枝の先につく。花柱が2裂し、すでに子房が膨らんでいる
画像:「福原のページ」©福原達人氏

雄花
新枝の下部につく。
花被片4、雄しべ4
画像:「福原のページ」©福原達人氏

花の咲く新枝
高木なので、花期は注意しないと
見逃してしまう。花期:4月中旬
区内で撮影


縁=鈍鋸歯、左右非対称、葉脈=鋸歯先端まで達していない(同科のムクノキは「達している」) 

果実
かすかな甘みがあり鳥の大好物。落下後の発芽力すごい。
区内で撮影: 2011/11/16
 
樹皮 
老木になると、枝下にシワのような横筋が入り、全体に皮目が目立つ。
区内で撮影: 2012/07/18
エノキの樹形: 半円形の美樹形 

樹形(1)
横に枝を張り、左右相称の本来の美しい樹形の姿を持つエノキは少ない。樹下に人がいる。野川公園で撮影:2010/10/01

樹形(2)
エノキは「榎」と書き、緑陰をもたらすので、昔は一里塚毎に植栽され、旅人をいやしたとか。小平霊園で撮影:2013/05/22

樹形(3) 
樹形が整った大きなエノキがあった。上写真左下にある石は「柱跡に置かれた石」のようだ。深大寺城址・水生植物園で撮影:2013/05/30

多くの昆虫を支えるエノキ  
 
ゴマダラチョウの幼虫
エノキの葉を食べて成長する

区内で撮影:2011.08.10
  
ゴマダラチョウ
2012年現在、成虫・幼虫を確認している。
区内で撮影:2011/08/10

ゴマダラチョウ
羽化した直後に撮影。アカボシゴマダラに負けずに、いつまでも「公園」で生息できるよう願う。
区内で撮影:2010/10/13

ゴマダラチョウの越冬幼虫:緑の葉上では上段写真の色、枯葉上では枯れ葉色に変化する。観察会で撮影:2012/12/02・高久晴子氏

テングチョウ:この日、「保護区」のエノキの低木を1時間程行ったり、来たり。(14/05/28・区内で確認
区内で撮影2012/07/18

テングチョウ:和名の由来となった目の先の長い突起がある。上写真はかつての管理所裏で撮影した。
区内で撮影:2006/03/28
 
アカボシゴマダラの幼虫
在来のゴマダラチョウと食樹は同じで、ゴマダラチョウの生息を脅かす可能性があるとされる。。こちらは背中の突起が4対。
区内で撮影:
2011/07/06.安藤伸良氏

 アカボシゴマダラ要注意外来生物)本サイト昆虫:蝶の北上も参照
年々増加傾向。下翅の「アカボシ」が完全な円にならないのが、中国産とのこと。最近は多く見かけるので写真を撮らなくなった。
区内で撮影:2012/08/01 

アカボシゴマダラの白化型 
上写真は、2009年、「保護区」で初めて確認した際に撮影した。それ以降、毎年この白化型を春に見ているが、2012年7月にも白化型を見た。白化型になるのも中国産の特徴とか。
区内で撮影:2009/05/20

タマムシ:エノキの高木で雌が産卵するらしい。宝石のような美しさに驚く。
14/08/06区内で確認
狭山丘陵で撮影:2012/09/09

エノキハムシ
冠に「エノキ」を持つハムシ。成虫・幼虫ともエノキの葉を食べているようだ。エノキの葉の上で
区内で撮影:2010/07/07

ヤツボシハムシ
エノキの葉上で見つけた。
2012/06/22
区内でで撮影: 安藤伸良氏

ナナフシモドキ
毎年エノキを観察していると見つけることができる。8月に8cmまで成長したのを確認した。

区内で撮影・2012/06/27
 
オカモトエダシャクの幼虫:(シャクガ科)鳥の糞に擬態とか。エノキの若葉を食べていた。ニレ科だけでなく他の植物も食べるとのこと。
区内で撮影:2011.05.08
・安藤 伸良氏

オカモトエダシャク成虫(雌) 
「蛹越冬で年1化。早春に羽化する蛾のスプリング・エフェメラルだ」
文:高久晴子氏
井の頭公園で撮影:
2012.02.22・高久晴子氏

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.