シダ植物
画像:他に明記なき場合は筆者。
素人ゆえ、間違いがあるかもしれません。ご指摘いただけると助かります。
25 ヒメシダ科:Psilotaceae のメニュー
*2
P26「シダ植物の科の分類体系比較表」48種から日本産37科を抽出後、25/37番目。
  属名 1:日本語 属名 2:ラテン語 学名=属名+種形容語   種 名 最新掲載日yy/mm/dd
1 ヒメワラビ
 
Macrothelypteris  M. torresiana var. calvata   ヒメワラビ (移)  18/09/20
 2 M. viridifrons   ミドリヒメワラビ  18/09/20
 3 ミヤマワラビ
 
P. decursivepinnata   ゲジゲジシダ   18/09/20
 4 ヒメシダ
     
Thelypteris T. acuminata   ホシダ   18/09/20
 5 T. dentata イヌケホシダ   18/12/10
new
6 T. glanduligera
DD」 
ハシゴシダ  18/09/20
保留
7 T. japonica
CR 
ハリガネワラビ   18/09/20
 8 T.  palustris ヒメシダ (移) 18/09/20
9
T. pozoi subsp. mollissima   ミゾシダ 18/09/20
保留
杉並区のシダ植物:上表、種名の背景色が白色:『杉並区自然環境調査報告書-第6次』に記載あり黄色記載なし。  グレー(保留):筆者は杉並区では確認できていません。         

25-1 【ヒメワラビ】 *1P145/*2P221・431442/*4P213
ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名【ヒメワラビThelypteris torresiana (Gaudich.) Alston var. calvata (Baker) K.Iwats.。種形容語の意味:*5P161 「萎れやすい」、変種「毛のない」。学名の命名者は本サイトで使用している*4の著者、岩槻邦男。
和名姫蕨*2「葉が細かく切れこんで、繊細なシダ植物」。
基準産地 *2【中国】
生育環境 *2【地上生】
倍数性・生殖様式*2
2倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(秋田以南)・四・九・琉。②夏緑性、③高さ:中(16   0cm)。④切込み:3回羽状深裂~全裂、、葉身:三角形~三角状卵形、頂羽片:不明瞭、小羽片は普通無柄(大型個体は有柄)、「小羽軸には裂片の基部から流れてつながった狭い翼がある」。⑤胞子嚢群は円形、包膜:あり(早落性)で円腎形。 
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。 
ヒメワラビ】 撮影地:  東京都

1)葉身上部:撮影:2017/10/26

2)側羽片:撮影:2018/05/17(同右)

3)羽軸:小羽片の基部は無柄。

4)葉裏: 撮影:2017/11/21

5) 胞子嚢群:撮影:2017/10/26 

6)胞子嚢群:撮影:2017/11/12
ヒメワラビ(フィドルヘッド)】 (毛は早落性だろうか?)  撮影地:  東京都

7)撮影:2018/03/28

8)撮影:2018/04/08
 
9)撮影:2018/04/16

25-2 【ミドリヒメワラビ(緑姫蕨)】 *1P146/*2P222・431・442/*4P214
ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名【ミドリヒメワラThelypteris viridifrons Tagawa.。種形容語の意味:。
和名緑姫蕨*2鮮やかな緑色をした葉を持つヒメワラビの仲間」。
基準産地 *2京都府宇治
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【4倍体有性生殖】

要点: ①分布:(北)・本・四・九・沖。②夏緑性、③高さ:大(160cm)、葉身:岩「線形~広線形」。④葉面:切込み:3回羽中裂~4回羽状中裂、葉身:三角形~三角状卵形、側羽片・小羽片:共にに有柄、小羽片はややばらつく。④⑤胞子嚢群:円形、包膜は円腎形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。 
ミドリヒメワラビ】 撮影地: 東京都

