杉並区内で初めて撮影したツマグロヒョウモンの雌・撮影: 2005/10/07・筆者
 昆虫:チョウの北上
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日: 2016/04/05・写真:他に明記なき場合は筆者
下の青字の上でクリックするとその場所へジャンプします。
0)
1)
2)
3)
4)

5)
6)
7)
はじめに
チヨウの北上:杉並区の場合
アゲハチョウ科:モンキアゲハ、ナガサキアゲハ

シジミチョウ科ムラサキツバメ
アカボシゴマダラ
(要注意外来生物から
生態系被害防止外来種
重点対策外来種-13
ツマグロヒョウモン

クロコノマチョウ
放蝶は慎むべき行為

 は じ め に
杉並区内へ引っ越してきたのが、2005年。それ以来、区内で驚くほどチョウの北上を身近に感じてきました。それを報告します。
本ページ中、撮影場所が記載されていない写真は、杉並区内で撮影しました。 善福寺公園を「公園」と略しています。
写真をご提供下さいました団体・個人の方々に、ここに記してお礼申し上げます。
参考図書

© 『杉並区自然環境調査報告書(第5次)』平成20(2008)年3月、杉並区環境清掃部環境課

©『イモモシハンドブック①・②』安田 守、2010/2012、㈱文一総合出版

©『日本のチョウ』須田真一他、2012、㈱誠文堂新光社

1)  チヨウの北上:杉並区の場合

平成17(2005)年7月17日(日)、朝日新聞に「温暖化で北上してきたチョウ」と題した記事が掲載された。その中で北関東地方まで北上してきたのがモンキアゲハムラサキツバメクロコノマチョウ、ニューフェイスとしてナガサキアゲハツマグロヒョウモンが紹介された。この5種に放蝶が問題視されたアカボシゴマダラ(旧要注意外来生物)を加えた6種を『杉並区自然環境調査報告書第5次(2008)』杉並区発行(5年毎に調査を実施)で見ると次の通り。但し、2007/2012間は筆者の記録。

 科名  種名   食草 第1 第2  第3  第4  5次  以降 
85/86  90/91  95/96  00/01  05/06  07/12 
アゲハチョウ キアゲハ ミカン科 -     - 
アゲハチョウ ナガサキアゲハ ミカン科 - -  -  -     
シジミチョウ ムラサキツバメ マテバシイ - -  -  -     
タテハチョウ アカボシゴマダラ
要注意外来生物
エノキ - -  -  -  - 
タテハチョウ ツマグロヒョウモン スミレ科 - -  -  -   
ジャノメチョウ クロコノマチョウ イネ科 - -  -  -   

 2) アゲハチョウ科(モンキアゲハ、ナガサキアゲハ)食草はミカン科の植物、ミカンSP 

モンキアゲハ:ボタンクサギで吸蜜:玉川上水縁で撮影:2009/08/09・高久晴子氏

ナガサキアゲハ:クサギで吸蜜:撮影:2010/07/25・安藤伸良氏

ナガサキアゲハの幼虫:区内自宅のユズについたところを撮影:2010/08/03・宇田川文明氏

 3) シジミチョウ科ムラサキツバメ:食草はマテバシイ

ムラサキツバメ(雌)玉川上水縁で撮影:2007.11.07・高久晴子氏

ムラサキツバメ(雄)区内の幼虫を飼育して撮影: 2008/01/06・高久晴子氏

食草のマテバシイの葉:幼虫は、若い葉を食べているようだ。撮影:2010・05・26
 
ムラサキツバメの裏翅尾状突起があるのがムラサキツバメで、ムラサキシジミにはそれがない。撮影場所不明:2010.08.30・高久晴子氏  

ムラサキツバメの幼虫はアリと共生:その写真が区内で撮影できた!高久氏がそれを提供下さった!撮影:2010.08.30・高久晴子氏
 
「若い葉を筒状に巻いて巣を作る。アリと共生。蛹になるときは、糸で2枚の葉を綴り合せて脱皮する」。飼育個体を撮影・文:高久晴子氏

4) アカボシゴマダラ (要注意外来生物」から(生態系被害防止外来種重点対策外来種-13)に。出典:環境省。閲覧:2016/04/05食草・エノキで在来のゴマダラチョウと競合している  

区内で筆者が確認・撮影:北上情報がある中、ついに区内でも撮影したのが、2007年。撮影:2007/10/04

春型:区内で初めて筆者が確認した白化型。白化型は中国産の特徴とのこと。撮影:2009/05/20 

中国産のアカボシゴマダラ:下翅の丸い赤紋が不完全なのが中国産、奄美大島産は完全に丸いとのこと(下段参照)。撮影:2008/09/17


©日本自然保護協会

 終齢幼虫: 背の突起が4対で、上から3番目が他より大きいのが特徴。。撮影: 2009/08/26・安藤伸良氏
 
日本産のアカボシゴマダラ:©神奈川県立地球博物館・2005/11/17

越冬幼虫:アカボシゴマダラの越冬幼虫はゴマダラチョウのそれと違い、枝の上で越冬するといわれている。ゴマダラ.が枝上で越冬できる環境が東京にあるのか、更に寒くなれば樹下まで下り、落葉に潜り込むのか?撮影:2012/11/24・高久晴子氏

