> 
最新更新: 2013/04/15・写真:他に明記なき場合筆者
ムクロジ(ムクロジ科ムクロジ属)
ムクロジ科

Sapindaceae

学名=属名+種形容語 Sapindus mukorossi Gaertn.
属名の意味  (m) 特性由来: sapo 「石鹸」+indicus 「インドの」
種形容語の意味  和名由来: 注意:「mukurossi」でなく「mukorossi]。
命名者 ・Joseph Gaertner (1732-1791) ドイツの植物学者
和名の由来 モクゲンジの漢名の誤用説など色々。
分布、生育地  国内:中部以西の本・四・九・沖・小笠原。国外:アジア。日本では神社に植栽されている。
樹形  落葉高木、高さ15m、直径70cm。樹皮は古くなると、大きく剥がれる。
冬芽:維管束痕3、葉痕逆三角
葉  互生偶数羽状複葉、小葉=8-16枚・4-8対・長さ7-15cm、左右不揃、縁=全縁。質=薄く革質、両面=無毛。
偶数羽状複葉  サイカチ、ネムノキ、ムクロジ、ジャケツイバラなど
花・受粉  雌雄同株。雌花・雄花・両性花の雑居性。6月中頃、大型の円錐花序を付ける、
雌花の心皮=3コ。内、1コだけ成熟して果実に、フタ状の物は心皮の残り。
受粉:虫媒花?。
果実・種子散布法  果実は10月頃熟し袋状で、半透明のあめ色。基部には成熟しなかった心皮が残る。核果は球形で10mm程、、黒色で球形、散布方法は不明。
用途   果実の核を数珠、追羽根、果皮を石鹸の代用:果皮はサポニンを含み石鹸として代用した。実験結果は★本サイト地元学石鹸の木」へ。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花②』P390、中川重年、2000、㈱山と渓谷社

ムクロジの樹名板new:ムクロジの種形容語は「mukurossi」でなく、「mukorossi」が正しい。正しい表記は珍しいと先生もほめた都立薬用植物園で撮影:2013/11/13
雄花(雄性期)雌雄同株
白いのが雄花、右の緑色は雌花の子房が膨らみ始めたものだと思う。ということは雌性先熟か?
 撮影:2010/06/23

左:雌花・右:雄花
雌花の基部にあるのは、退化した雄しべだろうか?
画像:★サイト「福原のページ」・
©福原達人氏

偶数羽状複葉new
黄葉すると美しい。
都立薬用植物園で撮影:2013/11/13
 
拾ったムクロジの果実
強風が吹いた翌日に行くと、拾える。
学名の属名は「Sapin
dus」。意味は「インドの石鹸」。汚れ落しに使えるか実験をしたのが★本サイト地元学「石鹸の木」。撮影:2010/06/02

 追羽根(お正月遊びに使われた)
羽子=トンボ。追羽根はムクロジの果実の核+鳥の羽根で作り、病を運ぶ蚊に子供が刺されないよう、蚊を食べるトンボの姿に作られたとか。
撮影:2010/10/15
 
核で作った数珠(左)と虫(右)
綱島会員に穴を開けてもらい数珠を作った(上写真左)。翌日、半分以上の核から、木くず・虫が出ていた。(上右写真)。硬い核に穴を開けられるのは誰だろう?
撮影:2010/10/22
 
クロジの果実の断面
若い果実ならカッターで切断できることを教わり、試みた。白い部分を掘りだして食べるとスダジイの果実に似た癖のない味。これなら食用としての利用価値は十分だと思った
撮影:2010/10/22
 
冬芽

葉痕は、『千と千尋の神隠し』の「かおなし」に似ていませんか。維管束痕が両目と口に見える。緑の顔の上にある冬芽は小さく、その上に副芽を持つ。
撮影: 2008/12/28

 > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.