1) 葉身

2)葉(中)軸・羽片

3)羽軸:小羽片の基部は有柄。

4)小羽片の基部。 

 5)フィドルヘッド:撮影: 2018/04/02
 
6)空地で発芽した早春の姿:新芽の展開はワラビみたい。2018/04/19
ミドリヒメワラビ(胞子嚢群)】 撮影地: 東京都で 2018/08/18

7) 葉裏

8) 左7)の一部拡大
 
9) 左8)の一部拡大

25-3 【ゲジゲジシダ(蚰蜒羊歯)】*1P38/*2P107・432・443/*4P211
ヒメシダ科ミヤマワラビ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
ゲジゲジシダ学名: Thelypteris decursivepinnata (H.C.Hall) Ching。種形容語は*5P157「単羽状に見える」。
*2ではミヤマワラビ属で、Phegopteris decursivepinnata (H.C.Hall) Féeを採用。
和名姫蕨*2「葉身の形を足の多いゲジゲジに見立てたもの」。
基準産地 *2【オランダでの栽培品】
生育環境*2 【地上生/崖地生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体・4倍体有性生殖】

要点: ①分布:北(有珠山)・本・四・九。②夏緑性。③高さ:中:60cm。④葉身:披針形、中央部が最大幅、上下に向かって細くなる、1回羽状深裂~2回羽状深裂、、羽片基部が葉(中)軸に流れて半円形の翼になる。⑤胞子嚢群: 小さい、円形~打鍵系、苞膜はない。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。 
【ゲジゲジシダ】 撮影地 東京都

1)群落: 池に群落がありました。撮影:2018/04/02

2)葉身: 撮影:2018/09/09

3):羽片基部が葉(中)軸に流れて半円形のになる。 撮影:2018/09/09

4)葉裏: 葉(中)軸に毛が見えます。撮影:2018/06/05

5)胞子嚢群
:撮影:左4)と同日同所。

6)胞子嚢群:小さい、円形、苞膜はない。撮影:2018/09/09

25-4 【ホシダ(穂羊歯)】 *1P50/*2P242・439・449/*4P218
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名ホシダ】Thelypteris acuminata (Houtt.) C.V.Morton。種形容語の意味:「鋭先した」。
和名穂羊歯*2「明瞭な頂羽片を槍の穂に見立てたことによる」。
基準産地 *2【日本】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2
【2倍体有性生殖】
要点: ①分布:本(福島・新潟県以西)・四・九・琉。②*2常緑性」ですが、(東京都(A)では冬枯れを確認しました。③高さ:中(100cm)、④葉身:広長楕円状披針形、2回羽状中裂、頂羽片は明瞭。⑤苞膜:円腎形、胞子嚢群:円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。
【ホシダ】 撮影地: 東京都A (植栽されたササの土についてきた非意図的導入と思われます)

1)槍の穂先の様な頂羽片

2)頂羽片*4「大きな側羽片と同じような頂羽片」で、頂羽片も中裂。

3)葉裏:葉脈が片側しかない!
ホシダ(胞子嚢群)】 撮影地: 上段と同一地で  2018/08/25

 4)頂羽片と側羽片の胞子嚢群

 5)羽片と胞子嚢群

6) 左5)の拡大。
【ホシダ】 場所地: 東京都B

7)葉身: 撮影:2018/09/09

8)葉裏: 撮影:2018/06/01
 
9)胞子嚢群: 撮影:2018/09/09

 【 ホシダ】 撮影地: 目黒自然教育園

1)種名板:撮影:2018/03/25
2) 葉身:撮影:2018/03/25
3)葉裏:撮影:2018/03/25

4)群落-1:撮影:2018/08/30
)群落-2:撮影:2018/08/30 4)群落-3:撮影:2018/08/30
ホシダ】 撮影地: 筑波実験植物園で 201806/24  
1)種名板 
2) 葉身-1
3) 葉身-2

25-5 【イヌケホシダ(犬毛穂羊歯)】 *2P243・440・449/*4P219
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名イヌケホシダ】Thelypteris dentata (Forssk.) E.P.St.John種形容語の意味:「鋸歯の」。
和名犬毛穂羊歯*2ケホシダに似ているが別の種であることによる」。
基準産地 *2【アラビア】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2
【日本産は未知】
要点: ①分布:本(関東地方以西)・四・九・琉。②*2常緑性」、③高さ:大(140cm)、④葉身:広長楕円状披針形で、*4「中央部が幅広く、上下両方へ向け次第に狭くなる」、2回羽状・中裂、頂羽片:若干先端が細くなるが、明瞭でない、葉の色は明るい緑色~淡い黄緑色、両面ともやや密に毛がある。⑤*4「苞膜は円腎形、密に毛がある」、胞子嚢群は円形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。
*8『シダの扉』盛口 満、2012、画像©㈱八坂書房: イヌケホシダについては、ムラカミさん(村上健太郎(きしわだ自然資料館))との会話形式で書かれていてます。1)イヌケホシダは南方系のシダなのに、近年「街にはえるシダ」として北上している(2012年当時の東限は千葉・東京)、2)生育場所:排水溝、石垣、アスファルトの隙間など、3)イヌケホシダの特徴:最下羽片が小さくなる、4)本種の調査でムラカミさんは、駅周辺で生えるシダを見て回り、静岡ぐらいまでイヌケホシダで、熱海ぐらいからイヌワラビになるとのユニークな調査方法。2018年はどこまで北上しているのでしょうか?
【イヌケホシダ】 撮影地: 東京都A。 撮影日: 他に明記なき場合 2018/06/28  