越冬幼虫:ゴマダラチョウはエノキの樹下、北側の落葉の下で越冬するが、アカボシゴマダラは枝の二股の下で、枝に同化して越冬しているのを見かける。2013/12/01の善福寺公園かんさつ会の下見で発見。撮影場所/日不明・高久晴子氏
 
アカボシゴマダラ:樹上3mほどのイロハモミジの枝の上で交尾するアカボシゴマダラ。2010年ごろから、「またか」という言葉がでるほど本種が増えた。「つぶせ!」という人もいるが、どうもできない。撮影: 2011/11/24

5) ツマグロヒョウモン草・スミレ

初認の成虫:区内で初めて確認したのは2005年、花壇の花で吸蜜。撮影:2005/10/07

:アゲハチョウより優雅に舞うので撮影にはあまり苦労しない。撮影:2011/10/01

:雄は「ツマグロ」ではない。撮影:2011/10/01

終齢幼虫: マルバスミレの葉を食べていた。撮影:2008/10/08

蛹(さなぎ):区内道路わきのスミレから幼虫を入手し、自宅の鉢で飼育した個体。 撮影:2009/08/22

裏 翅: ウツギの花で吸蜜中。 撮影:2009/05/20・高久晴子氏

6) クロコノマチョウ草・ススキ/オギ/ジュズダマなど  

初認の成虫: ヒメジャノメより大型。
撮影:2010/07/14

幼 虫: この写真のように集団でいることが多い。野川公園で撮影:2011/10/01・高久晴子氏

幼 虫:「公園」、樹下の暗い場所のオギについた。道路そばの日当たり良い場所にはなぜかつかない。撮影:2011/09/22

クロコノマチョウの頭部: 長い毛がはえている2本の角のような突起が特徴。体色は黄緑色、頭部が黒めで、体長さ6-8mm。野川公園で撮影:・高久晴子氏
 
 蛹(さなぎ):終齢幼虫は体を半分に折りたたんで、徐々に蛹化してゆくようだ。幼虫は2011年以降「公園」で確認できていない。撮影場所不明: 高久晴子氏

オギ:「荻窪」の地名となったオギ。JR、荻窪駅北口広場にはオギが植栽され、「荻窪」の地名となった由来の看板がある。字は八木雄二氏のお母上様。撮影: 2011/12/03

7) 放蝶は慎むべき行為 
 アカボシゴマダラとホソオチョウは「要注意外来生物」から「生態系被害防止外来種-12重点対策外来種」に。 出典:環境省。閲覧:2016/04/05  
1) アカボシゴマダラ:2003年、神奈川県立地球博物館の高桑正敏氏が「密航者たち:アカボシゴマダラ」として、「遺伝子汚染などの移入種問題を引き起こしかねないし、昆虫とはいえ動物愛護法の精神に反する行為である」と警告していた。この警告から4年後、筆者は上述のように2007年区内で本種を確認した。その後、急速に増え、普通種として定着してしまった。
2) ホソオチョウ: 2012年、笹本恵子氏から、神田川縁のウマノスズクサでホソオチョウを発見したとの情報を得た(下写真参照)。このチョウは『神奈川県自然誌資料』(原 聖樹、1984、5号P11-16、神奈川県立地球博物館)で、1980年、1982年以降、神奈川県、藤野町でホソオチョウが記録され「類例のない特異な放蝶事件」として報告された。その報告からおよそ30年、杉並区南部で幼虫・成虫が確認されてしまった(下写真参照)。
3) 環境省発表、「外来生物被害予防三原則」
・ 生態系等への悪影響を及ぼすかもしれない外来生物はむやみに日本に「入れない」ことがまず重要、
・ すでに国内に入っており、飼っている外来生物がいる場合は野外に出さないために絶対に「捨てない」ことが必要、
・ 野外で外来生物が繁殖してしまっている場合には、少なくともそれ以上「拡げない」ことが大切。
4) 国内外来種国内においても人為による昆虫の移入は、「例え同じ種類であっても他地域のものを放すことは、遺伝子かく乱など様々な問題を起こすことが最近判ってきています」。「絶対に慎むべきでしょう」。昆虫は本来「自然の中の生き物ですので、私たちは生息環境や条件を整える程度にして自らやってくるのを気長にまつぐらいのことにとどめておきたいものです」。(須田真一氏『すぎなみの街と自然』2012/03/29、Vol.106、杉並区)とあります。これは、生物多様性を守る原則だと筆者は思います。

ホソオチョウ:  「要注意外来生物」から(生態系被害防止外来種、重点対策外来種-12)に。出典:環境省。閲覧:2016/04/05 (在来種のジャコウアゲハと食草をめぐる競合が懸念されている)
ホソオチョウの幼虫「在来種のジャコウアゲハと食草をめぐる競合が懸念される」(環境省)。植物防疫法で輸入が禁止されているが 杉並区永福小学校近くの神田川沿い遊歩道で確認された。報告・撮影:右に同じ。 ホソオチョウ雄「1978年に東京で確認」後、分布を拡大しているとのこと。「アゲハチョウ科、ウスバアゲハ亜科に属する。雄は翅が全体に白っぽく、後翅肛角に赤・淡青の斑紋がある」。報告・撮影:右に同じ。 ホソオチョウ雌:和名は尾翅の突起が細長いことに由来。雌は「翅が全体に黄色っぽく、後翅肛角に赤・淡青の斑紋がある」。報告:笹本恵子氏。撮影:2012/09/18・画像©宮内隆夫氏


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.