へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2016/02/12・写真:他に明記なき場合筆者
ヒイラギ(モクセイ科/モクセイ属)
モクセイ科 Oleaceae
学名 Osmanthus heterophyllus (G.Don) P.S.Green 1958
属名の意味 (m)  特徴由来: Osme  「香り」+ anthus 花」。花に芳香があるので。
種形容語の意味  形態由来: hetero 「異なった、種々の」 + phyllus 「葉の」
命名者  George Don:(1798- 1856)スコットランドの植物学者
Peter Shaw Green
(1920-2009) 英国の植物学者
和名の由来  葉の縁の刺に触ると疼(ひひら)ぐ(痛い)ことから
分布、生育地  国内:本(関東以西)・四・九・沖。 国外:台湾。 生育地:山地
樹形・冬芽  常緑小高木、高さ4-8m。
葉  対生、厚い革質でかたく、表面は光沢がある。裏面は淡緑色で細点がある。若木の葉は先端が棘状になった大型の歯牙が2~6対あるが、老木は全縁が多くなるとか。
花・受粉  雌雄異株。11~12月に葉腋に芳香ある白い花を束生させる。花冠は4裂し、裂片は反返る。雄しべは2コ。 受粉:虫媒。
果実・散布 核果(鳥散布): 翌年の6~7月に紫黒色に熟す。
用途 緑化樹:庭木。 材: 緻密で硬いので、道具の柄などに使われる
柊鰯
(ひいらぎいわし)
節分の日に柊鰯を戸口にさして、邪鬼の侵入を防ぐ風習: 柊鰯(ひいらぎいわし)と呼ばれ、葉に棘がある柊、鰯の臭い、音がする豆殻を鬼が嫌い、近寄らないとか。一部地方では、焼いて臭いトベラなどが使われる。★本サイトトベラ」もご参照ください。
参考図書・HP  ・『樹に咲く花・離弁花③』P290、崎尾 均、2000、㈱山と渓谷社


ヒイラギの雄花?この年は、花がかなり咲き、芳香を楽しめた。区内で撮影:2013/11/24

ヒイラギの葉(1) 「公園」の下池のヒイラギは枯れてしまったが、上池のそれは健在で撮影できた。撮影:2013/11/24
 
ヒイラギの葉(2)節分用にいただいたヒイラギの葉。葉についていた汚れを取り除いて撮影:2013/01/29
ヒイラギの葉(異形葉性)。 場所:江戸川区宇喜田東公園: 撮影日:2016/02/06: 吉野早苗氏が画像・コメントをご提供下さいました。ここに記してご協力に感謝いたします。

 ヒイラギの樹:高さ4m程で、根元の直径が40cm程。

「ひこばえ」の葉は全部棘がある葉。左写真の根元にある「ひこばえ」をアップした写真。

棘のない全縁の葉についた枝の葉のほとんどが全縁で棘のある葉は下段の枝のみ。
 吉野氏が上のヒイラギを再訪問( 撮影日:2016/02/11+12)し確認をしたところ、幹にある枝でも「ふところ枝」や「下がり枝」の一部につく葉には棘があったので写真を送って下さいました。2016/02/12

幹から出る「ふところ枝」(樹冠の内部にある弱小な枝)。下部の葉には棘があり、上部に向かって棘が少なくなり、上部では全縁の葉になっている。撮影:2016/02/11。

幹から出る「下がり枝」(1)(下方向に伸びる枝)には一部に棘のある葉が混在している。撮影:2016/02/12(右写真も)。

幹から出る「下がり枝」(2)左の「下がり枝」は一部に棘が交じる葉があるが、上写真の「下がり枝」は全てが全縁。この違いは何だろう?色々な不思議があるのですね。
その他  

セイヨウヒイラギの果実モチノキ科モチノキ属で、まったく別の科。 区内で撮影:2013/11/24

シナヒイラギの葉
(異形葉性)(1)「一つの個体の普通葉のなかに、形態の異なる複数の型が認められるとき、これを異形葉性 (heterophylly) という」★情報サイト「BotanyWEB」。撮影:2016/01/23 

シナヒイラギの葉(異形葉性)(2)左写真のシナヒイラギの葉を切って撮影したのが上写真。上の葉は枝の上部・下の葉は枝の下部についていた。同じ枝でも葉の形が違っている。撮影:2016/01/24

2月3日は節分の日: 鬼の侵入を防ぐ節分の風習 (1) 

柊鰯ひいらぎいわし):店で200円で購入。右写真トビラ鰯との違い:燃やすと音のする豆殻、トベラがヒイラギ、トベラに棘がないので、右写真にはタラノキを加えていること。撮影:2013/02/03