1)*8シダの扉』盛口 満、2012年画像©㈱八坂書房。中央のイラストはイヌケホシダ。

2)生育場所:ここは、コンクリートの隙間で、「南方系のシダ」が北上できる場所の一つ。が、葉柄下部が見えず。

3)葉表: 裂片の縁はやや裏側にそる。全体に柔らかい毛がある。

4)葉裏:側羽片の先端は尾状に尖る。

5)葉裏: 苞膜は円腎形。

6)胞子嚢群: 2018/09/08

【イヌケホシダ】  撮影地: 東京都B
S氏から「わたし的には、イヌケホシダに間違いないと思います」とのメールをいただきました。ここに記してお礼申し上げます。 2018/09/26記 
この地のイヌケホシダを定期的に見ていて、だいたい検討がつくようになりました、先日は近所で家を取り壊した跡の庭に本種を見つけました。区内でも分布が広がりつつあるのを感じます。2018/10/31記 

7) 葉身:背筋が立っていて、上段「目黒自然教育園」の群落のように寝たようになりません。撮影: 2018/07/24

8) 頂部羽片:左7)の角度を変えて部分拡大。*2P449「若干細くなるが、頂羽片は明瞭でない」。撮影: 2018/07/24
 
9) 葉身:春の姿は寸詰まりのような感じがしますが、成長すると、最左の1)のようになります。撮影:2018/05/01

10) 側羽片基部: 撮影:2018/07/24

11)胞子嚢群-1: 羽片の葉はこの時期にはパリパリになって、先端はほぼ落ちています。撮影:2017/11/21
 
12) 胞子嚢群-2:撮影:左の一部を拡大。
NEW 【イヌケホシダ】  撮影地: 東京都B 上段と同一地、 2018/10/02  

13) 細長い空地に群落を形成。
 
14) 葉身
 
15)苞膜が縮み始めていました。
NEW 【イヌケホシダ】  撮影地: 東京都B 上段と同一地、 2018/11/28
 *2では「常緑」とありますが、下17写真の状態では枯れる葉・越冬する葉があるように思われます。ただし、今年の早春の記憶では枯野になっていたような。。。もしかしたら、下17写真も寒さで枯れるかも。。。継続観察する予定です。

16) 右17の写真の株全体。
 
17)左写真の右側の葉身を拡大。越冬葉だと思われます。

 18)胞子嚢群を付けて今冬枯れる葉?・越冬葉?が混じる株。

25-6 【ハシゴシダ:梯子羊歯】*1P82/*2P229・434・444/*4P216
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) の意味: ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名ハシゴシダ】Thelypteris glanduligera (Kunze) Ching。種形容語は*5P152「小さい腺点のある」。
和名姫蕨*2直角に近い角度で羽片が出る梯子に似たシダ」。
基準産地 *2【中国(広東省)】
生育環境 *2 【地上生】
倍数性・生殖様式 *2 【4倍体有性生殖】

要点:①分布:本(秋田件・宮城県以南)・四・九・琉。②夏緑性。③高さ:中(60cm)。④葉身:広披針形、2回羽状深裂、全体に毛、羽片は互生。羽片の内(上)側第一裂片が長い・裂片の先が尖る、⑤胞子嚢群:円形、苞膜:円腎形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』: 「在来」記載。保留。
【ハシゴシダ】 準備でき次第掲載します。
写真準備中
1)
写真準備中
2)
写真準備中
3)