玄関に飾ったトビラ鰯トベラの木は燃やすと音がして、臭いとか。節分飾りは各地で入手しやすい植物を利用したと思われる。が鋭いタラノキは、笹本恵子氏がご提供下さった。撮影: 2013/02/03

鬼は臭いにおい、燃やす音が嫌い: その特徴をもつ植物や臭い鰯の頭を戸口に飾って、鬼を追い払い(旧暦の)新年を迎えた。★サイト画像©「季節・行事のイラスト・絵カード 無料素材」

2月3日の「豆まき式」井草八幡宮で撮影:2014/02/03 

 節分の豆まき(1)いよいよ豆まきがはじまった。井草八幡宮で撮影:2014/02/03 

節分の豆まき(2)親子が大きな紙袋を持参して、まかれる豆や物を効率よく集めていた。

 注連飾りにヒイラギの葉
撮影:2014/01/14・秋山奉由氏

秋山氏がメールを下さいました。2014/01月に紀伊半島へ旅して、紀伊長島の駅前旅館の玄関で見かけた正月用の注連縄飾りにはヒイラギが飾られていたとのこと。左写真の飾り物は:
裏白(うらじろ): 新年を迎えるために裏まで白い誠心を表す。
馬酔木(あせび):厄病除け、邪気退散として。
(ひいらぎ): 葉の刺は鬼の目突きとも云われ邪鬼の侵入を防ぐ
橙(だいだい):  代々の意。形状も一家の円満を願って。
楪葉(ゆずりは):若葉が成長すると、旧葉がこれを譲るように落葉する。代々をゆずるという、子孫繁栄の象徴。


 2月3日は節分の日: 鬼の侵入を防ぐ節分の風習 (2) 鬼は外、福は内、撮影:2016/02/03

いただいた節分の豆:子供の頃の豆は炒った大豆だったが、この日、知人からいただいたのは上写真の炒った黒豆だった。これは食べるだけにして、準備していた普通の炒った大豆で豆まきをした。
恵方巻き: 関西地方から広がった風習とか。「節分の日に「恵方に向かって太巻きを無言で食べると良いことがあると言われています」(スーパー「サミット」の広告文)。2016年の恵方は南南東とのこと。  
鰯を焼く:「いわしを焼くと出る煙と強い臭いを鬼が嫌うとされています」(スーパー「サミット」の広告文)。上段「鬼の侵入を防ぐ節分の風習 (1)」 にあるイラストを参照。
 
節分の豆:上写真の撮影日は2014/02/03
 
準備した料理:太巻き寿司、焼き鰯、けんちん汁、炊いた南瓜
 
恵方を向いて願いをこめて恵方巻きを食べる

: 関東地方では節分に「」を食べるとか。スパーの折込広告文によれは、「節分に「」のつくものを食べると「運が訪れる」といわれています」とありました。

 大福いんげん豆:総合食材専門店の冨澤商店で購入。豆の名の由来は不明ですが、形がお多福に似いるからだと思い購入して、右写真のお菓子にしました。撮影:2016/02/03

大福いんげん豆の菓子大福が我が家にも来るように願って、左の豆を砂糖を控えめに炊いて、寒天で固めたお菓子を作った。撮影:2016/02/03

 ヒイラギに似た植物:「ヒイラギ」というはついても、科がそれぞれ違う 

ヒイラギナンテンメギヒイラギナンテンBerberis japonica (Thunb.) R.Br.。生態系被害防止外来種 (その他の総合対策外来種-113)。撮影:2008/02/16・鳥川 豊
ヒイラギモクセイモクセイモクセイOsmanthus x fortunei Carrière。ギンモクセイとヒイラギの雑種と考えられている。区内で: 2013/01/25
シナヒイラギモチノキモチノキ
Ilex cornuta Lindl. and Paxt.。道理で、果実がモチノキのそれに似ていると思った。区内で:2013/01/25

アケビコノハの幼虫
ヒイラギナンテン:目玉模様の代表格。成虫は枯葉に擬態するので、見つけるのは難しい。和名の通り幼虫はアケビを食草にするが、この年、植草転換してヒイラギナンテンに発生、驚きの世界を観察。撮影:2006/08/30

ヒイラギモクセイの垣根:区内では本種を垣根にしているのを見かける。利点は常緑、葉が密、枝がよく分枝する、葉に棘があるので防犯のためだろうか。しかし、葉が食害されているのを時々見かける。区内で撮影:2009/01/21

クリスマス飾り:赤い果実が熟したシナヒイラギの小枝をハレルヤコーラスのCD横に飾った。三鷹市の都道予定地に立派な本種とナニワイバラがあったが、2012年には道路になって、跡形もなかった。撮影:2010/12/09

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.