25-7 :【ハリガネワラビ:針金蕨歯】*1P84/*2P232・436・445/*4P215
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) の意味: ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名ハリガネワラビ】Thelypteris japonica (Baker) Ching。種形容語は「日本の」。
和名針金蕨*2「葉柄の葉軸が硬く、針金状のシダ植物」。
基準産地 *2【長崎県】
生育環境*2 【地上生】、山野の樹林内(都RDB)
倍数性・生殖様式*2 【4倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九・屋久島・種子島。②夏緑性。③高さ:中(80cm)。④葉身:三角形、、2回羽状深裂~全裂、全体に短毛あり、最下羽片は「」の字になることが多く、葉裏に黄色い腺点がある。⑤胞子嚢群:球形、苞膜: 円腎形。
東京都レッドデーターブック2013の区部【CR】「絶滅危惧IA類。ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。
【ハリガネワラビ】 撮影地: 東京都で 2018/06/05

1)葉身

2)最下羽片:「ハ」の字が多い。

3)胞子嚢群:裂片の先端にはつかず。
  【ハリガネワラビ】 撮影地: 筑波実験植物園で 2018/06/24

1)種名板

2)葉身

3)下部の羽片基部は徐々に細身に。
【ハリガネワラビ】 撮影地: 目黒自然教育園で 2018/08/30  

1) 葉身

 2) 胞子嚢群

3) 胞子嚢群

25-8 【ヒメシダ:溝羊歯】*1P81/*2:P226・433・444/*4P214
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名:広義【ヒメシダ:姫羊歯】 Thelypteris palustris (Salisb.) Schott。種形容語は「の」。
和名姫蕨*2「葉が柔らかく、繊細な雰囲気を持つシダ植物」。
基準産地 *2【ヨーロッパ】ST
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九・琉。②夏緑性だが暖地では冬越する。③高さ:中(80cm)、④葉身:長楕円状披針形、2回羽状中~全裂。⑤胞子葉:やや2形性(栄養葉は胞子葉に比べて葉柄が短い)、胞子嚢群:円形、苞膜は円腎形。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「移植」記載。 
ヒメシダ】 撮影地: 目黒自然教育園で 2018/08/30

1)種名板

2)群落: 湿地で撮影。
 
3)葉身: 細身。
胞子嚢群  

 4)

5) 
 
6)
ヒメシダ】 撮影地: 東京都で 撮影:2018/09/09  

7)葉身
 8)羽片と胞子嚢群  
9)胞子嚢群

25-9 【ミゾシダ:溝羊歯】*1:P79/*2:P235・437・447/*4P208
ヒメシダ科、ヒメシダ属 (Thelypteris) ギリシャ語の「女の」と「シダ」の合成語
学名:広義【ミゾシダ:溝羊歯】Thelypteris pozoi (Lag.) C.V.Morton subsp. mollissima (Fisch. ex Kunze) 種形容語は「ポゾ氏の」。
和名姫蕨*2「溝のようなところに生えるシダ」
基準産地 *2【インド(南部)】
生育環境*2 【地上生】
倍数性・生殖様式*2 【2倍体有性生殖】

要点: ①分布:北・本・四・九・琉。②夏緑性だが暖地では冬越する。③*1高さ:中(70cm)、④葉身:三角形~広長楕円状披針形、2回羽状中~深裂、全体に毛があるが、特に葉(中)軸に毛が蜜。⑤胞子嚢群:線形、苞膜はない。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」記載。保留。
ミゾシダ】 撮影地: 目黒自然教育園で 2018/08/30

1)群落
2)側羽片
3)胞子嚢群:脈に沿ってつく。
【ミゾシダ】 撮影: 筑波実験植物園で2018/06/24  

1) 種名板 : 旧オシダ科改め、、新しい科、ヒメシダ科

2)葉 身:長楕円形。
 
3)羽片
  【ミゾシダ】 撮影地: 森林総合研究所多摩森林科学園で 2018/05/22

1)葉身

2)) 葉表
 
3)胞子嚢群: 黒い線形
【ミゾシダ】 撮影地: 神奈川県で 2018/01/13  

1)葉身:三角形.

2)葉(中)軸に毛が蜜
 
3)胞子嚢群:胞子嚢は線形、これは胞子が飛んだ痕でしょうか?


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.